花の名

懸賞 2010年 03月 14日 懸賞

3月に入り、霙が交じる寒い雨の降る日もあったりしたが、
少しずつではあるが、春の気配が確実に近づいてきている今日この頃。

桜にはまだ早いこの時期、梅の花もいいが、辛夷の花もまたいい。
白い大きな花びらが風に揺れる様は、行きつ戻りつしている臆病な春を手招いているように見える。

辛夷の花というと、私の中で一番に思い出されるのが
大好きな詩人、茨木のり子さんの詩集「鎮魂歌」のなかの「花の名」という詩である。

父親を野辺に送った帰りの列車で、たまたま、向かいに乗り合わせた男性との
他愛の無い会話―。
会話はどこかふわふわと二人の間を漂う。シンクロしながら浮かんでくるのは
亡き父との思い出や、父と交わした懐かしい言葉のやりとり。

花の名前を覚えたいという男性に、今頃の季節に白い大きな花が咲くのは「泰山木」と教えてしまい
東京駅に着いて別れたあとに「辛夷の花」だと気づくシーンは何度読み返しても
私の中で印象的な映画の一こまのように映像で蘇ってくる。

私が初めて、茨木のり子さんを知り、この詩集と出会ったのが高校2年生の時。
「汲む」という詩が好きで、学校の図書館で詩集を借りて読んだ。
そしてこの「花の名」に出会った。

女のひとが花の名前を沢山知っているのなんかとてもいいものだよ
父の古い言葉がゆっくりよぎる
物心ついてからどれほど怖れてきただろう
死別の日を
歳月はあなたとの別れの準備のためにおおかた費やされてきたように思われる
いい男だったわ お父さん
娘が捧げる一輪の花
生きている時言いたくて言えなかった言葉です
棺のまわりに誰もいなくなったとき
私はそっと近づいて父の顔に頬をよせた
氷ともちがう陶器ともちがうふしぎなつめたさ
菜の花畑のまんなかの火葬場から ビスケットを焼くような黒い煙がひとすじ昇る
ふるさとの海辺の町はへんに明るく
すべてを童話に見せてしまう



なんど読んでも涙が出て止まらないのは
11の時に死んだ父のことを思い出すから。
花の名前をたくさん知っているような、そんな女の子になって欲しいと言っていた。
父の体から体温がどんどんなくなって陶器より冷たくなっていくのを
ただ震えて見つめていた、無力な11の私を思い出すから。
弥生三月。
これからも辛夷の花が咲く頃、私は「花の名」を思い出すのだろう。
そしてそのたび父の事を思い出し涙を流すのだろう。
気がつけば父の歳をいつのまにかとうに過ぎてしまっているというのに。
私はこの季節になると、いつも11の小さくて無力な自分に戻ってしまう。


あの人が指したのは辛夷の花ではなかったかしら
そうだ泰山木は6月の花
もう咲いていたというのなら辛夷の花
ああ なんといううわのそら
娘の頃に父はしきりに言ったものだ
「お前は馬鹿だ」「お前は抜けている」・・・・

世の中に出てみたらさほどの馬鹿でもないことがはっきりしたけど
あれはなにを怖れていたのですか父上よ
それにしても今日はほんとに一寸馬鹿
かの登山帽の戦中派 花の名前の誤りを
何時 何処で どんな顔して 気付いてくれることだろう

by Ricophoo | 2010-03-14 01:05 | | Comments(6)

Commented by さまりす at 2010-03-19 06:48 x
りこさんは文学少女だったんですね。楽しいこと、かわいいこと、おいしいこと、素敵なことが的確に伝わる表現の素はそこにあったんだな、と今さらながら思いました。いつも、豊かな人生を送ってらっしゃるなぁ、と羨ましく思います。
Commented by sweets_love2 at 2010-03-22 14:06
イノです。お久しぶりです。

実はランネタと別にしたくてもうひとつブログをやっていました。

とはいえ、今はランネタもないので別にする意味もなかったような気もしますが(笑)

普段のりこさんのお話も面白くて大好きなんですが、こんないいお話にもじ~んとしてしまった。

1週間後の29日は両親の金婚式。

母が生きていたら私と両親で台湾食べ歩きツアーをしようと考えていたのに・・・

親孝行したい時に親はなし・・・

母が亡くなってまだ1年半。

私も折にふれ、りこさんのように亡くなった母とのいろんなことを思い出すんだろうな。

こんないい年になっても母には戻ってきてほしいと思うくらいだから、早くにお父様を亡くされたりこさんは、どんなにお父様を欲していたんだろう・・・

子供たちのために、私たちもいつまでも元気でいないといけないね。

まだ元気なんだよね・・・なんて90歳過ぎても言われそうなイノですが(笑)

Commented by Ricophoo at 2010-03-25 23:24
さまりすさん:文学少女っていう言葉って、もう死語でしょうかね~!
高校2年の頃の図書カード(手書き)が、当時読んでいた本に挟まってあったんですが、そのころの私のブームは「万葉集」だったらしいです。
どういうわけか、やたらに万葉集を借りているのですが、何が書いてあったのか、何にも覚えていません。
Commented by Ricophoo at 2010-03-25 23:43
イノさん:ブログ新しく衣替えですね!イノさんのブログはお料理やお菓子の記事が興味深い上に文章が面白く、その上写真がプロ並ですから、いつも本当に楽しく拝見させていただいています。これからも美味しいものや美味しいお店の情報期待しています!
イノさんのお母様が亡くなって1年半が経つのですね。
大人になって親に逝かれてしまうと、思い出が沢山あるだけに別れの悲しみは計り知れないものがあると思います。
思い出すことが故人への供養になると、何かで聞いたことがあります。
お母様とのことを思い出すのは、悲しい別れを思い出し、辛いことも時にはあるかもしれませんが、折に触れ、お母様を思い出し、心の中で話しかけてみてください。お母様はイノさんのこと優しく見守ってくださっているはずですよ。
Commented by Sottothipse at 2012-11-24 23:40 x
<a href=http://www.drugs-market.net><img>http://i50.tinypic.com/suzubt.png </img></a>
So, we’ve already established that Searle’s clinical trials and the FDA’s approval of Oxandrolone established it as a mild anabolic, designed to maintain and promote lean tissue growth or maintenance.
<a href=http://www.menmeds.net>building lean muscle </a>
We’ve also established that Oxandrolone is so mild in terms of its side effects that women and even children were included as subjects in the clinical trials, and that it was approved for their use as well.
Commented by kannochie at 2015-08-20 23:42
何年も前の記事へのコメント、お許し下さいませ。
『花の名』を検索していまして、こちらに参りました。ありがとうございました。

<< 本格志向の森ガール   嗚呼!のど自慢 >>