よってたかってもりもり有楽町スペシャル15’春

懸賞 2015年 04月 20日 懸賞

f0036354_23224995.jpg4月12日有楽町よみうりホールで行われた「よってたかってもりもり有楽町スペシャル15’春」の夜の部を観てきました。メガネを忘れて急きょビックカメラで双眼鏡を購入。

●林家なな子さん【転失気】開口一番は来月二つ目に昇進するという林家なな子さん。伸びのある声でいたずら好きの小僧を茶目っ気たっぷりに演じていて素直な笑いで会場を沸かせてくれました。

●柳亭市馬さん…【雑俳】この日のメンツからいくとトリを務めるのは当然市馬さんだろうと思っていたら、なんと一番手!(そんなことがあるのは歌謡ショーの時くらい)
兼好さんの話だとこの日の市馬さんは「今日の出番は早いから短めの噺をやろう」と浮かれ気分だったとか。それが原因だったのか市馬さんまさかの大チョンボ!ご隠居と八五郎の掛け合いで行く流れの途中、ご隠居の台詞を一気に飛ばして会場は一瞬「????」固まりました。市馬さんも間違えるんだ!ちょっとホッとしたような。普段は絶対に見られないレアな一瞬に立ち会えたような。なんだかとっても得した気分です。
その後の市馬さん、楽屋でうなだれていたという説、悪びれず嬉しそうに弁当をほおばっていたという説。どっちもありそうでなさそうでそっちのほうが笑えました。

●三遊亭兼好さん…【お見立て】今、社会問題にもなっている「マタハラ」「パワハラ」「モラハラ」「セクハラ」をマクラで取り上げつつ、吉原を舞台にした「お見立て」でくるとは!兼好さんのブラックなセンスが光ります。リズムがあってテンポのいい兼好カラー炸裂でした。

仲入り

●春風亭一之輔さん…【茶の湯】市馬さんが確かに一之輔さんに教えた「茶の湯」。既に跡形も残っていないのだとか。プラス思考で考えるとそのくらい自分の噺にしてしまっているということでしょうか?まずいお茶とお菓子に悶絶するご隠居と定吉の表情がなんとも言えません。双眼鏡を購入して良かったと心から思った一之輔流「茶の湯」でした。

●柳家三三さん…【宿屋の仇討】源兵衛、清八、喜六は酒を飲むのも食うのも遊びに行くのもすべて一緒という悪友 自称「始終三人」。宿屋に泊って飲めや歌えのどんちゃん騒ぎが始まります。たまったものではないのが隣の部屋に泊っている萬事世話九朗という侍。この三馬鹿トリオのはっちゃけぶりと静かな部屋で眠りたい神経質な侍の対比がお見事!
キレの良さと聞き心地の良さはさすが三三さん。

by Ricophoo | 2015-04-20 23:15 | 落語

<< 柳の家の三人会   剣客商売 >>