A太郎マニアINお江戸日本橋亭

懸賞 2015年 11月 28日 懸賞

f0036354_1322423.jpg11月26日お江戸日本橋亭で行われた「日本橋成金」を観てきました。
17:30開演と言うことで終業後会社を飛び出して全力疾走。前座の方が終わってからの入場でなんとか間に合いました。(17:30開演は勘弁してよ~)

●春風亭柳若さん…【粗忽の釘】この噺は1807年に記録が残っているほど江戸時代から口演されてきた古い噺ですが、若手からベテランまでよく演じられていますね。
柳若さんの演じる主人公の粗忽ぶりというか慌てぶりが笑いを誘います。

●神田松之丞さん(講談)…【播随長兵衛】熱演というのはこの方のためにある言葉ではな
いかと思うほどの迫力の舞台でした。松之丞さんの講談は2度目でしたが、この日もぐいぐいと話に引き込まれていく感じがたまりませんでした。講談というと難しいイメージがありこれまであまり聴く機会がありませんでしたが、松之丞さんの講談のおかげで世界が広がったように感じます。

●立川談幸師匠…【紺屋高尾】立川談志師匠の唯一の内弟子として有名な談幸師匠、今年落語芸術協会へ移籍され、稽古をつけてもらいたい落語芸術協会の若手が目白押しで列をなしているとか。今回若手の会のゲストとしての登場なので、出てこられた瞬間から、やはりその芸とか間とか巧さとか、貫禄が全然違いますね。談幸師匠の移籍ということで新しい風が落語芸術協会にとって更に活性化し盛り上がっていく起爆剤になっていくのではないかと思います。

仲入り

●出演者対談トークショー 談幸師匠を囲んでの出演者によるトークショー。客席、出演者共に聞きたいことが盛り沢山。しかし本音をなかなか聞き出せず…。師匠の優しく穏やかなお人柄がにじみ出る40分間でした。

●瀧川鯉八さん…【春眠】初めて鯉八さんの落語を聴いたのがテレビでやっていたNHK新人落語大賞の舞台でした。「絶対この人が大賞を獲る!」と確信した鯉八さんの「俺ほめ」が忘れられず、いつか、生で聴いてみたいと思っていた夢が叶いました。鯉八さんは一度聴いたら絶対に忘れられなくなるほどの強烈な世界を持っています。誰のマネでもない独特なもの。これは芸能の世界において生きていくには最強の武器となります。聞けば鯉八さんは鯉昇師匠のお弟子さんだとか!納得です。

●昔昔亭A太郎さん…【芝浜】本当は「紺屋高尾」をやるつもりだったけれど談幸師匠がやってしまったのでどうしようか悩んでいたところ他の出演者や客席からの煽りに負けて。談幸師匠に稽古をつけてもらったというA太郎さんの「芝浜」初お披露目でした。
もしかしたら、後々「あのA太郎の「芝浜」を最初に聴いた」ということで人に自慢できるかも知れません。巧かったです。後半ぐっと来ました。
談志師匠のDNAが談幸師匠を経由してA太郎さんに宿ってしまったのかと思うほどでした。

by Ricophoo | 2015-11-28 13:18 | 落語 | Comments(0)

<< 一之輔勉強会 真一文字の会   「渋谷らくご」一周年おめでとう >>