カテゴリ:音楽( 7 )

懸賞 懸賞

嗚呼!のど自慢

懸賞 2010年 02月 10日 懸賞

私は「NHKのど自慢」くらい侮れない番組はないと思っている。
一般的には、素人の歌の上手さに感心する番組なのだろうが、私は時々現れる「キワモノ度」の高い人たちとの出会いを密かに楽しんでいる。
その人たちは、毎回出てくるわけではない。毎週続けて視聴していれば、上手くいけば1ヶ月に1度、2、3ヶ月に1度くらいの割合で運命の出会いが訪れる。
のど自慢は大概、地方で予選が行われ、テレビに出て歌えるのはその予選を勝ち抜いた数少ない、まさに言わずとしれた「のど自慢」の人たちばかりである。
なかには地元の自称人気者が、にぎやかしのような存在として派手なパフォーマンスで出場してくるケースもあるようだ。そういう人たちのステージは、多少狙った感があり、あざとい感じで、自分としては、ちょっといただけない。
だが、時折何の特徴もなさそうな人が登場し、思いもよらぬ衝撃を与えてくれる時がある。
そんな瞬間に立ち会った時はまさに至上の喜びを感じる。

実は先日「のど自慢」ファンの私としたことが、その何ヶ月かに一度訪れるキワモノ降臨の瞬間を見逃してしまった。

テレビをつけた時には、出場者やゲストの歌も終わり、審査発表が始まるところだった。
特別賞を受賞したのは、地味なワンピース姿の70歳位の老婦人。嬉しそうに少しはにかみながら、優しく穏かな表情でゲストから表彰を受けていた。
なんと、この老婦人の歌った曲というのが、西城秀樹の「傷だらけのローラ」だと。
雷に打たれたような衝撃!
「傷だらけのローラ」と言えば、西城秀樹の代表曲。
体を震わせながら、長い髪を振り乱しながら、今にも失神しそうな感じで熱唱し、当時の女性ファンの心をわしづかみにした名曲である。
その「傷だらけのローラ」をこの静かな微笑を湛えた老婦人が歌ったと言うのか・・・・。

しかも、特別賞。
そのパフォーマンスはいかばかりのものだったのだろうか。

まさにこれぞキングオブ「キワモノ」!
この老婦人のどこから「傷だらけのローラ」が出てくるのか、皆目見当がつかない。
私は長年、彼女のような存在を待っていたのだ!!と思っても、後の祭り。

ああ、なぜ見逃してしまったのだろう!!
見たい!見たい!老婦人の「傷だらけのローラ」が見たい!10万払ってもいい。
老婦人の歌う「傷だらけのローラ」が見たい!!
のど自慢界に彗星のごとく現れたニューヒロイン、スター誕生の瞬間を見逃してしまった私は、あれから悔恨の日々を送っている。

あまりに悔しいので、私の「のど自慢」視聴歴のなかでもダントツの「キワモノ度」を誇る
養老の星、こうちゃんの歌でも聴いて老婦人の「ローラ」に思いを馳せよう。

いろんなキワモノを見てきたが、やっぱりこうちゃんの「いいわけ」は最高。

by Ricophoo | 2010-02-10 23:49 | 音楽

兄弟仁義

懸賞 2008年 05月 28日 懸賞

久しぶりに歌謡コンサートをみた。

オープニングから
北島三郎が「兄弟仁義」を熱唱していた。

「いよっ!さぶちゃん!」
いきなりの大御所登場に思わず合いの手にも力が入る・・・。

ひとしきり「兄弟仁義」に聞き惚れた。

「親の血を引く兄弟よりも固い契りの義兄弟~」

すっかり義兄弟と言う言葉に心を奪われてしまった。

義兄弟・・・(う~ん、かっこいいなぁ)

すかさず「私も義兄弟が欲しい!!」
「義兄弟を広く一般公募!」などと
テレビの前ではしゃいでいたら
一緒に見ていた息子に
「うるせぇ!少しは静かに聴いたらどうだ!
この大馬鹿者めが!」と一喝されてしまった。

「俺の目をみろ 何んにもいうな 
男同志の 腹のうち 
ひとりぐらいは こういう馬鹿が 
居なきゃ世間の 目はさめぬ」

ってことで。
でも義兄弟、あこがれるなぁ

英語で義兄弟のことを
blood brotherやsworn brotherなどと言うらしい。

blood brotherっていうのはいいね。
演歌っぽくて。

by Ricophoo | 2008-05-28 00:05 | 音楽

帰ってきたアニキ

懸賞 2008年 01月 17日 懸賞

先日NHK歌謡コンサートを見ていたら
山川豊が得意の社交ダンスを披露しながら
すかした歌を歌っていた。
その名も「ニューヨーク物語り」
一緒に観ていた息子は
「コイツのマスターベーションにつき合わされちゃたまらねぇ」と
憤慨して自室に戻ってしまった。

演歌はニッポンの心・・・ニューヨークで何を語ろうというのだ。
山川豊よ、ホントの演歌の心を忘れちまったのか?

すっかりニッポンの心を忘れた西洋かぶれの弟
山川豊を尻目に
我らがアニキ、鳥羽一郎は私達の前に帰ってきてくれた!!

大晦日の紅白歌合戦。
鳥羽のアニキは白いタオルのねじり鉢巻、
ボアつきの襟も暖かい革ジャンに、ゴム長靴といういでたちで
あの名曲「兄弟船」を熱唱してくれた。

f0036354_2359449.jpg紅白と言う一世一代のステージにおいて
ねじり鉢巻にゴム長靴である。
これぞ海の男だ!!



実は去年放映された同じ歌謡コンサートにおいて
鳥羽のアニキも弟の「ニューヨーク物語り」を真似て
「ロマンチック東京」なるゆるいポップス歌謡を歌っていた。
これを目撃した私達親子は「海の男の終焉」を痛感し
嘆き悲しんだものだった・・・。

鳥羽一郎と言えば「海」だ。
加山雄三やサザンやチューブのちゃらちゃらした
海とはワケが違う。

大海原を相手に日々格闘する漁業従事者たちの
「心意気」や「絆」を力強く歌い上げる・・・
これが鳥羽のアニキの真髄なのだ。

アニキのディスコグラフィーには、やはり
船をテーマにしたもの、海に関するものが90%を締める。
船に関する曲だと
名曲「兄弟船」を始めとして
「親子船」
「がまん船」
「夜明け船」
「酔いどれ船」
「夫婦船」
「土佐のかつお船」などが上げられる。

海をモチーフとした曲になると
「伊勢湾」
「男岬(海の三代目)」
「海峡ブルース」
「海の匂いのおかあさん」
「スケソウ大漁節」
こうなるとワケが判らないが「シャチ」なんて歌もあるらしい。

調べていると
「スペイン坂」
「シルクロード」
「ロマンティック東京」
「カサブランカグッバイ」
など、なんだか背中が痒くなってくるような題名の歌も多くあることを知った。
演歌の衰退が叫ばれる昨今、
海の男「鳥羽一郎」の迷いや苦悩が、このすかした題名の歌に
投影されている気がした。

しかし、鳥羽のアニキに
もう迷いは無い。
「兄弟船」を力強く歌い上げる姿に
白いタオルのねじり鉢巻に、黒いゴム長靴に
私はそう確信した。

しびれたよ・・・アニキ。


鳥羽一郎のことを書いていて
昔、中高生の時に
「荒々しい海の男ごっこ」をして遊んでいたことを思い出した。
長い歳月の間に肝心な
「ごっこ」の内容はすっかり忘れてしまった。

そういえば「恥ずかしい根っこの会」っていうのもあったな。

「恥ずかしい根っこ」てなんだ?(爆)

by Ricophoo | 2008-01-17 00:04 | 音楽

歌わせろ!

懸賞 2007年 08月 16日 懸賞

早朝、千駄ヶ谷~お台場往復26キロRUNを決行した後
師匠とカラオケに行った。
場所は中目のカラオケ屋。
ここは息子に教えてもらった超格安のカラオケ屋だ。
f0036354_0341435.jpgフリータイムで一人450円也。
師匠、部屋に入るやいなや、アリス、松山千春、ハウンドドッグ、井上陽水、小椋佳、かぐや姫、岩崎宏美、グレープ、チューリップ…息をつく暇もなく、すでにもう2時間ほど唄い狂っている。


「あ、次、桃色吐息入れてね…なに?あずさ2号唄わないの?」と師匠。
あのね~、おいら、さっきから師匠のリクエストを転送しまくってて自分の持ち歌
選曲する暇ないんですけど。
憤慨しながら、あずさ2号をリモコンで転送した直後
フロントから無情な連絡が入る。
「混んできたんでそろそろ終了して下さい」
なに??終了?嘘でしょ?オイラまだ唄ってないんだけど。
得意のあずさ2号は中盤で熱唱する予定で取っておいたのに・・・
師匠も不完全燃焼で少々おむずかりの御様子。
で結局、格安カラオケ店を後にして、次のカラオケ屋でカラオケのハシゴを敢行することにした。

ここのカラオケ屋も飲み物が付いてフリータイム一人500円。う~ん、中目はカラオケ天国だね。ジンジャーエールとミルクティーを頼み
部屋に入り、師匠にマイクをとられる前にあずさ2号を転送完了!
思い存分あずさ2号を熱唱!!のはずが、わきから師匠が無理やりデュエットしてくる。
いや、これはもうデュエットという域を超えた侵攻だ。内政干渉だ!
その瞬間から私達の間に戦いが始まった。
ことごとく私の持ち歌にずかずかと土足で踏み込んでくる師匠。
音外れや字余りなどお構いなしに侵攻を続ける師匠。
そうはさせじと師匠が知らない最近の歌を歌っても、それは同じことだった。
歌の歌詞が分からなくても曲を一度も聴いたことがなくても
わきからめったやたらに侵入してくるのだ。師匠が歌うと、それはもう完全に別な歌になってしまう。一曲でいいから思い存分一人で熱唱したい!そんな私の切なる願いを知ってか知らずか終始御満悦な師匠。
唯一師匠がトイレに立った瞬間だけ急いで持ち歌を唄う。
なんでこんなにこそこそ焦って唄わなきゃならないんだろう?

にしきのあきらの「空に太陽がある限り」、尾崎紀代彦の「また逢う日まで」黛ジュンの「天使の誘惑」など懐かしい歌も飛び出した。でもさ知床旅情や精霊流しなんてフツー歌うかなぁ??お願いだから止めてくれよ…。
師匠は歌が好きなんだ・・・と心から思う。
師匠の唄ってる姿はまさに自己陶酔の世界。
ここまでくると崇高な感じさえしてきた。
面白くなってきたので、西城秀樹の「激しい恋」や「傷だらけのローラ」を
唄わせてみた。
f0036354_0332581.jpg初めは謙虚に「えぇ?唄えないよぉ」とか言いながら
最後には髪を振り乱し、「ローラ…ローラ…」と声と体を震わせて狂ったように熱唱してくれた。さすが我が師匠、必ずやってくれると思っていたよ。
秀樹降臨を目の当たりにして大感激の一瞬だった。
終了時間も近く、室内は異様な熱気と狂気に包まれていた。
気持を鎮めるために、今回は北の宿から、北酒場、津軽海峡冬景色と演歌シリーズでしっとりと終了してみた。アルコールを1滴も飲まず
歌いも歌った6時間。完全燃焼だ。
心地よい疲労感と達成感を携え
カラオケ屋を出るともう夕方…。
オイラ達って、はっきり言って大馬鹿者?
駅へ向う途中
喉を枯らした師匠が一言。
「あ、世良正則歌うの忘れた」
おいおい。まだ歌い足りないのかよ。
師匠、あなたは真の歌バカです。

by Ricophoo | 2007-08-16 00:39 | 音楽

おふくろさん

懸賞 2007年 03月 09日 懸賞

OFFくろさんOFFくろさん・・・・
あ"~っ!誰か私を止めさせてくれぇ~!

森進一のおふくろさん騒動勃発の直後から、私の頭の中では、
あの名曲「おふくろさん」が流れ続けている。
あくまでセリフなしのノーマルバージョン。
しかも、「OFFくろさん」というフレーズだけがリフレインを
繰り返している。

しかし流れ続けているだけなら、まだいい。
少し油断をすると
つい身体を軽く前屈みにし、上下に身体を揺らしながら
今にも泣きそうな表情を浮かべ
OFFくろさんOFFくろさん・・・・
と歌ってしまうのである。

それを見ていた息子もつられてマネをする。

似てね~
全然森進一になってない。
目も当てられない有様だ。

こちとら、ものごころついてから今まで
伊達に「おふくろさん」のモノマネを
見てきたわけじゃないんだっ。
そこらのヒヨっことは年季が違うんだよ!と
言ってやりたい。

ふふふ、私の方がかなり巧い・・・と息子相手に
密かに優越感に浸る。

「おふくろさん」のモノマネをしていて
解ったことが一つだけある。

「おふくろさん」は
「OFF」の部分さえあれば
あとは何も要らないってことだ。

「OFF」の部分を強調しつつ「くろさん」は声にならないかすれた声で歌う。
その繰り返しだけで完璧。

セリフなどつけるのは邪道だ。

こんなことを書いていると
川内氏の怒りの矛先は確実に
森進一から私へと向けられることだろう。

そして川内氏は言う
「二度と歌うな!」と。

わかってるけど止められないんだよう。(涙)

by Ricophoo | 2007-03-09 02:26 | 音楽

魔法のコトバ

懸賞 2006年 07月 15日 懸賞

愛用の元祖i-podが今朝死んでしまった。
以前にも死に掛けたことがあるけれど
なんとか持ち直し、最近ではまた元気に働いてくれていた。
しかし今朝、充電器に乗せたら、普段聴いたことのない「ガー」という激しい
音がしてきた。びっくりしたが
しばらくそのままにしていたら、素手では掴めないほどの熱を持っていた。
なんだか火でも吹きそうな予感がしたので
慌てて充電器から抜き去り、ベッドの上に投げ
遠目から恐ろしげに見ていた。
熱が取れて元祖i-podを触ってみたが
冷たくなって呼びかけにも応えず息絶えてしまった。

f0036354_20431911.jpg

で、渋谷のビックカメラで映画を観た帰りに
iPod nanoを買って帰ってきた。
薄くて軽くてなかなかいい感じ。






f0036354_20425894.jpg新しいiPodで一番最初に聴く曲は
もう初めから決めていた。
スピッツの新曲「魔法のコトバ」だ。
この曲は、今度映画が公開される「ハチミツとクローバー」の
主題歌になっている。
いつもの事ながら、曲も最高だけど
歌詞が「ああ☆これぞスピッツ~!」って感じでとても良い。


「魔法のコトバ、二人だけにはわかる
夢見るとか、そんな暇もないこの頃
思い出して、おかしくてうれしくて
また会えるよ、約束しなくても
会えるよ、会えるよ」

曲は明るくさりげない曲なのに
切なくて涙がでた。

f0036354_20422523.jpg今朝多摩川で写したクローバー。
幼い頃、日が暮れるまで、真っ黒になって
四葉のクローバーを探したことを思い出した。
あの時、幼い私は四葉のクローバーを見つけたんだろうか?
今はもう思い出せない。
今でもクローバーの群生を見つけると
無意識に四葉探しをしてしまうのは
何故なんだろう?

by Ricophoo | 2006-07-15 20:55 | 音楽

毎日の音楽

懸賞 2006年 05月 17日 懸賞

毎朝通勤電車の中で聴く音楽は
その時々の気分によって随分違ってる。
今は、Clemontine、The Yellow Monkeyばかり聴いてる。
ちょっとまえはLove Psychedelic Orchestraだった。
なつかしいところでピンクフロイドなんかも聴いていた。
変なもので大好きなスピッツを
まったく受け付けなくなることもある。

でも今はClemontine!
30℃も良いけど
cafe Apres-Midi が特にお気に入り。

The Yellow Monkeyは子どもとカラオケで
「Jam」を熱唱してから
再度はまる。
子どもの友人は
変わったやつが多い。
古い時代のフォークや
80年代後半から90年代のJポップを
好んできいてる人もいて
The Yellow Monkeyに至っては崇拝さえしている。
面白い。
古いものでも
いいものはいいってことかな。

by Ricophoo | 2006-05-17 08:55 | 音楽