北京石景山游来園

懸賞 2007年 05月 13日 懸賞

かねてより私はディズニーランドというものに
一過言持っている人間だ。そりゃ行けばそれなりに楽しいところではある。
現に私も恥ずかしながら、パレードに歓喜し、ポップコーンをほおばり
ジャングルクルーズのお兄さんの当たり障りの無い
MCに大げさに驚いて見せたり、イッツアスモールワールドでは
世界の平和に祈りを捧げ
ラストの花火を見て感動し、そっと涙したりもする時代もあった。

ディズニーランド。そこは作られた王国。
多分ディズニーランドに集う人々は
騙されているのに気づかないフリをしているのだろう。
いくら服を着ておどけて見せたって
所詮ミッキーマウスは鼠だ。ネズ公なのだ。
新宿歌舞伎町に住むドブネズミかもしれない。
そんなこと、みんなわかってる。
みんなきっと騙されたいのだ。
世知辛い世の中みんな夢を見たいのだ。

f0036354_23375043.jpg
ああ、それなのに夢のかけらも見せてくれない
テーマパークが中国に出現したという。
その名も「北京石景山游来園」。
中国国営のアミューズメント・パークだという。

園内には「シンデレラ城」や「マジック・キングダム」にそっくり(?)な
建物を設置して、まるでディズニーランドそのもの。
スタッフがディズニーのキャラクターに扮し、
パレードやショーを行なっているという。
そこまでなら、夢も見られるというものだが
このキャラクターに扮したスタッフ、
夢の演出家という自覚がまるで無い。
平気で訪れた客の前で被り物を脱いでしまうという。
ウルトラマンの背中にジッパーを見つけてしまったという類以前の問題だ。
中国の子供たちは「中の人」とキャラクターとの間に
どう折り合いをつけていけばよいのやら・・・。
心中察するに余りある。

f0036354_23405768.jpgf0036354_23423686.jpgそれにもまして、ディズニーキャラたちのゆるさには
目も当てられない。




しかも、ディズニーランドを模しているにもかかわらず
「ドラえもん」あり、「バックスバニー」あり「キティちゃん」ありの節操の無さ。
それに上の赤いヤツは一体誰だ?ゆるさの極地だ。

この遊園地は何を考えているのやら。
知的所有権保護が声高に叫ばれている昨今
キャラクターの使用許可は一切、取っていないとのこと。
中国の著作権侵害を端的に表す例として、
米国政府は憤りをあらわにしているというが
「これはミッキーマウスじゃないのですか?」との記者のインタビューに対し
当の遊園地の支配人曰く「いえ、これは耳の大きな猫です」とのたまった。
猫かい?
f0036354_23315235.jpgそれにしても、このバックスバニーはまるでネズミ男のようだし。
プルートのカッと見開いた目とだらしなく伸びた舌が
盛りのついた野犬を思わせて非常に怖い。






f0036354_23475848.jpgこの中国の遊園地とは別に中東で発見された
ミッキーマウスを一枚。なんだこりゃ?
もう一体全体・・・やりたい放題だ。






 

by Ricophoo | 2007-05-13 23:57 | かわいい

<< 野辺山ハーフマラソン ずっこけ...   ネーミング考 >>