よってたかって春らくご‘16 21世紀スペシャル寄席ONE DAY

懸賞 2016年 04月 24日 懸賞

f0036354_0482764.jpg4月16日有楽町のよみうりホールで行われた「よってたかって春らくご‘16 21世紀スペシャル寄席ONE DAY」夜の部を観に行きました。
本日の出演は
前座 柳亭市丸さん【金明竹】


●柳家三三さん【元犬】元犬は前座の方から大御所の方々まで演じられるあまりにも有名な噺ですが、この王道過ぎるお噺を慣れ合うことなく丁寧に小気味よく演じられるのはさすが三三さんだと唸りました。今日の三三さんのサゲは、シロのお母さんが実はお元さんだったという、初めて聴く予想外バージョンで新鮮でした。

●三遊亭兼好さん【締め込み】存在そのものが個性となっている落語家さんも多くいる中で、兼好さんは観客の気持ちに寄り添って一緒になって噺の中の登場人物の個性を輝かせてくれる稀代のストーリーテラーだと思います。この「締め込み」という演目は初めて聴く噺でしたが、面白くておかしくて本当にお腹を抱えて笑ってしまいました。泥棒が遠慮がちに勧められたお酒を飲み、酔っていく様は、もう抱腹絶倒!本日、横綱級の人気落語家競演の中、この日の兼好さんは頭一つリード!観客を噺の中にぐいぐいと引き込む兼好マジックに感動です。次は独演会観に行きたいです。

仲入り

●柳亭市馬さん【粗忽の使者】落語ブーム再燃で会長は東奔西走、忙しいのでしょうね。まくらもそこそこで粗忽の使者。平成25年5月に上野鈴本で死ぬほど笑わせてもらった噺です。市馬さんの噺を存分に聴きたかったので、このコンパクトで短めな流れが非常に残念です。しかし、そこはやっぱり市馬さん!噺は短めでも存分に笑わせてもらいました。

●柳家喬太郎さん【へっつい幽霊】最近喬太郎さんの新作を聴く機会がありません。ひたすらバカバカしくナンセンスな喬太郎さんの新作は大好きです。でも喬太郎さんの古典は新作の時の表情とはまた違った魅力で溢れています。「へっつい幽霊」は1773年からある古い噺。文字通り喬太郎さんの古典落語です。小細工なしのストロングスタイルの落語で笑わせてくれました。

終演後よみうりホールの外に出たら、和服姿の兼好さんがマスクをして歩いていました。
「とても面白かったです!」とお声をかけたら、わざわざマスクを外して「ありがとうございます」と笑顔の神対応。とてもジェントルな方でした。お人柄が落語にも滲み出ています。
もう今年は兼好さん押しで決まりです。

by Ricophoo | 2016-04-24 00:20 | 落語

<< お父さんと伊藤さん   半蔵門の三青年と麹町の釣り小僧 >>