<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ストロベリーショートケイクス

懸賞 2006年 10月 29日 懸賞

f0036354_22352648.jpg渋谷シネアミューズに矢崎仁司監督作品
「ストロベリーショートケイクス」を観にいった。
原作 魚喃キリコさん 脚本 狗飼恭子さん
また主演が「ジョゼと虎と魚たち」の
池脇千鶴さんと聞いただけで
どんなに素敵な映画であるかが想像できてしまう。
オープニングは「私は男に引きずられたことがある」という冗談じゃないかと思わせる
セリフから始る。

本当に、パジャマ姿で去っていく恋人の足にすがりつきながら
商店街を引きずられていく主人公里子。
「好きでいてもらえるのなら、なんでもします。なんでもしますから・・」
と泣きすがったはいいが、男に「うるせぇ」と蹴飛ばされ、
鼻血を出し人々の嘲笑を受ける。
これ以上惨めで最悪なシュチエーションはない。

男に去られ、しばらく倒れていたものの
おもむろに立ち上がり、鼻血を拭きながら
スタスタと、もと来た道を戻っていく。
「死んでやろうかともおもったけど
最悪な出来事を乗り越えられたあたしには、
何だってできるような気がしたんだよ」

この主人公里子を中心としながら
都会で暮らす4人の女性の日常と空虚、充溢、倦怠、不安、焦燥
絶望、そして希望が、時折目をそむけたくなるような
痛々しさで描かれている。

映画の中で、「神様っていると思う?」と言うセリフが
何度か出てくる。

みんなみんな神様がいなくて困ってる。
ラスト近く、願い事が叶うはずの「神様」の石を
海に投げ捨てる秋代。
「神様なんて、いらないんだよ」

お金や恋人や名声が
自分を支える総てなのだろうか?
「ひとりでいても何もしなくても自分は自分」であること。
目の前の辛さや苦しみは
自分自身で戦っていくしかないのだと
「神様」を投げ捨てる秋代をみて思った。

そうか!冒頭部分は
すべての戦う女性に贈る
エールだったのかも知れない。

「ストロベリーショートケイクス」は
傷だらけになりながらも
危なげに、でもたくましく不器用に生きていく
イマドキの20代女性を等身大で
描いた名作だと思う。

里子が神様の石に祈りながら「スペシャルな人のスペシャルになりたいです」
という場面は最高に可愛かった!

映画館を出た後は
誰もがきっと
空を見上げて言うだろう

「恋でもしたいっすね~」

by Ricophoo | 2006-10-29 22:38 | 映画 | Comments(0)

トレインチ

懸賞 2006年 10月 29日 懸賞

f0036354_1224238.jpg10月26日、元東急車庫跡地に「トレインチ」が
オープンした。
東急大井町線の線路沿い、踏み切りのすぐ横。
以前ちっちゃなお花屋さんがあったとこが入り口。
雑貨、ブティック、cafe・・・
可愛いものがいっぱい詰まった
おもちゃ箱みたいな場所だ。



f0036354_1312542.jpg
ベーカリーcafeの「ブランジェ浅野屋」と
オープンダイニングcafeの「ロブロス」
「アトリエニキティキ」や「ナチュラルプレンティ」
「アリヴェデパール」など
個性豊かな雑貨のお店、ファッションのお店など13店舗が
軒を連ねている。
中でもオープン前から気になっていたのが



f0036354_1322927.jpg「カレルチャペック紅茶店」
紅茶専門店なのだけど、絵本や雑貨も置いてあり
紅茶缶やマグカップには、なんともいえない
かわいらしいイラストが施されている。
こういうのっていくつになっても
乙女心を刺激されてしまう・・・。
あまりの可愛さにアールグレイの紅茶を即買い。
オープンのプレゼントにポストカードとティーパックをもらった!
12月には、このトレインチに隣接した場所に
駐輪場を作ってくれるという。
これで自由が丘の放置自転車が少なくなり
すっきりした町並みになってくれるかな。
良かった良かった。

by Ricophoo | 2006-10-29 01:41 | | Comments(1)

ニシノユキヒコの恋と冒険

懸賞 2006年 10月 22日 懸賞

f0036354_2137036.jpg

今更っていうか
川上弘美さんの「ニシノユキヒコの恋と冒険」を読んだ。
いよいよ文庫になったのだ。




ニシノユキヒコは稀代な女たらしだ。
それでもって真実の愛を探して止まない男だ。
女を虜にしてしまうのに、最後には必ず女に去られてしまうダメ男だ。
悪い男で、ろくでなしで、悲しい男なのだ。
だけど優しくて、かっこよくて、素直で、セクシーで、とにかく
魅力的なほおっておけない男性だ。

彼が愛した(?)、また愛された(?)10人の女性達が
振り返るニシノユキヒコとの思い出の日々。

妙齢の専業主婦ササキサユリさんに言わせると
「女自身も知らない女の望みを、いつの間にか
女の奥からすくいあげ、かなえてやる男。」それが
ニシノユキヒコなのだ。
そんな男性が現われたら、どんな女性もイチコロである。

だけど彼は決して「人を愛せない人間」
「決して自分だけのものにはならない人間」であることが判り去っていく女たち。

解説の最後にあった言葉が、このニシノユキヒコを語る
総てのキーワードだと思う。
「ニシニユキヒコとは、私達が掴み損ねた愛の名前。
あるいは亡くした時間そのもの。」言いえて妙である。

この小説は、女性が大切にしまっておきたい、
たとえば、ちっちゃなキャラメルのおまけとか、
思いで深い銀の指輪とか、そんなあらゆる宝物を入れる小箱のような小説だと思う。

なので単純に男性が読んだらどんな感想をもつのか
とても気になる。

by Ricophoo | 2006-10-22 21:41 | | Comments(0)

タートル顛末記

懸賞 2006年 10月 15日 懸賞

10月15日荒川河川敷において
シーズン突入第一回目のレースの幕開け
第35回タートルハーフマラソンに参加した。
早朝の朝の気温の低さとはうって変わって、スタート前には
気温も軒並み上がり、まぁまぁのコンディション。
心配されていた足の爪と甲の痛みも無くなり
体調はほぼ万全の状態。
スタートは、ま師匠と前の方にもぐりこみ、並ぶ。
師匠も今回タイムを狙ってきているので
かなりナーバスな感じだ。
お互い言葉少なにスタートの合図を待つ。
足立区長の間延びした合図で、総勢4000人ものランナーが一斉に走り出す。

「よっしゃ~}

はじめの5㌔は22分ジャスト。(う~ん、なかなかの滑り出し)
10㌔46分(少し落ちたが、まだまだいける!)
10㌔過ぎて折り返しの集団が帰ってきた。
ま師匠がかなりな上位集団の中にいて颯爽と駆け抜けていった。
速い・・・。手を振ってみるが、目に入らない様子。
師匠はマジだ。(がんばれ~師匠)

ま師匠の走りに刺激を受け、私もペースを上げていかねば・・・と思いつつ
しかし、昨夜の酒の飲み過ぎが祟って、なんとな~く足がもたつく感じ・・・。
(このまま最後まで、もつか不安になってきた)

10㌔を前後してドラミちゃん風女性ランナー現る。
(そういえば、このドラミちゃんには2年前の横浜マラソンで競い合い負けた記憶がある)
ドラミちゃんとのデッドヒートは16、7㌔くらいまで続く。

ドラミちゃんからは猛烈な肉の波動を感じる。
「太っているのに、このスピードは一体・・・・?」
コイツにはぜってー負けらんない!!と心で強く思う。
土手を登る坂道で必ず抜かれてしまうが、最後の下り坂で
思い切りスパートを試みる。
ドラミちゃんはついて来なかった・・・・ドラミとの勝負に勝った。。(自己満足)

しかし、後から考えたら、この勝負での驕りが、後の大きな誤算に繋がることになろうとは
知る由も無かった。
確かに調子は悪くは無かった。
10㌔過ぎには35分台の甘い夢を描いたりもした。
15㌔では1時間8分が経過していた。(このままこのまま・・)
しかし、20㌔地点で時計はすでに1時間35分を超えてしまい
あとは40分切りを狙うのみとなったが、スタミナ不足か、足が思うように
前に出ず、ダッシュをかけるも、時すでに遅し・・・。
結果は、1時間40分17秒。

自爆そして玉砕。
40分切りの淡い夢は木っ端微塵に崩れ去った。
家にかえって調べると、とりあえず自己ベストより1秒更新していた。
なんとも情けない結果である。

ゴールしながら、夏に走ったつくばのトレイル、
駒沢での24時間リレーマラソン、
楽しかった土浦リンリンロード、ランニングクラブでの厳しい練習が
走馬灯のように浮かんでは消えていった・・・。

ゴール後、「なんで?どうして?走った距離は裏切らないと誰か言っていたじゃないか!」
単純な疑問と自分自身に対する怒り、押し寄せる脱力感で頭は朦朧としていた。

着替えて、ま師匠と合流。
ま師匠は目標タイムをクリアできなかったそうで
かなり悔しそうな様子。
しかし1時間30分を軽く超えている。さすがだ。

師匠に計算してもらったら
15㌔から20㌔の間5㌔27分もかかっていた。
40切れないのは当然である。
たぶんドラミをやり過ごし、自分でも気がつかないうち
安心して力が抜けてしまったのだろう。

走った距離は裏切らないと前に書いたが
考えたら、9月の走行距離は300もいっていなかった。
やはり単純に走りこみ不足なのだろう。
ただ、自分だけで「走った気」になっていただけなのだ。

「20㌔も走った」ではいけない。
「20㌔しか走れなかった」と思わなければ・・・。
これは、ま師匠の名言である。

とにかく、ま師匠はポジティブだ。
「まだまだレースは始ったばかり!」

そうだそうだ!
まだ身体がレースに目覚めていないのだ!
これからレースごとに徐々にペースを上げていけばいいのさ☆

会場を後にして、北千住の駅ビルの餃子屋で
とりあえずビールと餃子を食う。
うまかった。
反省会&残念会は滞りなく終わるが
どうにもこうにも、お互いうっぷんが溜まっているものだから
「やっぱカラオケでしょう☆」ということで
カラオケ屋で餃子のニオイを撒き散らしながら
お互い2時間、気が狂ったように歌う、歌う、歌う、踊る・・・
はじめは暗い歌シリーズで
上田正樹、森田童子、井上陽水などを歌い、お互い泣きをいれておいて
アリス、松山千春、チューリップ、矢沢栄吉を師匠が熱唱。
こちらは、平井賢、イエモン、スピッツ、テレサテン、ジョージ山本などで応戦する。
なつかしいとこで、はしだのりひこ、黛ジュンなんていうのも飛び出した。
最後は、もうどちらの選曲か分からなくなって
歌声喫茶みたいになってしまった。
帰り際、ま師匠が「雨ふり道玄坂」などというわけの分からない歌を
歌おうとするので制止したが、途中で分からなくなりヒンシュクを買う。
気をとりなおし、「長い夜」で締めくくる。
これはかなりうまかった☆なかなか・・

しかし、なんと言っても
このカラオケでの完成された形は
「喝采」で決まりだった。
なんぴとも、あの神々しいまでの「世界」には
触れることができないだろう・・・って誰も触れたかないだろうけど。☆

このクレイジーなカラオケ大会のおかげで、今日のレースのことは
総てすっかり忘れさせてもらった。

明日から、また仕切りなおしだ☆

やっぱり、「師匠」は「真の師匠」でありました。

by Ricophoo | 2006-10-15 22:00 | スポーツ | Comments(6)

夢舞いマラソン

懸賞 2006年 10月 10日 懸賞

10月8日快晴(時々強風)。
第7回東京夢舞いマラソンに参加した。
「東京に3万人のランナーが走る市民マラソンの実現」を
スローガンに2001年から準備、開催されてきたが
とうとう、その「夢舞い」の悲願である
「東京マラソン」が来年2月に開催される運びとなった。
目的を達成したこの「夢舞いマラソン」も
今年でとうとう最後となるようだ。
手作りの旗に「ありがとう!東京夢舞いマラソン」の文字が
書いてあった。何だか淋しかった。

今年は開催されることも知らなかったランナーも多く
規模も縮小されていたせいか
ざっと見たところ500人くらいの参加だったようだ。
東京マラソンとほぼ同じコースを通るワンウェイのコースとなるので
着替えの洋服や荷物は受付で預けて
ゴールまで運んでもらう。

新宿中央公園の会場に着くと、すでに、ま師匠が来ていた。
お互い受付を済ませ、しばらくすると
ジョグノートのお友だちSさんも来た。

9時から1分刻みでのスタート。
私達は9時8分に走り出す。
青梅街道をとおり、飯田橋の前から大手町の皇居付近に出て、
日比谷公園から第一京浜を品川へ。この日は、日比谷公園でも、港区の公園でも
いたるところでなにかしらのイベントやお祭りがやっていて、
人の波をかきわけて、走らなければならず、大変だった。
親に手を引かれた小さな子供が「あの人たちどうして走ってるの?」と聞いていた。
走りながら、「どうして走ってるんだろう?」と、しばし考えた。
品川の少し手前で折り返し、日比谷公園を過ぎて銀座4丁目へ。
そこではゼッケンをはずし、歩くことを余儀なくされる。
なので平行した道を東京駅まで、そこから本道にはいり、新大橋通りを北東へ。
この辺ではSさんのナビがなければ絶対
迷走していたはずだ・・・。(Sさんに感謝!)
時々、師匠が女性ランナーのストーキングを行なっているのを
後ろから眺め、「やってるやってる!」と思いつつ、御成門の前で折り返し。
まぁ師匠の名誉のために言っておくが、
ストーキングといっても、すらりとしたキレイな足を持って
颯爽と追い抜いていく女性に特に悩殺されるようで
すこし後ろを遠慮がちについて行くだけで・・・。
常識ギリギリの許容範囲かと・・・(汗)
これは、まぁ、男性の本能というべきものですか・・・。
あ、これって名誉でも何でもないか・・・。

今年の夢舞いはお天気もよかったせいか
なんとなくみんなフレンドリーな感じだった。

Sさんや師匠、一緒になった他のランナーさんたちと
楽しくお喋りしながらのRUN。折り返しのランナー、ボランティアの人たちとも
気軽に声を掛け合ってとても楽しく走れた。
銀座4丁目まで戻って、銀座の歩行者天国を
汗だくの格好で歩く。
しかも師匠がリュックを背負っていたため、
背中が擦れて痛いので絆創膏を貼ってくれと頼んできた。
汗だくのTシャツを捲り上げ、Sさんと協力して
師匠の背中に絆創膏を張ってあげたりした。
この異様な3人組は、銀座のオシャレな歩行者天国の人たちの目に
どう映ったのだろうか??
強制歩行が解除になり、晴海通りを南下し、再び
新大橋通りから、橋を渡り豊洲へ。新しくできたばかりの
ららぽーとのオープンに重なって豊洲周辺は大変な人だかりと渋滞でびっくりした。
でも、ウォーターフロントの景色は抜群。この辺が40kmちょい前。
あと少し・・・なんだけどゼイゼイ・・・
足取りがかなり重くなってきた。
Sさんも師匠も颯爽といい感じで走っている。
う~む。ここで脱落するわけにはいかない。と
最後の力を振り絞り、国際展示場ビッグサイトのゴールへ猛ダッシュ。

総時間数5時間30分。
信号で止まったり、強制歩行などを差し引けば、この42・195キロは
師匠の秘密兵器によると
㌔5分10秒くらいのペースで3時間45分のタイムだそうだ。
なかなかいいペースで走ることができた。

起伏のない平坦なコースでとても走りやすかった。
それに何と言っても、新宿の高層ビル群から始まり
皇居、銀座、浅草、雷門、日本橋、東京タワー、歌舞伎座、
レインボーブリッジ、お台場の大観覧車、
数えたらきりがないくらい景色には見ごたえがあった。
東京マラソンで、また同じコースを走れるのが楽しみになってきた。

走り終わって、Sさん、師匠と共にビールを飲んでくつろいでいると
気象予報士の「森田さん」がゴールしてきた!
思わず「お疲れです!」と声を掛けたら
疲れた顔でにっこりと微笑んでくれた!わ~い。

タイムも順位も競わない大会だけど
みんなで声を掛け合い
心から走ることを楽しめる
手作りの温かい大会だ。

4年前から参加しているが
年々、参加者の意識も高くなってきているし
マナーも向上している。
夢舞は確実に進化して成熟していると感じた。
実は東京マラソンよりも「大人の」「マラソン好きの人のための」
マラソンなのじゃないかと思う。
この夢舞は今年で最後にしないで
ずっとずっと続けて欲しい大会だ。

by Ricophoo | 2006-10-10 00:07 | スポーツ | Comments(4)

夢舞い そして東京マラソン

懸賞 2006年 10月 07日 懸賞

パリ、NY、ロンドン、ボストン、ベルリン・・・
世界の大都市には市民ランナーも走る
大規模なマラソンレースがある。
2001年、「東京で3万人が走る市民マラソンを!」というスローガンで
始った「東京夢舞いマラソン」が今年7年目を迎える。
「東京の街を市民ランナーが走れるマラソン大会かぁ!」
「新宿の高層ビルや銀座、浅草雷門、両国国技館前、お台場・・
実現したら、いろんな景色を眺めながら走れる大会として
世界中のランナーが喜んで参加するレースになるだろうなぁ!」と
初めて参加した2003年。そんなことをぼんやりと考えていた。

夢舞いの「ゆ」は、障害者も含め、みんなに公平なチャンスがある
「ユニーバーサルデザイン」の「ゆ」。
「め」は東京を代表する「目抜き通り」の「め」。
「ま」は、走らない人も共に沸き立つ「祭り」の「ま」。
「い」は、「江戸っ子らしい「粋」の「い」、という開かれた市民マラソン
必須の4大コンセプトの頭文字に由来しているという。

夢舞いマラソンは、東京マラソンの実現のための広報活動が主な目的で
そのために、みんなお揃いのTシャツをきて走る。
フルマラソンと同じ42.195キロの距離をタイムを競わず
のんびりゆっくり、歩道橋を一列になって上り、横断歩道で立ち止まり、
歩行者に挨拶しながら、
東京の街の景色を眺めながら、本当に心からランニングを
楽しむための大会だ。
私は、この大会が大好きで、2003年から毎年参加している。
「いつか本当に東京に3万人が走るマラソン大会を開催できたら・・」
主催者、参加者ともに一丸となって思い続けた願い。

そして、夢舞いが悲願としていた東京マラソンがいよいよ来年2月に実現する。
驚くことに、募集人数2万5千人を大きく上回る9万5千人の応募があったという。

その東京マラソンの抽選結果が10月5日に発表された。
結果は、「当選」。
すごくうれしかった。
夢舞いの思いが叶ったことも、さることながら
最近なんにもいいことの無かった私に
神様がくれた最高のバースデイプレゼントになった。

倍率は3倍。抽選に漏れてしまった人も
たくさんいる。
いろんな人たちのいろんな思いを
力にして、東京マラソンでは、楽しみながら
自分の力を思い存分に出し切って
精一杯、心して走ろう!

明日は、その東京マラソンのコースを
そのまま走る第7回東京夢舞いマラソンだ。

f0036354_2118191.jpg新しく買った、MIZUNOのウェーブエアロを履いて
楽しんで走ってくるつもり。
通年参加者は1000~2000人ほど・・・。
レースじゃないけど、この大会は最高に楽しい大会ってこと
もっとたくさんの人たちに知ってほしいなぁ。

by Ricophoo | 2006-10-07 21:12 | スポーツ | Comments(0)

日曜美術館30年展

懸賞 2006年 10月 01日 懸賞

f0036354_22324820.jpg東京藝術大学大学美術館で行なわれている
日曜美術館30年展を観てきた。
1976年から放送されているNHKの
「日曜美術館」が1500回を迎える。
その30周年の記念として
番組で紹介された名画・名品を一同に集めた
豪華な美術展だった。
作品ゆかりの著名人達のインタビュー記事や
映像と共に一つ一つの作品が展示されていて
作品にまつわる由来や画家たちの
知られざる一面も知ることができ
普通の美術展とはまた違った面白い鑑賞ができた気がする。

まず入場者を出迎えてくれたのが
荻原守衛の彫塑「女」。
見事に女の醸し出す苦悩を表していて
しばらくぼうっと眺めてしまった。
作品からは、とにかくすごいオーラが滲み出ていた。

黒田清輝の「読書」と高橋由一の「鮭」、高村光太郎の「手」
ピカソの「肘をつく女」、それから佐伯祐三の「ガス灯と広告」
みんな見たくてたまらなかった作品ばかりだ。

ただ見て通り過ぎてしまったかも知れない作品も
番組の中で著名人が語る「夢の美術案内」
「作家が作家を語る」「アトリエ訪問」・・といくつかの
ブースに別れ、映像や文章で紹介されているので
感動もひとしおだったし、今まで知らなかった作品も
味わい深く鑑賞できた。
特に作曲家の武満徹さんの「私とルドン」など
ルドンの描く『起源』「おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」
の中の瞳の持つ意味を武満さんならではの解釈で
「生命自体が本来持つ記憶の
最初の視線なのでは・・」と
解説されていたのは「なるほど・・」と唸らされてしまった。

ジョルジュ・ルオーの「たそがれ あるいはイル・ド・フランス」
では、山の向こうにある陽の光は
キリストが陽の向こうにいるのではなく
実はキリストは横にいて「今は苦しいけれど共に一緒に行きましょう」と
伝えているのだ。と作家の故遠藤周作さんが解説していた。

今東光さんの友人だったという関根正二さんの作品「子供」。
貧乏で暮らしもままならない中
朱赤の絵の具を贅沢に存分に使って描いて
関根のバーミリオンとその名を世間に知らしめたのだそうだ。

戦争と時代に翻弄され、夭折した画家
横山操さんの「絶筆」「雪富士」は
力強さと繊細さ、感性の鋭さが際立っていて
とにかく圧倒された。
横山さんのことは、今まで知らなかったので
それだけでもこの美術展を観にいった甲斐があったものだ。

f0036354_22351056.jpgそのほか、岡本太郎、ルノワール、モネ、中川一政、
棟方志方、杉山寧、熊谷守一など…
素晴らしい作品ばかりで、とても見ごたえがあった。

帰りに雨が降る中、国立競技場に荷物を預け
外苑の周りをぐるぐる走って帰ってきた。

芸術の秋、スポーツの秋を満喫した一日だった。

by Ricophoo | 2006-10-01 22:29 | アート | Comments(0)