市馬落語集

懸賞 2013年 01月 31日 懸賞

f0036354_23502559.jpg1月26日有楽町のよみうりホールで行われた「よってたかって新春らくご13 21世紀スペシャル寄席ONEDAY」を観にいきました。

演目は林家扇さん(前座)の「元犬」、春風亭一之輔さんの「黄金の大黒」、柳亭市馬さんの「味噌蔵」、三増紋之助さんの江戸曲独楽、桃月庵白酒さんの「抜け雀」でした。

前座を務めた林家扇さんは林家木久扇さんのお弟子さんです。女性の噺家さんは珍しいですが、明るく歯切れのいい口調でとても聞きやすく、演目は前座噺として有名な「元犬」でしたが基本がきっちりとできています。二つ目になるのも近そうです。

もちろん今回も、お目当ては市馬さんです。今回の演目は「味噌蔵」。
ドケチで有名な味噌屋の主人が出産の祝いのため女房の里へ出かけます。主人の居ぬ間に使用人たちは大宴会を始めます。ご馳走とお酒を用意しドンちゃん騒ぎを行っていると、そこへ一泊してくるはずのドケチの主人が帰ってきます・・・。
メリハリの利いた口調と演技で掴みはOK、爆笑の中どんどん話に引き込まれていきます。
さすが市馬さん。「間」がいいと言うのはこういうことかと得心しました。
今回市馬さんの次に聞きたかったのが、落語手帳で「古典落語のニューウェーブの旗手」。上手くて面白い「羊の皮を被った狼のような古典」と書かれていた桃月庵白酒さんです。演目は得意の「抜け雀」だけあって文句なく面白かったです。
「シレっとした顔で強烈な毒を吐くマクラ」も聞けて大満足の一日でした。

その興奮冷めやらぬ1月29日には、王子の北とぴあ つつじホールで行われた「初春 市馬落語集」を観に行きました。
「市馬落語集」ですから、もちろん市馬さんと、そのお弟子さんの落語だけで構成されています。
色物があったり、様々な流派の落語家が集う寄席とは違って、こうした落語集は独演会のような敷居の高い雰囲気が伺えます。
前座は市助さんの「子ほめ」。
とにかく大きい声を出すこと。はっきりした話し方をすること。前座のうちは笑いを取るというよりそういう基本が大切だという市馬さんの指導の賜物でしょうか?とても聞きやすくて面白い与太郎話でした。
市馬さんの「茶の湯」で市馬節を堪能。
中入のあとは二つ目の市楽さんです。「お菊の皿」は番町皿屋敷のお菊さんをコミカルに描いた新作と古典の中間のようなお話でした。師匠の演目の間に挟まれた緊張感の中で弾ける感じが良かったです。
とりは再び市馬さんの登場で「うどんや」でした。
うどん屋とうどん屋の主人にからむ酔っ払いとのやり取り、屋台を引くうどん屋の呼び込みの声や、客がうどんを食べる時のしぐさなど、市馬さんの所作の上手さに唸りました。市馬ワールド全開!
「うどんや」は、まさに市馬さんの魅力を余すところなく楽しめる演目でした。

ひとりひとりの落語家に得意の持ちネタといわれるものがあります。
立川談志の「芝浜」「鼠穴」「らくだ」「粗忽長屋」・・・・
古今亭志ん朝の「船徳」「愛宕山」・・・
市馬さんの師匠である柳家小さんも「猫久」「笠碁」「猫の災難」などの名人芸といわれる持ちネタがたくさんあります。市馬さんのやった「うどんや」もその一つです。

市馬さんもこれから10年、20年と年齢を重ね、更に芸を磨かれていかれることでしょう。
いつの日か小さん師匠の「うどんや」を越える日がくるかもしれません。
市馬さんの「うどんや」に大きな期待をよせる市馬ウォッチャーのつぶやきです。

by Ricophoo | 2013-01-31 23:39 | 落語

<< 二郎は鮨の夢を見る   落語2013 >>