市馬さんに夢中(その6)~「年忘れ 市馬落語集」

懸賞 2013年 12月 30日 懸賞

f0036354_0331910.jpg今年1月初めて市馬さんの落語を聴いてからというもの落語の面白さに目覚めて、暇があると寄席通いの日々。
そしてとうとう挙句の果ては大阪まで上方落語を聴きに行く始末。
一年を通して文字通り落語三昧の日々を過ごしました。

そうなると2013年 今年の落語の締めくくりは、やはり市馬さんでしょう!

ということで、12月26日 新宿文化センター大ホールで行われた「年忘れ 市馬落語集」を堪能してきました。
今日のお供は一之輔さんファンの落友 ○木ちゃん。

毎年恒例となっているこの「年忘れ 市馬落語集」。これを聴かないと年を越せないという熱烈市馬さんファンもいるとかいないとか・・・。(私だけ?)
この「年忘れ 市馬落語集」お客さんはもちろん市馬さんの落語を聴きに来ているのですが、もうひとつのお目当ては後半の歌謡ショーです。

市馬さんを語る上でポイントとなるのが歌謡曲。
昭和歌謡をこよなく愛する市馬さんは、高座でも歌うことが多く、冬の噺「掛取り」を三橋美智也メドレーに乗せて披露する「掛取り美智也」はファンの間では有名な演目です。
その歌謡曲好きが高じて日本歌手協会の会員に選ばれたほどの腕前です。
CDも発売していて、落語家でありながらプロの歌手でもいらっしゃいます。

そんな市馬さんの「年忘れ 市馬落語集」は二部構成。
一部は落語、15分の中入りの後、二部の歌謡ショーです。

一部が始まり、前座さんかと思いきや、開口一番は、いきなり市馬さんの登場です。

●柳亭市馬「三十石夢の通い路」…船頭唄をたっぷり聞かせてくれる三十石。伸びやかな唄声は市馬さんの魅力全開の演目です。つまりは歌謡ショーの為の「喉慣らし」とお見受けしました。

●春風亭一之輔「浮世床」…市馬さんの後で演りにくいとか愚痴を言いながら、実は三年連続で「年忘れ 市馬落語集」に出演されている一之輔さん。次代の落語界を背負うべく落語協会副会長市馬さん期待の大きさが伺い知れます。

●三遊亭兼好「宗論」…今月初め大阪で桂歌之助さんの「宗論」を聴きましたが、兼好さんと歌之助さん、上方と江戸落語の違いでしょうか?否 同じ噺でも演者が違うと全く違った面白さが滲み出てくるものですね。落語の奥深さを感じる一席でした。

●柳家三三「粗忽の釘」…誰もが認める「若手本格派の大器」と言われている三三さん。聴き心地が良くて切れがある、人情噺や高度な話芸で本領発揮することで有名な三三さん、滑稽話も文句なく面白い。端正な語り口は一之輔さん同様 間違いなく、市馬さんを始め落語協会の期待がかかるホープの一人です。

二部は、フルバンドを従え市馬さんが歌いまくる「昭和歌謡大全集」
司会を務めるのは林家たけ平さんと、オフィスエムズ(主催者)の代表加藤さん。
フルバンドのメンバーには林家正蔵さんや漫才師のおぼんさんがいらっしゃいました。

第一景は東海林太郎の世界。
丸メガネに燕尾服、ボサボサ髪のカツラを被り直立不動の姿勢で市馬さんが登場。
「国境の町」「旅笠道中」「上海の街角で」「赤城の子守唄」を熱唱。
赤城の子守唄以外は知らない歌ばかり。それもそのはず、今回は昭和10年代をテーマにしてるのだとか。
(付いていけそうもない!○木ちゃんなぜか大爆笑。)

市馬さんの着替えの間に立川志らくさんが普段着で登場、「東京の空、青い空」を歌ってすぐに帰っていかれました。

第二景はデュエットソング。
いつもは舞台袖でお囃子を担当していて決して姿を見せることはない恩田えりさんを相手に 「うちの女房にゃ髭がある」「もしも月給が上がったら」「二人は若い」など3曲。
会場内はペンライトを振るファンの方々がちらほら。市馬さんノリノリです。
一部の落語よりも完全に歌謡ショーの方にエネルギー入ってます。

第三景は なつかしの歌声。
なつかしのって書いてはありますが古いっ!古すぎでしょ?
昭和10年代。しかも戦前の曲!川柳師匠じゃないんだから軍歌だけは勘弁して!
○木ちゃんも「この曲なにっ?知らねーし!」を連発。
「暁に祈る」「女の階級」「愛の小窓」を本当に気持ちよさそうに歌う市馬さんに見ているこちらもついつい手拍子が…。
「誰が故郷を想わざる」では曲に合わせて、なんと○木ちゃん、思わず口ずさんでました!(アンタいくつだ?)

第四景は バタヤンを偲んで。
今年亡くなった田端義夫さんのヒットパレード。
毎回「年忘れ 市馬落語集」を楽しみにしていた立川談志師匠の選曲とのこと。
「海のジプシー」「梅と兵隊」「玄海ブルース」
ギターを胸の上の方に構える、バタヤン独特のポーズを真似して歌う市馬さんのエアギターが笑わせます。

確かに会場は高齢者が多かったけど、この歌謡ショーの全曲を全て知っているのはたぶん一握りのお客さんだけだと思います。

市馬さんは1961年生まれ。郷ひろみさんや西城秀樹さん、山口百恵さん達が活躍していた時代です。
仮に幼い頃から演歌が好きだったとしても、バタヤンや昭和10年代の軍歌を果たして口ずさむでしょうか?
やばいです。市馬さん。
いったい市馬さんは何者なのでしょう?
好きこそものの上手なれとは言いますが、道を究めるためには古きを訊ね新しきを知るということでしょうか?

あまりにも歌謡曲が好きすぎて、「協会からの呼び出し」と言われて、落語協会に行かずに、歌手協会へ出かけてしまったというエピソードが披露された時には会場内思わず苦笑いでした。

そうこうしているうちにあっという間にフィナーレとなり、「東京ラプソディ」「東京五輪音頭」を出演者、会場で大合唱。なんだか紅白歌合戦のラストみたいでした。

新宿文化センター大ホール、初めて訪れましたがデカイ!収容人数1800人だとか。
もはや落語の入れ物じゃないし。

市馬さんが一年に一度だけ爆発する日。
市馬さんによる市馬さんのためのオンステージ!
これが噂に聞いていた夢にまで見た「年忘れ 市馬落語集」の全貌でした。

市馬さんの全てを堪能した市馬づくしの、私にとって今年一年を凝縮した一日となりました。

by Ricophoo | 2013-12-30 00:16 | 落語 | Comments(0)

<< 一刀斎夢録   コモラーの掟 >>