みんなのビックショー

懸賞 2015年 08月 29日 懸賞

f0036354_2362179.jpg8月26日なかのZERO小ホールで、今年も行われた「みんなのビックショー」を観てきました。「~市馬・喬太郎 ふたりのビックショー改め~」という副題のとおり市馬さん、喬太郎さんの競演というだけでも凄いことなのに、脇を固めるのが、去年も緩すぎる笑いで会場を沸かせてくれた寒空はだかさんと三遊亭天どんさん、イロモノにはボンボンブラザーズさんというだけあって、どの方もハズレなし!今年も会場中が大爆笑の渦に巻き込まれていました。

開口一番は、柳家つる子さん〈前座〉「金明竹」



●三遊亭天どんさん「ひと夏の経験」…その緩さが心地いい天どんさんの落語は夏の疲れを癒してくれます。一年ぶりに聴く「大きなお兄さん」の歌。今年は4番から6番を歌ってくれました。新作のキレもさすがです。9月上野鈴本中席でトリを務められるとのこと。伸び盛り!友人と天どんさん押しを誓いました。

●寒空はだかさん(真空ギター漫談)…天どんさんと緩さを競わせたら甲乙つけがたしといったところでしょうか?埼玉ネタで得意の真空ギターを駆使してご当地ソングをたっぷり聞かせてくれました。そしてご存じ「東京タワーの唄」。一度聴いたら3か月は頭の中に鳴り響くという幻聴のような歌です。
その外見からは想像つきませんが1964年生まれとか!(意外と年取ってる)東京タワーの唄も誕生から20年を超えるらしいです。私たちは、はだかさんの来るべきブレイクを信じて疑いません。

●柳亭市馬さん「蒟蒻問答」…はだかさんのご当地ソングネタをまくらに、さりげなくというか強引にというか「蒟蒻問答」。噺にメリハリが利いていて切れ味鋭く、文句なしのこれぞ古典の王道!さすが市馬さんです。

仲入り

●ボンボンブラザース(モダン曲芸)…高齢ともいえるようなお二人の息を飲むような曲芸の数々。高齢というところからくる別の意味での緊張感がたまりません。しかしそこはベテラン、一言も発せず客席の方を巻き込んで笑いを取るところは長年寄席で培ってきた一流の証。

●柳家喬太郎さん「宴会屋以前」…往年の芸人やテレビ番組の話題を軸にしたちょっとノスタルジックな人情話。7月の落語会で聴いた喬太郎さんの古典「本郷刀屋」の迫力ある落語も素晴らしかったですが、やっぱり喬太郎さんの新作は味があります。市馬さんと同様に喬太郎さんには外れがありません。

f0036354_2364722.jpg落語が終わりロビーに出ると天どんさんが手売りで9月に行われれる上野鈴本演芸場のチケットを販売していました。
天どんさんはとても優しく気さくな方で、高座を降りて着物を脱いでもあの緩さに変化なし。
まるで10年来の友人のように話せてしまう雰囲気についついチケット購入。
天どんさん頑張れ!

by Ricophoo | 2015-08-29 22:54 | 落語 | Comments(0)

<< 謝楽祭(しゃらくさい)へ行って...   北アルプス 鹿島槍ヶ岳登山 ~その3 >>