柳亭市馬の演芸図鑑

懸賞 2014年 04月 30日 懸賞

f0036354_23492816.jpgNHK総合テレビで4月から装いも新たに「柳亭市馬の演芸図鑑」が始まりました。

毎週日曜日の午前5時15分からのオンエア。
日曜日の早朝 誰も起きとらんだろう!とツッコミを入れたくなるようなシルバータイムですが、これは私のために国営放送が用意してくれた夢のプレゼント!(長年受信料を払い続けてきた甲斐がありました!)
眠い目をこすりながらの早起きも何のその!5分前にはテレビの前で待機し、番組放送中は正座で視聴いたしております。




「柳亭市馬の演芸図鑑」は落語を始めとして漫才に漫談、コント、果ては浪曲や講談、マジックまで演芸界の選りすぐりの至芸を市馬さんのナビゲートでしっかり堪能させてくれる演芸ファンには堪らないプログラムになっています。

オープニングには落語に関するちょっとした豆知識などを前座の頃の経験などを交えながら市馬さんが披露して下さるのでファンにはうれしいところです。

前半は漫才や漫談、コントなどの演芸のコーナー。(4/27は「めおと楽団ジキジキ」さんでした)

その後 落語が一席。 (この日は柳家喜多八さんの「替り目」)

後半はゲストを迎えての対談コーナーです。(この日は吉川潮さん)

毎回ゲストの方と市馬さんの味わい深いトークには思わず引き込まれてしまいます。
(この日は二代目廣澤虎造や柳家三亀松などのような今の社会では許されない破天荒な芸人についてのお話等)演芸や落語についての造詣が深まります。
トークの中では普段の高座では見られない市馬さんの表情やしぐさも見ることができ、市馬さんファンにとってはスペシャルな至福の30分間です。

テレビではじっくりと落語を聞かせてくれる番組がないので、こういう番組は希少です。
落語をあまり聞いたことがないという人にも是非見ていただいて
次につながるきっかけになればいいなあと思います。
その前に放送時間帯をなんとかしてもらわなければ。

by Ricophoo | 2014-04-30 23:15 | 落語 | Comments(0)

<< 春のスペシャルロングバージョン...   落語協会[真打襲名披露興行] >>