「一之輔のすすめ、レレレ~vol.13」

懸賞 2017年 03月 12日 懸賞

f0036354_227867.jpg練馬文化センター小ホールで行われた「一之輔のすすめ、レレレ~vol.13」へ行ってきました。

開口一番は
●柳家小んぶ【たいこ腹】身長187㎝もある立派な体躯と落ち着いた話しぶり、ふたつ目と聴いてびっくりしました。相撲取りに間違えられ赤ん坊を抱いたというマクラの所作、独身なので赤んぼの抱き方がおかしいと一之輔さんの高座でさりげなくチクリ。確かに。日々勉強ですな。

●春風亭一之輔【不動坊】講釈師の未亡人との縁談に浮かれる吉兵衛とその吉兵衛に嫉妬する長屋の独身3人組と近所の落語家が巻き起こすドタバタ滑稽話。吉兵衛の浮かれっぷりがたまらなくおかしかった。浮かれすぎて落ち着かない男が一之輔さんの体にとりついたかのよう。こちらまでへとへとに疲れるほどの熱演、落語を聴くのに体力も必要だと思った瞬間。

仲入り

●ヘルシー松田 【コミックマイム】今まで見たことのない系ジャンルの人。いったいどこで見つけてくるんだろう?寄席でしかみられない芸人さんっていう人も結構いるけど、ヘルシー松田さんはきっと道端で捕まえてきたという感じ。
海のいきものたちという演目で演じた「わかめ」「こんぶ」「子持ちこんぶ」
「鳥のようにあるくおばさん」に大爆笑するも哀愁感半端ない。

●春風亭一之輔【団子屋政談】一之輔さんの落語の中で好きな演目の一つ「初天神」。
親子が初天神詣りに行き、「何もねだらない」と約束した金坊が飴や団子を買ってもらおうと手を変え品をかえて駄々と理屈を捏ねる小生意気な様と断固として応じるそぶりを見せない父親との攻防戦がとにかく可笑しい噺。
この序盤の「初天神」だけでも大満足なのに、なんだか噺が思いもよらぬ展開に…
なんと食べ掛けの団子を何度も蜜壺に入れられた団子屋が怒って大岡越前に訴え出てしまいます。遠島〈南の自然豊かな島への遠島希望〉を望む
金坊ですが、初めは呆れていた大岡越前が、どういうわけか金坊と一緒に天神詣りに行くことに…。
ハチャメチャな展開のなか見事な大岡裁きで親子喧嘩も一件落着!この「初天神」と「大岡政談」のまさかのコラボ(改作)作品には、とにかく笑わせてもらいました。
この「団子屋政談」新作落語かとおもいきや、実は2012年(今から5年も前)に、ある落語会の無茶ぶり企画で誕生した噺なのだそうです。
それにしても一之輔さん演じる金坊のキャラクターは他の追随を許さない唯一無二不動の鉄板キャラですね。
一之輔さん地元、練馬で大暴れの落語会でした。

by Ricophoo | 2017-03-12 22:07 | 落語 | Comments(0)

<< 落語協会新作台本まつり   赤猫異聞 >>