<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

小笠原伯爵邸

懸賞 2006年 06月 30日 懸賞

f0036354_8301636.jpg朝、多摩川を走った。
日の出を見たかったけれど
寝坊してしまった。
だけど、綺麗な朝日を浴びて一日の始まりを
体全体で感じることができた。
やっぱり朝ランは気持良いなぁ。




f0036354_8493796.jpg夜は古い知人と河田町の
小笠原伯爵邸へ。

いや~
こんな場所があるとは。
昭和2年に建てられたと言う
スペイン建築様式の小笠原伯爵邸
75年のときを経て
レストラン&BARとなって2002年オープン。
周りの地味な
町並みから瀟洒なオーラを放って
浮び上がっている。圧巻。

食事も美味しかったし
お酒も最高。
重厚且つ気品に満ちた室内、調度品の数々。
自分が貴族にでもなったような気分にさせてもらえる。
建物を見ると、「場違い」感でびびって入りにくいけど
一旦入店してしまえば、少しも気取った感じが無く
値段も思ったほど高くない。
バーテンの方も若いにこやかな女性の方で
とても親切だった。

ワインもpalacio conde de OGASAWARAが
おススメだというので飲んでみたけれど
品があってやわらかい味で一本すぐに(秒殺)
開けてしまった。(小笠原流に反し下品でスイマセン)
ウィスキー系、カクテル系は
あまり種類が無かったので知人は残念がっていた。

スペインレストランなので
シェリーの種類が豊富。

またいつか来たい隠れ家レストラン・・・
ていうか隠れ家じゃないか・・ココは。

by Ricophoo | 2006-06-30 08:53 |

多摩川ゆるジョグ

懸賞 2006年 06月 24日 懸賞

f0036354_12104788.jpg朝、久しぶりに多摩川を走る。
朝7時、結構朝から日差しが強く温度も高い。
だけど川から吹く風が心地いい。
小鳥のさえずりや遠くから聞こえる電車の音
草野球のノックの音
静かで穏かな一日の始まり。
街中を走るのもいいけれど
こうして、信号待ちもなく
もくもくと走ることに集中できる
多摩川ランはLSDに最適。

LSDとはLONG(長く)SLOW(ゆっくり)DISTANCE(距離を踏む)の略。
マラソンを走る上で一番重要なトレーニングの一つで
決して麻薬のことではない。

ロードや公園だと、なかなかこのLSDを集中して行なうことが
困難だ。信号待ちなどで停止を余儀なくされることもあるし
他のランナーがたくさんいる場所だと
変に意識してスピードを上げてしまったり
雑念が入り乱れてしまう。

今日は、ゆるジョグに専念して
のんびり、ゆっくり、心地よく走ることができた。
本当はもっと長い距離、走らなくてはホントのLSDには
ならないんだけど。

f0036354_1272385.jpgベースボールマガジン社発行の
ランニングマガジン「クリール」に24時間リレーマラソンの
写真が掲載された。
私たちのゆめのしま46ランナーズの写真も載ってた!
掲載されてた中で24時間の部で一番成績が良かったのも
なんだかうれしかった。
チームサンプラザには爆風スランプのサンプラザ中野さん、
クリールRCにはそのまんま東さんが参加されていた。
サンプラザ中野さんとは一緒に写真を撮ってもらったけど
そのまんま東さんは見なかったなぁ。どこにいたんだろう??

by Ricophoo | 2006-06-24 12:11 | スポーツ

はてな??

懸賞 2006年 06月 21日 懸賞

f0036354_2354750.jpgへんてこな模様のこの写真
実は、この前走った24時間リレーマラソンのコースにできてた
水たまりです。
明け方から降り始めた雨が、だんだん酷くなり
地面はびしょびしょ。コースのあちらこちらに
ぬかるみの水たまりが出現。
雨と泥水でシューズは、もうめちゃくちゃです。
唯一、運が良かったのは
少し前に買っていたNEWシューズをこのリレーマラソンで
お初におろそうかと思っていましたが
悩みぬいた末、下ろさずに済んだのは
とてもラッキーでした。

f0036354_013724.jpg一見、造花に見えますが、このバラは
レインボーローズと言って実は本物の生花なのです。
決して造花ではありません。
一枚一枚の花びらが全部違った鮮やかな色をしています。
オランダ発、研究改良されたバラの花だそうです。
特にブルーが目に鮮やかでした。
どうやって作ったのかな?話題はそこに集中します。
答えを聞いてしまうと、夢が壊れそうなので、
聞かないほうがいいのかもしれません。

美しいを通り越して
まったく不思議なお花です。

by Ricophoo | 2006-06-21 00:25 | アート

24時間リレーマラソン in ゆめのしま 顛末記(その3)

懸賞 2006年 06月 15日 懸賞

f0036354_2192382.jpg














24時間走る・・・って一体どんな大会なんだろう?
なんにも判らないまま、ただ走ることだけを楽しみに参加した
リレーマラソンだった。

朝、会場に着いてから、みんなで協力して
食料の買出しやテントの設営を行なった。

出走順や、戦略を
あーでもないこーでもないと
作戦会議。

思い思いの仮装・・・用意ができたと思ったら
あっという間にスタート。
コースは公園内を1回り。1・3キロほど。
初めは2周ずつ。次は3周。
夜に入って5周ずつ。(この夜の5周は、ゆっくりと休息ができ
その後のみんなの頑張りに繋がった)
夜明けと共に1周のタイムトライアル。
その後はラストまで1周ずつ走った。

夜が明けてから、雨が降ってきたものの
ライバルチームの動向が気になり始め
またまた作戦会議。戦略を練り直す。

ゴールが近づいてきた頃
自宅に一時帰宅していたみほさんが戻ってきた。
ラストランのま師匠に襷を渡す
最後の大仕事をするために。
病み上がりとは思えない
見事な走りに涙が出た。

走って、飲んで、食べて
シェラフに包まって雑魚寝して
また走る・・・。

一本の襷を、ただ繋げた。

日常の総てを忘れて
雨の中を、ただ走った。
そして笑った。

24時間を一人で走るランナーもいて
それはそれで本当にすごいことだけど

仲間がいて、飲んだり食べたり
笑ったり、応援したり…
これは
かけがえの無いくらい幸せなことだと感じた。

かつて「お金で買えないものはない」と言った人がいた。

この24時間リレーマラソンに参加させてもらって
体験したことや
かけがえのない仲間に出会えたこと、そしてこの2日間の思い出は
どんな高いお金を払っても決して買えないものだ。

高級マンションに住むことより
高級スポーツカーを乗り回すことより
仲間と24時間走ることができたことは
本当に私にとっては最高の贅沢だと、思った。

ラストは、ま師匠が見事な走りで、目標としていた230周をクリアした。

24時間ジャスト!
前日の13時にスタートして24時間。
長かったような、短かったような24時間が終わった。

一度ま師匠が、ゴールしたけれど
少しコースへ戻って、みんなと手を繋いで再びゲートをくぐった。
みんなで襷を繋げて達成した230周をかみしめる為。

ゴールした後
ま師匠を胴上げした。

100チーム中25位の大健闘。
一時は38位くらいをうろうろしていたのに。
素晴らしい仲間たちに拍手♪

楽しかった24時間リレーマラソンから
4日が経過したけれど
今もまだ、あのワクワク感が体に残っている。
みんな、それぞれの思いを抱えながら
日常に戻っていった。

時々は、またみんなで集まって
あんなふうに日常を忘れて
大人の遊びを
子供に返って楽しみたい!

このリレーマラソンに参加するに当たって
忙しい中、いろいろと準備などご尽力下さった
ま師匠、ゆめのしま46ランナーズのみなさま
心から感謝いたしております!

ありがとうございました。

by Ricophoo | 2006-06-15 02:17 | スポーツ

24時間リレーマラソンinゆめのしま 顛末記(その2)~仮装~

懸賞 2006年 06月 14日 懸賞

わが「ゆめのしま46ランナーズ」を語る上で
仮装を抜きには考えられない。
顛末記(その2)では、あの妖しくも恐ろしい「仮装」について
総括してみたい。

時は遡ること4ヶ月前、皇居練習会での
ま師匠の一言
「みんなで6月のリレーマラソンに参加しよう!もちろん仮装は義務だかんね!」

「仮装」という言葉は「リレーマラソン」という
魅力溢れる響きに打消され、誰もが
二つ返事でOKした。
そのあと4ヶ月後に悪夢を見ることなど
誰があの時想像することなどできただろう?

もしかして、このとき既に
彼の大いなる野望は確実に芽生えていたに違いない。
目的達成に向けて時は動き出していたのだ。

f0036354_818384.jpg彼の鏡を見つめ化粧に没頭する目は真剣だった。
私は息を止めて
そして深く悟った。
彼は、目的達成のためには手段を選ばない
ハードボイルドな男なのだ。

f0036354_8152720.jpgそう、まず第一弾
エロだらしない看護婦。じつは
下着やパンストにまでこだわるオシャレさん。もちろんビニール袋を丸めたパット入りFカップ。
ワイヤーが胸骨に当たり血だらけになりながらも
笑顔で頑張る姿に彼の「女装魂」を見た。

仮装とひとことで言っても
大きく3つのパターンに分かれる。
サルやクマなどの動物系の被り物をして誰だかわからないようにしてしまう
被り物系。これはシャイで内気な人向け。

あとは女装も含んだイメージコスプレ系。
バドガール、メイド、バレリーナなどが一般的。

f0036354_362532.jpgそして一見被り物系に属すると思われがちだが
このような変身ヒーローものの仮装を
あえて私は「タイツ系」と位置づけたい。
しかし、このタイツ系、体系が如実に
現われるため、慎重に行ないたいところだが
完璧な肉体を持つ人が行なうより
そうじゃない人が行なうほうが
ポイントが高いのは・・・なぜ??

こちらは、イメージコスプレの流れを汲むが
独自色、手作り色の濃い上級者向け。
さまざまな仮装を行なってきた末にたどり着くユートピア的仮装f0036354_3291140.jpgかもしれない。
このアフロ君、じつはおへそに毛まで生えていて
芸が細かいのだ。
ん、待てよ。
このアフロのかつら、日本代表の応援にも使えそうだ。
意外に重宝するかもしれない。
しかし、こうして仮装が一般人に混じって
体操に加わっている図はなんともいえない哀愁を醸し出している。

f0036354_0361797.jpgこちらが、お楽しみ
第二弾「ミニスカポリス」の巻。
ちょっと・・・逆逮捕されちゃいそうだけど。
制服系はやっぱりみんなの憧れ。
ゆかさんの衣装をわがまま言って貸してもらっていた。
ずる~い。
私も着たかった。先を越された。

f0036354_0305712.jpgそれでもって恥ずかしながらこれがMY仮装でごわす。
(メイド服一度着てみたかったので勘弁してください。)
個性的なみんなの仮装を目の当たりにして
なんの工夫もなし、面白みもなしの仮装・・・
反省しきり。次回、乞うご期待。
それでも走ってる最中、あちこちから
「萌え~」などと声をかけられ
すっかりのぼせ上がった寅年の御年43歳でござる。(汗)

今回生まれて初めて仮装たるものを経験した。
自分であって自分でない
もう一人の自分が生まれる。
実に楽しい瞬間だった。

今振りかえると、仮装をやってる人はみんな笑顔だった。
そして見ている人もなぜか笑顔になる・・・
そこには怒りや憎しみ、悲しみはない。
平和な世界だ。
仮装って病み付きになる・・なんてよく言うけど
きっとみんなの笑顔が見たいからなんじゃないかって思う。

また機会があったらやってみたいな。

by Ricophoo | 2006-06-14 02:40 | スポーツ

24時間リレーマラソンinゆめのしま 顛末記(その1)

懸賞 2006年 06月 13日 懸賞

6月10日、11日夢の島公園競技場で行なわれた
「第5回グリーンチャリティ24時間リレーマラソンinゆめのしま」に参加しました。
最高のメンバーと、最高に楽しくて、最高に感動的な24時間を過ごすことができました。
今、しみじみとこの二日間のステキな思い出に浸っています。
この2日間の感動を言葉にして表わすのは
とっても難しいけれど、記憶が確かなうちに
大切な思い出として、ブログという
いつまでも色あせないアルバムの中にしまっておきたいと思っています。

まず、このリレーマラソンを語る上でメンバー紹介は絶対にはずせないでしょう☆

とりあえず今回はメンバー紹介です。

個性豊かな人たちばかりで、思い出すだけで笑いがこみ上げてきます。
メンバーは全部で11人。


f0036354_139459.jpg【チームリーダー(出走9番)ま師匠】 
走ることをこよなく愛し、緻密な計画性と科学的データを基に飛躍的に記録を伸ばしているウルトラランナー。人望が厚くみんなの人気者。過激な女装で、周囲の人間を恐怖と食欲不振に陥れる。タイムに執着、出る杭を打とうとするダークな面ももつ。某一流企業のエリート社員。優秀な部下を多く持つ。
エロだら看護婦になっても業務に支障はないのか?懐の大きな会社だ。

【(出走1番)Sさん】 みほさんの朝練仲間。ストイックなまでのランニングスピリッツには感服。ライバルチームの分析、情報収集を怠らない戦略家。クールな風貌、でも笑うとかわいい。
Sさんから受け取ると、襷に魂こもってて、どうにも頑張るしかなくなる!

【(出走3番)Mさん】 みほさんの朝練仲間。穏かな笑顔と優しさ溢れるお人柄は、癒しの極地。
お若い頃は(失礼)多くの女性ファンをとりこにしたと思われるような好男子。
毎回リレーゾーンで待っていて下さるMさんを見つけると、ホッと安心させて下さいました!

【(出走4番)Tさん】 ま師匠の会社の方。美しく優しい奥様同伴。逆三角形の見事なアスリート体型。ワイルドな風貌と今風な若者然的な感じが、ま師匠と一緒に仕事をしているとはどうしても繋がらず、実は最後まで関係実態がつかめず混乱していました。

【(出走5番)ゆかさん】 みほさんの腹心の友。優しい気配りの人。スタイル抜群でミニスカポリスの衣装を見事に着こなしていました。
一周廻るたびに確実に速くなっていた…ゆかさん、
次はいよいよフルマラソンデビュー近し?ですね☆

【(出走6番)しのさん】 ま師匠の会社の方。キロ2分8秒のタイムをもつ元スーパーアスリート。全身網タイツの仮装は、セクシーコマンド炸裂でした。軽いフォームからくるスピードはまさに圧巻で、いい勉強になりました。ま師匠より好タイムを出すと仕事でいじめを受けるのを危惧し、戦々恐々としている姿が痛々しかったです。いつかぎゃふんと言わせてやってください。

【(出走7番)gotoyxさん】 みほさんの朝練仲間。おなか周りを気にされていましたが、走力はダントツ☆スピード良し☆フォーム良し☆完璧っす!Mさんと共に優しく温かいお人柄は、ゆめのしま46ランナーズの家長的、兄貴的存在。いてくれるだけで私たちを安心させて下さいました。来年は6時間に一人で参加と言われていましたが、そんな寂しいこと言わないでください!

【(出走8番)FUNAさん】 みほさんの会社関係の方。人なつっこい笑顔の若き経営者。妙齢のお姉さま方に参加を促されては、断われませんよね~。照りつける太陽の下のレインボーアフロは目に眩しかったです。足を痛めてのタイムトライアルでの激走り、目に深く焼きついています。感動しました。これを機会にマラソンワールドに引きずりこみたい方がまた一人増えましたね。

【(出走9番)masuさん】 完全に自分の世界を持っていらっしゃる方。よく食べ、よく飲み、よく眠っていらっしゃいました!!まさにマイペース!(笑)仮装のホワイトレンジャー、かなりきてました。あと○キロ体重を落としたら、かなりのランナーに変身しそうな予感。え?予感です、
予感・・・。しかし、お酒強いですね。起きぬけの泡盛はmasuさんのガソリンなんですね~。泡盛のビール割り・・・本当に美味しいのかな??

【みほさん】 みんなの人気者。彼女の周りには人がどんどん集まってくる不思議な魅力をもった人。酒豪。病み上がりのため、控え選手を余儀なくされる。が、こっそり2周ほど走る。
「太った」「筋肉が落ちた」と言っているけれど、どうして☆ラストの激走、私はしっかりこの目で見させていただきました。あの走りには感動して涙がこぼれました。この大会でまさに復活の狼煙を上げたわけですね!楽しみ!でも・・・走らなくてもHGやるべきだったね。
f0036354_145268.jpgさんちゃんとのスリーショットもいい思い出になりました!!これからもよろしく☆

と言うわけで、このメンバーで24時間を戦い抜いたわけです。
次回24時間リレーマラソン顛末記 その2へ続く・・・・

by Ricophoo | 2006-06-13 01:26 | スポーツ

もうすぐ24時間リレーマラソンだ

懸賞 2006年 06月 07日 懸賞

2月の皇居練習会の後の飲み会の席で
「24時間リレーマラソンに出よう!」とみんなで決めてから4ヶ月。
あっという間に時が過ぎ、今度の土曜日は
いよいよ「24時間グリーンチャリティーリレーマラソンinゆめのしま」!
10人の仲間と1本のたすきを繋ぐべく24時間走り続けるという
厳しいんだか、ゆるいんだか判らないリレーマラソンだ。
チップをつけて計測して記録や順位を競うものだけど
たぶん、ほとんどお祭り騒ぎ。
ゆめのしま、ランナー版リオのカーニバルといったとこかも?
走らない人から見れば「おまえら狂ってる!」と言われそうだけど
もう、今からワクワク☆ドキドキ☆
走る時間は一人当たり2~3時間というのは
なんだか物足りない気もするけど
きっと酔っぱらって走ることになりそうだから、ちょうどいいのかな。
私たちのチームでは、仮装を義務付けられているので
みんなどんな仮装が飛び出すか
それも楽しみの一つ!
私も密かにコスプレをもくろんでいるけど
女装ランナーが出現するそうだから
ほとんど目立たないだろうなぁ。
とにかく、あと3日。
楽しく参加できるよう疲れをためず、お酒も控え、
体調を整えておかなきゃ!

by Ricophoo | 2006-06-07 23:10 | スポーツ

サージェント・ペッパーボクの友だち

懸賞 2006年 06月 04日 懸賞

f0036354_23111173.jpg今日は渋谷アミューズCQNに
「サージェント・ペッパーぼくの友だち」を観にいった。
もう、文句なくかわいい映画だった。
人間になりたくないと思っている6歳の少年フェリックス君。
彼はいつもトラの着ぐるみを着て自分の殻の中に
閉じこもっている。
そんな彼が
ある日、自宅の庭でペッパーという犬と出会う。
なんとこの犬は
不思議な想像力のある子供とだけ話ができる。
主人を亡くし傷心のペッパーに優しく接するフェリックス君。
二人はすぐに心を通い合わせられる友達になった。
ペッパーはフェリックス君にとって初めての友だちだ。

動物と話せたら!動物と友達になれたら!
誰もが幼い頃一度は思い描いたことがあるはず。

そんな夢を叶えてくれるような
ほんわり優しい気持にさせてくれる映画だった。

動物の出演する映画は
動物のかわいさが人間の存在感を薄くしてしまう
とよく言われるが、たしかにペッパーはかわいかったし
演技力の高さにはびっくりした。
だけど、それにもまして、、トラの被り物を脱いだ
フェリックス君はまるで天使のようにかわいかった!

f0036354_2318593.jpg帰りに奥沢であの
ダウキシビリ博士のグルジアヨーグルトを買って帰った。
サラッとしていて、くせの無い味で
とても美味しかった!
ハチミツを入れて食べると
味がまろやかになってさらに美味しくいただけた。
「ヨーグルトと長寿研究に生涯をささげた」ダウキシビリ博士!
さすがだ!

by Ricophoo | 2006-06-04 23:23 | 映画

ふ~疲れた

懸賞 2006年 06月 03日 懸賞

朝起きたら、曇り空!
紫外線も弱そうなので
久々のロングランにチャレンジ。
自宅から白金台までの往復20キロ。
今週は真面目に10キロずつ走っているので
かなり疲労が蓄積されていたと見えて
ゆっくり走っているのにも関わらず
体が重く、息も苦しかった。
通学途中の女子高生の群れを
早々にやり過ごすべく
都立大から碑文谷へ向かう坂道を
かなりなスピードを出して
上りきった。(ゼイゼイ・・・)
そのせいか柿木坂陸橋あたりで完走は無理かと
弱気になる。
あ~坂は嫌いだ。
なるべく坂のないコースをと
思うが、東京は実は坂の街
坂の無い通りなど皆無だと思う。
白金台手前の
目黒、権乃助坂の坂を走るときは
いつも頭の中が真っ白になる。
そんな時、「自分は順天堂の今井君」だと言い聞かせ
ターボチャージ☆
やっとの思いで白金台にたどり着き折り返す。
目黒駅前、大鳥神社、寄生虫博物館
碑文谷警察、都立大駅前
そして懐かしの自由通り!!
ここまでくれば
故郷に帰ったようなもの。
俄然元気が出る。
奥沢の最後の坂を上りきって
あとはゆるゆるとクールダウンも兼ねたジョグに
切り替える。
そんなときに見つけた

f0036354_1464524.jpgお店の張り紙がコレ!
「ダウキシビリ博士のグルジアヨーグルト」試食中。
ダウキシビリ博士とは?who?
グルジアヨーグルトなんて聞いた事ないだけに
なんだかスゴそう!
ヨーグルトフリークの私としては
チェックしておかなければ・・・。
お店はまだ開店前。
今度買いに来よう。

久々の20キロジョグ、
疲れたけど収穫もあった。

by Ricophoo | 2006-06-03 14:08 | スポーツ