地獄の100キロ野辺山ウルトラマラソン参戦記(その8)

懸賞 2009年 06月 16日 懸賞

【87キロ~ゴール】
87キロの着替えポイントでは、用意していたプロティンを飲み、給食をとり、お師匠と川柳を応募しました。本当は川柳を書くような元気も余裕もなかったのですが、せっかく考えてきたので、応募することにしました。
お師匠は去年の富士五湖で私の川柳が入選したのが悔しくて、富士五湖直後から、1年間頭を捻り、このウルトラ川柳を考えてきたそうです。その間に20以上の句を考えたそうですが、野辺山に来る時に、川柳を書いたメモを全部忘れてきてしまったとか・・・
思い出しながら、お師匠は3つ、私は2つの句を書いて出しました。

残すところあと13キロ。制限時間内には完走できそうだと予想はできても、なにが起こるか判らないのがウルトラマラソンの怖いところです。気を引き締め、休憩もそこそこにすぐに走りだしました。見るとお師匠は手打ち蕎麦をお変わりして、どんぶりとお箸を持ったままです。
麓に下りてからは、しばらくは街中や民家の間を走ります。
水溜りに注意を払いながら走っていると、244君が後からやってきました。71キロのエイドで、腹痛を起こし苦しみながら走っていると聞いて、薬を渡しましたが、あまり効果がなかったようです。ここにきてやっと落ち着いてきたようで、スピードをあげて元気に走っていきました。
走ったり、歩いたりしながら90キロ過ぎ・・・広い田畑が広がる地点に差し掛かったとき、急に風雨が激しさを増してきました。
横殴りの雨と強風に、前に進むことができません。油断すると体ごと飛ばされてしまいそうです。日本一過酷なコースだと言われる野辺山ウルトラ。それに加えてこの激しい風雨・・・
冗談のような、あまりの激しい雨と風に「神様は我々に、まだこれ以上の試練をおあたえになるのですか!!」と大声で叫びだしそうになりました。
あと8キロ!駒沢公園4周~!
あと5キロ!皇居1周~!
と気合を入れ直し、走りだしても体はもう、クタクタで気がつくと直ぐに歩いてしまいます。1キロ1キロがこんなに長く感じるとは・・・・。
動かない足がもどかしく、情けなさで涙が出てきます。
97キロ。残すところあと3キロ。とうとうここまで来ました。
泣いても笑っても、この過酷な野辺山100キロの走り納め。
最後だけは、苦しくても辛くても、走ってゴールをしよう!
そう思った瞬間、どこにそんな力が残されていたのか、それまで鉛のように重かった足がリズムを刻んで快調に動き出しました。
ゴール前の緩やかな坂道が見えてきました。
苦しかった13時間近くの道のりが走馬灯のように一気に蘇ってきます。
13時間近く苦しさに耐えた感情とこれで全てが終るのだという喜びの感情とがごちゃ混ぜになった、なんともいえないモコモコした気持がおなかの中から、突如湧き上がってきて、最後の坂はもう意味もなく叫び声をあげていました。
「どぅりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~っ!!!!!!」という周囲もどん引きするような雄たけびとともにゴール。
結果は12時間58分20秒。
過酷なコースと過酷なコンディションの中、地獄絵図のようなウルトラマラソンが終りました。
お師匠とは、今回一発即発の微妙な空気が漂う場面も多々ありましたが、なんとか仲良くお互い励ましあいゴールすることができました。
もうウルトラは当分走りたくない!と思いつつ、帰りのバスの中、あの馬越峠攻略法など考えたりしているもう一人の自分がいました。
野辺山は過酷なコースで有名ですが、次から次へと立ちはだかるアップダウンに翻弄されつつ気がついたら70、80キロはあっという間で、ぼんやりするような暇が全くなく、とにかく飽きないコースでした。
膝に爆弾を抱えている方は、命取りになるので、あまりお勧めすることはできませんが、山と、がっぷり四つに組み合い、坂と壮絶な死闘を繰り広げる、男性的なこのコース、三度の飯よりバトル好きを自負する人にはたまらない100キロだと思います。

10k-1:07 20k-2:29 30k-3:40 40k-4:44 50k-5:47 60k-7:05 70k-8:22 80k-10:05 90k-11:22 100k-12:58 【女子141人中17位】

ちなみに川柳は、お師匠も私も、それぞれ特賞!賞品に、ランナーズウェルネス代表の坂本さんが書いて下さった川柳の色紙と、野辺山産の乳製品の詰め合わせを頂きました。お師匠は自分の川柳が一番だと言い張り、私の川柳も特賞だと判ると面白くなさそうでした。お師匠と私の間で、新たなる川柳戦争が勃発しました。二年連続入賞の意地、お師匠だけには負けたくありません。来年のウルトラ目指して川柳トレを開始します。

by Ricophoo | 2009-06-16 23:39 | スポーツ | Comments(2)

Commented by かおちゃん at 2009-06-17 06:38 x
初めまして・・・。
先日の夢の島でまっしゅさんとゲルさんと同じチームメイトだったペコです。
沢山の差し入れを頂きまして本当に有難うございます。
あの後、楽しませて頂き楽しい夜を過ごす事が出来ました。
お陰で無事に24時間を終える事が出来ました。
また、何処かでお逢いするかと思いますが宜しくお願いします。
Commented by Ricophoo at 2009-06-18 00:42
かおちゃん:コメントありがとうございます!ゆめのしまお疲れさまでした!ぺこちゃんの被り物がとっても可愛く似合っていましたね♪強豪揃いのゆめのしまで20位だったんですね!皆さんの頑張りが目に浮かぶようです!またどこかでご一緒できたら嬉しいです!

<< レスラー   地獄の100キロ野辺山ウルトラ... >>