<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

眉毛犬と青春の日々

懸賞 2007年 02月 24日 懸賞

「学生時代何かスポーツをやっていた?」
マラソン仲間のオフ会などで、よく交わされる言葉だ。
「ええ、まぁ・・中学、高校とずっと陸上部でした」などと言おうものなら
「ひゃ~!それはスゴイ」などど歓声を上げてもらえたりする。
しかし、それはちゃんと「やってた人」の話。

確かに私は中学、高校とずっと陸上部に所属していた。
所属はしていたものの、キチンと練習をしていた記憶があまりない。

陸上部の主役といえば、やはり100メートルだろう。
しかし、私は遅いので、コーチや先生に「これからは、中距離の時代!」と
うまく丸め込まれ、トラックを2周も全速力で
走らなければ成らない800メートルをやらされていた。

800メートルはキツイ。
あまりにキツイので、始めは大人しく練習すると見せ掛けて
こっそり抜け出して練習をサボっていた。

練習をサボって何をしていたか?
ロクなことをしていなかった。
特に高校時代となると、美術部との兼部で陸上のユニホームを着たまま
殆ど美術室に立てこもり、下手な絵を描いたり
漫画を読んだりしていた。
喉が渇いたら、(当時は瓶が主流だったため)校内のゴミ箱に
捨ててあるジュースの空瓶を拾い集め酒屋へ持って行き、得た小銭で
1・5ℓのファンタオレンジを買いラッパ飲みするという
可憐な女子高生でありながら、
まるでホームレスのオヤジのような生活を送っていた。

高校の校舎には、よく野犬が迷い込んできた。
授業中にも中庭を通って、平然と教室の中にまで入ってくる有様だった。

たいがい、ラッパ飲みしている時に野犬は教室に入ってくる。
なので、捕まえて眉毛を描いて送り出してやる。

教室を出た野犬は、うら若き乙女の園で
女子高生達に囲まれ「あ、眉毛犬、かわいい~♪」と大人気。
お菓子をもらったりして幸せそうだった。

f0036354_2221225.jpg眉毛犬アーチストとしては、やはり
白い犬が迷い込んできた時などは色めきたった!
まっさらな白いキャンバスに筆を入れるときの歓びは、
何者にも代えがたい。
今でも白い犬を見かけると、ちょっと捕まえてみたくなる。


動物愛護団体から、動物虐待のそしりを受けそうだが
今は昔、20数年も前の話である。時効成立。

あの頃キチンと練習していたら・・・・
悔やまれる青春の日々。

by Ricophoo | 2007-02-24 22:27 | かわいい

ドラ!どら!ドラ!

懸賞 2007年 02月 23日 懸賞

f0036354_1424520.jpgドラえもんを見なくなって久しい。
(花園ようちえん前にて激写  これはもう完璧なアートだ!)






息子と金曜日の夜に、のんびりとドラえもんを見ていた
平和で懐かしい時代もある。

あの頃、私と息子の間では、
ドラえもんがひみつ道具を取りだすときに、張り上げる声マネがちょっとしたブームで
ドラえもん放送後の我が家は、言うなれば狂ったショーパブのような有様だった。

息子は厳しく私に何度もダメ出しをしてくる。
「今のは全然なってない!」とか
「修行しなおせ!」とか容赦がなかった。

息子の「今のは、まぁまぁだね」という言葉が出るまで

「タケコプターぁぁぁ!」「スモぉールライトぉぉぉ!」
声を張り上げ、繰り返す私。(狂ってる)

近所の人は、よくぞ通報しなかったものだ。

なので、「大山のぶ代が、ドラえもんを引退するらしい」という
ニュースが日本中を駆け巡った時は、実にショックだった。

しばらくはショックを隠せず傷心のままテレビを見ていたが
現実を受け止めなければ、前には進めないという結論から
我々は「ポストドラえもん」について激しく語り合った。

しかし、のぶ代以外のドラえもんなど考えられなかった。
そうした激論の末、私達が生みの苦しみに喘ぎながら
選んだ次期ドラえもんは
料理研究家の「小林カツ代」だった。

「もう、最後にすがるのは、カツ代しかいない・・・」と。
テレビ朝日に電話をして直訴しようかと思ったくらいだ。
しかし、我々の夢ははかなく消えた。(いけると思ったんだけどなぁ)
それからしばらくして、可愛らしい声のドラえもんが誕生した。
大山のぶ代の引退を受け、私もドラえもんを引退した。

息子は現在のドラえもんを、どうやら未だに受け入れられないようである。

同様に、現代を生きるイマドキの3、4歳の幼子は、のぶ代のドラえもんを
拒絶するのだろうか?怖がりはしないだろうか?


f0036354_1455166.jpgf0036354_1464129.jpg








20キロ減量成功!    記憶スケッチアカデミーより
しかし、これはもう     こんなおばちゃん見たことある。
ドラえもんじゃない。

by Ricophoo | 2007-02-23 02:12 | アート

東京マラソンカウントダウン☆

懸賞 2007年 02月 17日 懸賞

f0036354_21134362.jpgスタートまで37時間14分54秒。
東京マラソンの受付会場である
東京ドームに掲げてあった
カウントダウンの電光掲示板に記された時間だ。

受付は金曜日の夜、仕事帰りに行なった。



ドームの中は東京マラソンエキスポ会場になっており
アディダスやアシックス、各スポーツメーカーなどの
ブースが出展していて、終了時間間際だというのに
まだまだスゴイ人の波で大変な盛り上がりだった。

ゼッケンや記念Tシャツをもらい
あわてて場内を見て周り帰宅した。
時間があれば、もっとゆっくりと買い物をしたり
お祭り気分を味わいたかった。

時は過ぎ、あと12時間と少しで、いよいよ東京マラソンが始る。

ここのところニュースでは、東京マラソンの話題が目白押しだ。
今日も両足義足のランナーの話題を紹介していた。
事故で両足を失い、リハビリの末フルマラソンを走れるようになったという。
ベストは7時間20分。東京マラソンの制限時間は7時間だ。
彼は制限時間を目標に頑張って走ると語っていた。

車椅子の方、視覚障害の方、知的障害のある方も多く参加されると聞く。

障害のある人も、ない人も
同じスタートラインに立ち、同じ風を感じ、同じ景色のなか
多くの人々の声援を受け、それぞれの自分らしい走り方で
同じゴールを目指す。
考えたらとてもスゴイこと、素晴らしいことだと思う。

明日は3万人のランナーが
様々な思いを乗せて、東京の街を駆け抜ける。

明日は、みんなで大いに楽しんで走れたら!と思う。
レースを楽しく盛り上げることが、東京マラソンを一人でも多くの人たちに愛される
アジア一、世界一のマラソンレースに作り上げていく
第一歩だと思う。

明日のお天気は、朝のうち雨
風も強いという予報だ。

風はとても苦手だけど、負けるもんか!
大好きな東京の街を3万人の仲間と走れる!
それだけで最高!

笑顔で走ろう!

次の自分を見つける42・195キロの旅の始まりだ。

by Ricophoo | 2007-02-17 21:17 | スポーツ

うじき

懸賞 2007年 02月 17日 懸賞

私が学生の時から、朝のニュースは「やじうま派」と決まっている。
吉澤アナVS川瀬まゆみアナVSコメンテーターの塩田丸男という
三つ巴の険悪な雰囲気が、朝の爽やかな空気を
ぴりりと冷ややかで、引き締まったものにさせていた時代からだ。

しかし、ここ1、2週間
NHKの「おはよう日本 首都圏」を数分だけ見ることにしている。

その理由は「うじき」である。
f0036354_051537.jpg「おはよう日本 首都圏」の平日の朝を担当している
松尾剛アナは、俳優(?)の
うじきつよしに似ている。

はじめてみた時
私と息子は、どちらかが先に言い出すともなく、ほぼ同時に

「うじき」

と呟いていた。
それ以来、必ず朝テレビを付け

「うじき」

と呟いている。

最近では、どちらが先に
絶妙のタイミングで呟くか・・・
毎朝「うじき」のプライドを賭けて戦っている。
朝から「男まつり」ならぬ「うじきまつり」で忙しい。

そのタイミングというのは
速すぎても、遅すぎてもいけない。

私達の中では暗黙の
ベストタイミングというものが
出来上がっていて、ほんの僅かな
数秒のずれも許されない。
言葉ではいい現せない、とてもデリケートで微妙なタイミングなのだ。

仮に勇み足で
タイミングのずれを感じつつ
「うじき」と呟いた場合には
かなり後味が悪いので
お互い素直に謝ることにしている。

土日である週末の朝に「うじき」はいない。
しばしの休戦である。

by Ricophoo | 2007-02-17 00:53 | 息子ネタ

つれずれなるまま

懸賞 2007年 02月 12日 懸賞

久しぶりに自由が丘のヴィレッジ・バンガードへ行った。
「遊べる本屋」の名のとおり、相変わらず
訳のわからないものや、かわいいもの、不思議なモノが
所狭しと並べてある、おもちゃ箱をひっくり返したみたいな本屋さんだ。
今日は、とくに「これは!」というものに出会えず
店を出ようとした時、聞き覚えのある声が…。

「ペルリ」じゃないか!!

懐かしのペルリ!

息子が中学生の時、1年間
早○田大学の学生に家庭教師を頼んだ。
とにかくこの学生、「大丈夫!大丈夫!」などといいつつ
勉強などちょっとしか教えてくれず
教えてくれたのは、マニアックな、おもしろフラッシュの
サイトばかりだった。
なかでも、私達が一番好きだったのが
「ピアノのおけいこ」だ。
ピアノの先生のペルリが
無反応で抵抗してくるミキコを
片言の日本語で怒りまくる声が最高に笑えた。

そのペルリの声を辿っていくと
なんとDVDが販売されているじゃないか!(なんで今頃?)
これは即買い!と思いつつ
流れている画像をみると
あのフラッシュのペルリではなかった・・・。
あの画像と声が絶妙な不安定感を醸し出していたから良かったのに。
残念・・・。

そういえば、吉野家のゴルゴシリーズのフラッシュも何度も見た。
3人で勉強のことなど忘れて
フラッシュ倉庫を見ながら笑い転げていた日々を思い出す。
なぜ毅然と「もっと勉強を教えてください」と言えなかったのか、今となっては悔やまれる。
あの早○田の学生、いまごろ、どこでどうしているのやら。

f0036354_21355082.jpg面白いものと言えば昨日
渋谷のセンター街の衣料品店の軒先につるしてあった
ジャージに目が釘付けになった。思わず写メ☆
「師匠 弟子に厳しく嫁には弱い」
これは、もしかして我が師匠S氏の事ではないのか!
感激のあまり、取るものもとりあえず師匠にお知らせした。
師匠は、いたく喜んで下さった。
第一弟子としての面目躍如とひとりごちる。
いや、まてよ?本来ならば、あのジャージを進呈して差し上げるべきではなかったのか?

f0036354_21531348.jpg←これは以前ヴィレッジ・バンガードで購入した、かえるのポストカード集の中の一枚。
ヴィレッジ・バンガードのことを書き、ポストカードの存在を思い出す。
ナメ猫っていうのがあったが、こういうのナメ蛙っていうのかな。




f0036354_21344516.jpg←このゴマちゃん、職場近くのコンビニで購入。見ていると、なぜだか癒される。あまり本文とつながりがないけど、
かわいいので掲載。
昔、息子が「少年アシベ」のゴマちゃんのぬいぐるみを持っていたけど、どっかにいっちゃった。
きゅーきゅーって鳴いて可愛かったのに。

by Ricophoo | 2007-02-12 22:13 | かわいい

国立新美術館

懸賞 2007年 02月 10日 懸賞

f0036354_2211236.jpgf0036354_22125987.jpg


国内5番目の国立美術館として
今年1月にオープンしたばかりの
国立新美術館へ行って来た。


六本木交叉点より徒歩5分
乃木坂駅からだと徒歩2分という立地のよさ。

建築家黒川紀章氏による設計デザインのその建物は、
ガラスのカーテンウォールが、波のようにうねる美しいフォルムで
正面から見るとまさに圧巻。その近未来的デザインは
これからの東京のアートシーンを牽引していくに
ふさわしい素晴らしい建物だった。

建物の中は光が降り注ぎ、広々としていてシンプル。
とてもゆったりとアート鑑賞ができそうな予感。
なにしろ、地上4階地下1階で
展示スペースにおいては14000㎡もあるのだそうだ。

アートセンターの名のとおり
コレクションをもたず、企画展などを中心に
展示を行なっていくとう、ちょっと日本では新しいタイプの美術館だ。

現在の企画展は
「異邦人達のパリ ポンピドーセンター所蔵作品展」
「黒川紀章展」
それから、私が観た
「国立新美術館開館記念展 20世紀美術探検」である。

とにかく広い広い・・・。
すべて観て周るのに息がきれた。

f0036354_2214556.jpg20世紀美術探検ということでキュビズムからはじまり、
シュルレアリスム、モダン、ポップ
ミニマリズム、ダダイズム、アヴァンギャルド、
マテリアルワールド・・・など
ちょっとばかり、前衛的で小難しく
首をひねるような作品も多くあったが
私がとても気にいってしまったのが
クルト・シュヴィッターズのコラージュ(メルツ)である。

キッチュでモダン、アバンギャルドでポップ。
「あ~!時間があれば、日がな一日、切り貼りして過ごしたい!」
そんな制作意欲が、むくむくと
かき立てられるようなこ気味のいい作品ばかりだった。
そういえば、ここ数年、アートを生み出す生活から
ひどく遠ざかっている。
これはやばいぞ。

by Ricophoo | 2007-02-10 22:19 | アート

釣り馬鹿

懸賞 2007年 02月 10日 懸賞

先日、なにげにニュースを見ていたら、なんともご機嫌なニュースが流れていた。

そのニュースとは次のようなものである。

命じられた訓練をサボって海釣りをしていたとして、航空自衛隊は5日、航空システム通信隊に所属する40代の技官を6日から停職5日の処分にした。技官は「釣りがしたくて仕方なかった」と説明しているという。航空幕僚監部によると、技官は長崎県・福江島(五島市)のレーダー基地でシステム関係の運用状況を確認する訓練への参加を命じられた。だが当日の昨年10月4日未明、宿泊していた基地内の隊舎を1人で抜け出し、遊漁船に乗って海釣りに出掛けた。釣り道具は現地で調達したという。夕方になって一緒に訓練に参加した同僚が技官がいないのに気付いた。「どこかで訓練をしているだろう」との認識だったため気付くのが遅れたという。

「釣りがしたくて仕方なかった」という言い訳にならない言い訳が泣かせる。

f0036354_0402772.jpg西田敏行も真っ青の、これぞ真の釣り馬鹿である。
ところで、当の技官さん、大物はヒットできたのだろうか?
気になるところである。





釣りといえば、毎週土曜日の夕方、テレビ東京で放送されている
2大釣り番組「ザ・フィッシング」と「つりロマンを求めて」をご存知だろうか?

たたみ掛けるような2本立。
土曜のこの時間に家にいると
必ずと言っていいほど、ついつい見てしまう番組だ。

釣りの趣味や習慣もない私と息子が訳もわからず
画面に吸い寄せられるように見続けてしまうのだから
釣りバカにとっては、なんともこの上ない至福の番組であることは間違いない。

前者「ザ・フィッシング」は、どちらかと言うと
ビギナーや女性向けに作られているようだ。
女性タレントがプロにフィッシングテクニックの
指南を受けながら次々に大物をヒットしていく・・・
そんなハウツー番組っぽい所が女性アングラーの心を掴んでいるのだろう。
今年に入って、
「女三人日本海メバルパーティー」
「女の釣道~カワハギ」
「冬の磯でメジナ激釣!」などが、すでにオンエアされている。

「女の釣道」ときたもんだ。

釣り場は、もう男達だけのものではない!
「女釣りバカ日誌」の誕生を確信した。

一方後者「つりロマンを求めて」は、今の旬の釣りを基本にして
釣り場や釣りモノをタイムリーに紹介していく
ビギナーからサイズアップを狙うコアな熱きアングラーたち必見の
タイトルどおり「ロマン」を求めてやまない人たちのための番組だ。

過去の放送タイトルにも「ロマン」が溢れている。

「夢追い人 オホーツクの挑戦 大サーモン」
「出た!巨大タチウオ~大阪湾、伊勢湾」
「オーストラリアでバラマンディーを追う」
「投げ釣り天国」などである。

ん~。実にロマンですなあ。

しかし、いかんせん釣りに興味の無い人間にとっては
メバルパーティーも巨大タチウオも
何の意味も持たない。
なんのこっちゃ?である。

私の今の生活にバラマンディーやグレ釣り
キャッチ&リリース、ヘビータックルやハリス1.7号が
一体なんの役に立つのだろうか?
いや、いつかこの、どうでもいいような知識が役に立つ日がきっと来る。

知識が役に立つ日―。
それは私が「女釣りバカ」になるその日なのかも知れない。

これもどーでもいいことだけど
番組の中で、必ず「プロ」と呼ばれる人が
出てくるが、釣り界における「プロ」ってなんだ?
まてよ。それって「漁師」ってこと?

by Ricophoo | 2007-02-10 00:30 | スポーツ

抑圧の果てに

懸賞 2007年 02月 06日 懸賞

来る23日は、息子の高校での最後の頭髪検査だ。

ただの頭髪検査と侮る無かれ。
3年間、地獄のように厳しかった頭髪・服装検査を経て
たどり着く最終関門。
卒業式前の総決算、これが噂の最終頭髪検査なのである。
卒業チケットを手に入れていても
この最後の頭髪検査でチェックが掛かったらおしまいだ。
留年やバリカンが待っているかもしれない。
受験の日程よりも、頭髪検査に向けての
床屋へ行く日の逆算を気にしている息子がとても不憫である。

息子は言う。

「大学に入ったら、これでもかというほど髪を伸ばす。」
「70年代のハードロックバンドのギタリストのような髪型にする」
f0036354_005427.jpg←こんな感じ。
「いや、もっと凄いのがいい」





f0036354_810265.jpg←こんな感じか?






f0036354_0522100.jpg「ハリーポッターに出てくるホグワーツの森の番人、ハグリッドみたいなやつ。」






f0036354_012084.jpg息子は最近、少ないお小遣いの中から
さまざまな、ヘアトリートメント剤を購入しているようだ。
長く伸ばすと髪が痛むらしいので今からトリートメント剤で
髪を保護し労わっているのだと言う。
彼は、かなり本気だ。
ロックもやらないのに
そんな髪型にしてどうする?

厳しい抑圧もいかがなものか。
堤防が決壊する日もそう遠くない。

抑圧の果てに、息子が求めた
理想郷がそこにあるというのなら
母はそれもよしとしよう。

by Ricophoo | 2007-02-06 00:07 | 息子ネタ

ねにもつタイプ

懸賞 2007年 02月 04日 懸賞

f0036354_21383942.jpg今日、自由が丘のブックファーストで
岸本佐和子さんの「ねにもつタイプ」を買った。
数ページを読んだところで、心の底からわきあがる歓びを隠せず、思わず「こんなエッセイを待っていたんだよう!」と
叫びたくなった。
普段私が、なにげに思っているようなことを
そのまま言葉にして一冊の本にまとめてくれたようなエッセイだ。


たぶん作者である岸本さんと私は同タイプの人間じゃないかと推測する。

目の前に溜まっている仕事を前に
突如、どうでもいいようなことが、頭をよぎり
日夜どうでもいいような妄想にふけり、
日々どうでもいいような思索をめぐらしている。

たとえば
ちょんまげの不思議を描いた「疑惑の髪型」。
なぜちょんまげは、あんなに異常な髪型なのか。
わざわざ頭の前面の一番目立つ部分の髪をつるつるに剃り、
その上側頭部の髪を、これでもかとばかりに伸ばし
あまつさえその伸ばした髪を後ろで束ね棒状にして剃った部分に
乗せなおす・・・。何かの罰ゲームか恥辱プレイの一種としか思えない。
なぜあんな髪型をするようになったのか?
ちょんまげのことを考え出すと日常生活にも支障をきたすほど
頭から離れなくなるので
自分なりに納得した説明をいろいろと考え出す。
これがまた、最高にくだらなく面白い。

禿げた殿様に恥をかかせるわけには行かないと
家来達がこぞって、禿に近い変な髪型にしたという
主人と家臣の固い絆を物語る美談とする説。

お城で失敗した家臣への罰ゲームで、恥ずかしい髪型にさせられた。
その家臣が、その屈辱をバネに頑張り、出世したのをきっかけに
ちょんまげが不屈の奉公魂のシンボルとされたという説。

邪悪な宇宙人が襲来し、この髪型にしなければ人類を滅亡すると脅し
宇宙に帰っていった説・・・。

そのほか、
コアラの鼻の材質は何でできているのか?とか
頭の中で何かの拍子に「プリティウーマン」の曲が流れ出し
止まらなくなり、相打ちにさせるために「チェリーボム!」を召喚させる話。
肉の最もまずそうな動物ベストテンや
(ナマケモノ、アルマジロ、オオサンショウウオ、マレーバク・・・等)
「水ゼリー」のニュービジネスの話など。
くだらなさの極地満載だ!

まだ途中までしか読んでいないが
「郵便局にて」は、岸本さんでありながら
あれは私自身の思考そのものだ。

ナンシー亡き後、これは!というエッセイストに
今まで出会えず落胆の日々を送っていたが、
ニューヒロインの誕生を実感した。

by Ricophoo | 2007-02-04 21:46 |