ウルトラマラソンへの道  その2 ~講習会でお勉強の巻~

懸賞 2008年 04月 14日 懸賞

f0036354_023783.jpg



渋谷のアートスポーツで行なわれた
「初挑戦ランナーにおくる特別企画
ウルトラマラソン完走攻略講習会」に参加してきました。
昨日、新しいcw-xを購入しに行った際に
店頭で、この企画のことを知り、すぐに受講の申し込みをしました。
チャレンジ富士五湖まであと2週間
私にとって、まさにジャストタイムリーな講習会です。

講習会の内容は、とても実りのあるものでした。

と言うのも、この講習会の講師は
有名なウルトラランナーでもなければ
実業団や大学の監督さんでもありません。
鈴木健司さんというアートスポーツのスタッフの方でした。

年齢は30前半とお若い方ですが、18歳の時に
ウルトラマラソンを始められ、05年には最年少サロマンブルーを
達成されたベテランウルトラランナーの方なのです。
プロフィールによると、ウルトラマラソンの経験は50レース以上もあり
07年には甲州夢街道215キロを35時間22分28秒で完走された
経験を持っていらっしゃるとのことです。

御自分のレースのタイムラップをコピーして配ってくださいましたが
観ると12時間50分、13時間27分、13時間47分・・・・と
鈴木さんは決してスピードランナーではないことが判ります。
ウルトラが好き、走ることが好き・・・そんな鈴木さんだからこそ
いかに100キロを苦しみながら、楽しみながら走るかという術
を熟知なさっているのでしょう。
色んな情報を交えて2時間たっぷりと実りのあるお話を
聞くことができ、初ウルトラに向けての
不安や疑問がことごとく解消されました。

★講習会で鈴木さんから教えてもらったこといろいろ★

【シューズに関すること】
「完走が目標です」と言ったような漠然とした目標ではなく
目標タイムを明確にすることでペースが決まってくる。
それにあったシューズ選びが大切になってくる。
サブ10を目指すランナーならフルマラソン使用のシューズより
ワンランク上のクッションモデル→ASゲルフェザー、DSトレーナー
NB RT902など。
12時間台を目指すランナー→ASサロマ9 NB M965など

途中で履き替える必要は、練習時不安があり1足に絞れなかった場合以外は
履き替える必要はあまり無いとのこと。 前半軽め、後半セイフティーという選択もあり。

【ソックスに関すること】
足のむくみなどから通気性を確保するには5本指がおススメ。
特にシルク入り5本指ソックスは水がかかってもサラサラでgood!

【ポーチに関すること】
エイドが充実していても低血糖を防ぐため、即効性のある
ジェル系の補給食、飴や小銭を入れておくと良い。
緊急事態にそなえ最低限の大きさのポーチは必携。
最初から何でもかんでも入れておく必要はなく
後半のエイドで補給したりすれば良い。
ポーチの位置はウエストの一番細い部分に装着
骨盤に乗せるようにするとジャンプしても揺れない。

【補給食に関すること】
レース2時間前に朝食をとること。
バナナなどの固形物はエイドで取り、ジェルタイプは携帯して対応すること。
スペシャルドリンクを置けたら置いておく。エイドステーションの荷物にいれて
預けておくのも良い。
固形物を受け付けられなくなった時のために
使い捨てのふたつきのシェイカーにプロティンとジェルの補給食を水で
溶かして飲むようにするとたんぱく質が取れて速攻でエネルギーに変化する。
ジェル系補給食は1時間に1本とるようにする。

エイドがあっても、水やスポーツドリンクなどを携帯して走りたい人は
最初から全部の量を持っていく必要はない。
ポーチが重いとストレスになるので少ない量を入れておくか
スタート時は空のボトルを持ち、エイドなどで少しずつ水を入れて
持ち歩くのがいい。

【着替えについて・着替えのポイントについて】
スタート時は早朝5時なので0~4℃くらいの気温
前半の寒さ対策でコンパクトなウィンドブレーカーは必携。

Tシャツより長袖を着用すると夕方の汗冷えにも良い。

cw-xは膝や股関節、ふくらはぎのテーピング効果もある、さらに筋肉の
ゆるみをなくし後半の脚力も維持しやすくなる。
暑いシーズンでもロングタイツが良い。水を掛けることで気化熱がでるので
涼しく使える。cw-xは絶対おススメ。

着替えにも必ず長袖をいれておくこと。

アームウォーマーもあると便利。

帽子や万能バンダナなどは必携。

SKINSは故障のないランナーにはよいが
どちらかというとレース後の就寝時や日常生活時に使用すると
レースの疲労感がまったく残らない。

休みすぎるとリズムを崩すので着替えはすばやく。
富士五湖は着替えのエイドが50キロと69キロにあるが
給食のエイドでは42キロでおにぎりが出て、57キロでうどんが出るので
できればロスを少なくするため69キロ地点での着替えが望ましい。

【その他便利アイテムについて】
高性能テーピング、レモシステムテープ
一枚で従来のテーピングと同等の効果がある
シールをはがして貼るだけなので限られた時間内ですばやく
簡単にテーピングが出来る。
太ももの裏、腰、股関節、膝、足の裏の土踏まずなどに貼ると良い。

クールインフィット→いわゆるクールダウンのための筋肉痛緩和剤
患部に直接吹き付けなくても、タイツの上やウェアの上からでも効果がある。
柑橘系の香りなので、癒しの効果もある。

【練習方法など】

距離より時間の練習。
長い時間身体を動かす練習をすることが大切。

自分のペースを身体に覚えさせること。
時計を見ないでそのペースで走れるようになること。
ペースの目安はおしゃべりしながら走れること。

あまり直前まで追い込まないこと。
体の奥底いたまった疲労が抜け切らないことも。

走りこみは1ヶ月前までなら効果あり。


鈴木さんはとても優しく穏かな表情をもった方でした
どんな質問に関しても丁寧に微笑を絶やさず答えてくださいました。
「100キロの一週間前にかすみでフルを走るのですが無謀ですか?」
との私の馬鹿な質問にも
男前の顔を少しだけ引きつらせながら
「6分半から7分のペースを身体に覚えさせながらとか
なにか食べ物を補給しながら走る練習にするとか
ゆっくり走られるのなら、う~ん、大丈夫でしょう。」と
言ってくださいましたが、
「どちらかというと走らないほうがいいのですね?」と聞くと
呆れた顔で「そうですね」といわれてしまいました。

鈴木さんも富士五湖を走られるとのこと。

きちんと完走して講習会のお礼が伝えられたら
いいなと思います。

講習会に参加してモチベーションも
どんどん上がってきました。
このまま元気にスタートラインに立てるようきちんと
調整していきたいと思っています。

by Ricophoo | 2008-04-14 00:03 | スポーツ | Comments(14)

Commented by 244 at 2008-04-14 08:28 x
先にウルトラに挑戦されるおじきへ

猪木さんの「道」、僕も大好きなんです。
とにかくやってみないと、分からないことって、
走ることと同じでいっぱいあるんですよね。
僕も、完走後(できたらだけど)何が見えるのか、
とっても楽しみにしています。
だから、おじきの完走後の感想は、聞かずに
僕が走り終わった後、一緒に語れたらなって思います。

とにかく、あきらめずに頑張ってくださいね。


Commented by Ricophoo at 2008-04-14 21:39
244君ありがとう。一足先に苦しんできます!244君の野辺山が終って酒でも飲みながら熱いウルトラ談義ができたらいいなと思っています。そのためには完走あるのみ!お互い迷わず行こう!!ゴール後きっと何かがつかめるはず!
丸子のおじきより。
Commented by 海実子(みみこ) at 2008-04-14 23:28 x
りこさんの本気モードが伝わってきます。
本当に、ウルトラやっちゃうんですね。
鈴木さんがウルトラを走る理由を聞かせてくれたことがあります。
「とにかく、長い距離を走るのがすきだから」と言ってました。
でも、長い距離って辛くないですか?という質問に、
「フルマラソンと違って、ゆっくり走れるので、それがいいんです。」と。
フルマラソンとは全く違ったものなんですよね、ウルトラ。

そんな、ウルトラ、さて、りこさんはどんな風に攻めてくるのでしょうか?
「一緒にウルトラ走ろうよ」と言ったまさんは、
しっかりりこさんと併走してくれるんでしょうね?
おしゃべりペースを維持するために。。。?
Commented by coconut at 2008-04-15 11:39 x
今までまったく興味のなかったウルトラの世界、ちょっと心魅かれます!完走したあとの、感想をぜひ聞きたい!です~♪
Commented by Ricophoo at 2008-04-16 08:31
海実子さん:鈴木さんは高校の陸上部時代にあまり速くなくて、たまたま走った50キロ走のトレーニングで、レギュラー選手達が次々にリタイアしていく中、見事に走りきったそうです。それから長い距離に目覚めたのだとおっしゃっていました。スピードを競うというより、どう100キロを自分なりに組み立てて走るか・・・という、同じマラソンでもまったく違う楽しみがあるんですね。お友だちのはるまさんも見事に走りきったウルトラ!海実子さんも、いつかチャレンジしてみてください!

Commented by Ricophoo at 2008-04-16 08:32
cocoさんも絶対ウルトラにはまりそうな予感がするのですが・・・!
どんな世界が待っているのか・・・一足先に覗いてきます!
Commented by はるま at 2008-04-16 09:02 x
今月末だったのですね、ウルトラ参戦。
私も、ウルトラの前に、鈴木さんのサイト、参考にさせていただきました。
参考…参考≠実践ですが。
りこさんが、「鈴木さんに教えてもらったこといろいろ」 として挙げてる項目、
どれも×。ことごとく反対のことやってました。
あ、「追い込まないこと」だけは、○でした。(笑)
怖いもの知らずってことですね。
別の年配のウルトラランナーの方のサイトで得た情報ですが、
前日夜と当日の朝に、ガスター10の服用で、胃液が抑えられ
内臓への負担が少なくなるようです。
ものが食べられなくなるというのは、完走に黄色信号が
点ることらしいので、薬への抵抗がなければお試しください。
(合わない薬で体調を崩すこともあるから、事前に試したほうがいいかも)

お師匠さまが一緒なので、心強いですね。
社会生活では、「ドロブネ」な感じでしょうが、走りに関しては、「オオブネ」
ですもんね。
体調を整え、楽しみつつ頑張ってください。
Commented by ロビン at 2008-04-16 12:25 x
ついに100キロへの挑戦まできましたね。
埼玉のハーフから,まさかこんな日がくるとは当時は考えも及びませんでした。私も今では,すっかりウルトラの魅力に取り憑かれウルトラだけを目標に走っている次第です。
ウルトラの魅力って,人それぞれでしょうが,ランナー同士の交流,励まし合い,助け合い,ボランティアへの感謝や暖かさ,痛みや辛さに耐える自分と向き合ったり,その土地の素晴らしい景色や風や臭いを感じたり,沿道の応援に元気や勇気を貰ったり,大きな達成感や成功感,充実感を得たり・・・,そういうを通じて素直になれる自分がいるということが好きなんです。こんな経験は,これまでトラックレース,駅伝からフルまで走ってきて,味わったことのないことでした。フルまでの距離は他人との競争という趣が強くて何かトンネルの中をひたすら息を上げて走ってきたように思います。それがウルトラは全く違ったマラソンでした。
りこさんには,どんなドラマが待っているのか楽しみです。
しかし,身体への負担はフルの何倍もあると思います。今後のことも考え,勇気あるリタイアも必要だということを心にとめておいて下さいね。健闘をお祈りしております。


Commented by Ricophoo at 2008-04-17 00:39
はるまさん、コメントありがとうございます!一年前のはるまさんのウルトラ完走&頑張りは素晴らしかったです!ブログしっかり読ませていただきました!私もはるまさんみたいにガッツある走りをして来たいと思っています。今年も岩手の100キロ走られるんですか!?頑張って下さいね!ウルトラの大先輩としてまたアドバイスなどいただけたらうれしいです!
Commented by Ricophoo at 2008-04-17 00:51
ロビンさんコメントありがとうございます!電柱ランナーだった私が初めて走った初ハーフがさいたまシティマラソンでした!さいたまシティは原点に近い思い出深い大会です。ロビンさんからウルトラのことなどお聞きして「私もいつかは・・・!」と淡い思いを抱いておりましたが、とうとう今月末に初ウルトラに挑戦することになりました。
考えてみるとウルトラを走った方で「もう二度とウルトラを走りたくない」という方にお会いしたことがありません・・・。反対にウルトラの虜になっていく方の多いこと・・・!やはりウルトラには走った人にしか判らない何か素敵な物が見つかるようですね!私もどんな100キロになるか判りませんが自分なりの宝物を見つけてゴールしたいと思っています。なぜか今は不安な気持より、スタートラインに立つのが待ち遠しいです。
Commented by さまりす at 2008-04-19 12:38 x
今回は「挑戦」とか「覚悟」というのが並々ならぬ雰囲気で伝わってきました。でも補給なしで75kmとか走っちゃったんですから、経験としては問題ないでしょう?
完走で、より生き生きとしたゴールデンウィークが送れること、間違いなしでしょう。
頑張ってください!
Commented by Ricophoo at 2008-04-21 23:31
さまりすさん:あの地獄の75キロはウルトラ前に大きな勇気を与えてくれました。でもまだ残り25キロあるわけですから、100キロとはいったいどんな感じなんだろう?!という好奇心でいっぱいです。楽しく走ってこようと思っています!
Commented at 2008-04-23 23:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Ricophoo at 2008-04-25 22:31
なんだかんだで今週ウルトラ100キロに挑戦することになりました。
3月には75キロ、40~50キロのロングを結構走りましたが、まだ100キロは未知の世界。どんな世界が見えるのか楽しみでもあります。27日の日曜日には茨城のかすみがうらのフルマラソンを全力で走ってしまいちょっと疲労が残っていそうで心配です。気力でなんとか完走目指して頑張ってこようと思っています。

<< ウルトラマラソンへの道 その3...   ウルトラマラソンへの道 その1... >>