カテゴリ:未分類( 6 )

懸賞 懸賞

驟雨(はしりあめ)

懸賞 2017年 02月 04日 懸賞

f0036354_19385057.jpg
藤沢周平著「驟雨」を読了。
抗い きれない運命に翻弄されながらも懸命に生きる江戸の街の市井の人々を描いた10篇からなる珠玉の短編集。
物語は江戸下町の陽もささないような裏長屋、皆一様に幸せとは言い難い暮らしの中、悲しみや切なさを抱えながらも小さな幸せの光を求めて懸命に生きている。特に女性が現代のように思うように生きていけない時代。女の幸せは男によって左右されていて、「捨てた女」、「ちきしょう」など憐れを誘う話もあるが、「遅いしあわせ」など江戸の情緒を感じさせるような映像美溢れる作品や「驟雨」、「贈り物」、「うしろ姿」、「運のつき」などオチをつければ落語にでもなりそうな人情話や滑稽話もあり珠玉と言う言葉がぴったりくる。
貧乏人から殿様まで様々な階層の人々が生きた大都市江戸。格差広がる現代の東京に名もなき庶民の生きざまを重ね合わせてみたり。なかなか味わい深い一冊。

by Ricophoo | 2017-02-04 19:38

一之輔▪天どん ふたりがかりの会

懸賞 2017年 02月 03日 懸賞

f0036354_21184539.jpg
2/2日 座▪高円寺2で行われた春風亭一之輔さん、三遊亭天どんさんの「ふたりがかりの会 新作江戸噺十二ヶ月」に行って来ました。
江戸が舞台で、暦や季節を感じる題材の新作落語を12か月分作って聴かせてくれるという、何とも贅沢な実験的な試みの落語会です。今回は2月、3月に合いそうな噺をたっぷり聴かせてくれました。
一之輔さんの取材にNHKのテレビ番組「プロフェッショナル仕事の流儀」のカメラが来ていました。
三遊亭天どん「節分の鬼」
春風亭一之輔「手習い権助」
仲入り
春風亭一之輔「明烏」
三遊亭天どん「さぎ烏」

by Ricophoo | 2017-02-03 00:14

荒川マラソン前日受付

懸賞 2009年 03月 14日 懸賞

昨夜からの雨も小降りになり、午後からは天気も回復するような事を天気予報で言っていたので、目黒での用事を済ませたその足で、荒川マラソンの前日受付に行くことにした。

家を出る頃は、パラパラと感じないほどの霧雨だったが、大ぶりのしっかりした傘を持って行くことにした。
目黒から都営三田線にひたすら乗って、蓮根の駅で降りた。
家を出た時に比べてかなり雨足が強まっていた。蓮根の駅から会場までは約15分位だろうか?とにかく歩く歩く、ひたすら歩く。
疲れてきたなと思う頃、ようやく荒川の土手が見えてきた。
何故か荒川に近づくにつれ、風が強まってきた。(嫌な予感)
やはり荒川は風の川だ。
2006年の荒川の強風は、今でも参加したランナー達の語り草になるほど酷いものだった。
なにしろ女性トップランナーが強風に吹き飛ばされ土手の上から転げ落ち、仮設トイレも吹き飛ばされるという、それはそれは凄まじい惨状で、後にも先にも、あんなレースを経験した事がない。そんな荒川の思い出に浸りながら、土手の上にたどり着いたその瞬間・・・凄まじい強風が吹き荒れた!!
傘が一瞬のうちにひっくり返り、変な方向から風が入ったために、傘の骨はねじ曲がり、頑丈な傘がボロボロになってしまった。
一度に4、5本の骨が折れ、さし続ける事ができなくなった。
まるでコントだ。

這々の体で受付を済ませ帰途につく。
帰り道、傘をささずに濡れネズミで歩く私にすれ違う人たちの視線が突き刺さる。
コートはずぶ濡れ、髪の毛はプールから上がってきたみたいに滴が滴り落ちている。
駅に着き、受付で引き換えたばかりの参加賞のTシャツで頭を拭いた。
初めて参加賞のTシャツが役に立った。

自宅最寄り駅に着いて改札を抜けると雨はすっかり上がっていた。

怒りがフツフツと湧いてきた。

ざけんなよっ(`□´メ)

荒川のやつ、なめた真似をしやがって!

喧嘩上等!

てやんでえ!売られた喧嘩、買ってやろうじゃねぇか!

覚えてろ荒川っ!

明日は首を洗って待ってろよ!

by Ricophoo | 2009-03-14 14:38

ファイテンショップにて

懸賞 2009年 02月 22日 懸賞

f0036354_23294728.jpg

今日ファイテンショップでeウォーターとウォーミングアップジェルを買いました。それとファイテン製のアームウォーマーを買いました。チタン配合の生地だそうです。アームウォーマーの説明で実験をしました。アームウォーマーを装着した時としなかった時と1・5リットルのペットボトル二本を持ち上げる力加減が全く違うのです!歴然とした事実を目撃し、即購入の運びとなりました。普通のアームウォーマーよりずいぶん安い値段でデザインもシャープでかっこいいです。いい買い物ができました。

by Ricophoo | 2009-02-22 23:29

笑た

懸賞 2007年 03月 31日 懸賞

今、旬なのはやっぱり思想界の北島マヤこと外山恒一氏だろう。
8日の東京都知事選に立候補している外山恒一氏36才。
政見放送を目撃した息子に聞いて知った。
ぶったまげた。

なんで福岡在住の彼が東京都知事選に出馬しているのか・・・
その答えは彼の政見放送を聞けばわかる。
ていうか、「その話は長くなるから選挙ポスターを見てくれ」
と言っているが、その肝心の選挙ポスターは
どこにも貼っていない。(2種類あるらしい)
実は人手がなくてポスターを貼れないという噂だ。

あえてなんのコメントもしないが、
とにかく演説がうまい。間の取り方、あの演技力には舌をまく。

政府転覆を狙っているらしいが
個性派俳優を目指したら
いい線いきそうなんだけど。

by Ricophoo | 2007-03-31 13:13

結膜下出血

懸賞 2006年 04月 08日 懸賞

昨晩、眠る前ちょっと目が赤くなってると
思いながら寝た。
朝、目が覚めてびっくり★
右目の下のほうが真っ赤。
充血とかそういうのじゃなくて・・・。
血の涙を流しているわけじゃないのだけど、
ただ白目が血の色をしている!!!!
痛みも違和感も何にも感じない
なんだか目から血が噴出しているようにも見える。

まさか眼底出血?
ネットで調べてみたら
高血圧とか脳溢血とか糖尿病の人におこる
症状だとか・・・
とたんに頭が痛くなってきた。
手に力が入らなくなってきた・・・。
ああ・・もう私もコレまでか?とおもったけれど
引き続き調べてみると
どうやら
「結膜下出血」と言うものらしい。

自己判断はいけないと思い
家から2分ほどの新しくできた
眼科に診てもらった。

やはり「結膜下出血」とのこと。
視力が低下するとか
大変な病気の症状だとか
そういうことは一切無いとのこと
一安心。
原因はよくわからないけど
血の色が引くまで2週間くらいかかると言われた。
うつるわけでもないし
痛くもかゆくもないから
自分で鏡を見なければなんということは無いのだけど
人が見たら多分、びっくりするだろう。
じろじろ見られるか、尋ねられちゃうかもしれない。
せっかくのお休みなのに、家でじっとしてなきゃならないかな?
目を見開くと血の白目が目立つので
右目だけ薄目にして過ごそうと思うが
コレが結構難しい。
2週間もこんなことして過ごすのかぁ
なんだか目つきが悪くなりそう。

by Ricophoo | 2006-04-08 13:05