<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

笑た

懸賞 2007年 03月 31日 懸賞

今、旬なのはやっぱり思想界の北島マヤこと外山恒一氏だろう。
8日の東京都知事選に立候補している外山恒一氏36才。
政見放送を目撃した息子に聞いて知った。
ぶったまげた。

なんで福岡在住の彼が東京都知事選に出馬しているのか・・・
その答えは彼の政見放送を聞けばわかる。
ていうか、「その話は長くなるから選挙ポスターを見てくれ」
と言っているが、その肝心の選挙ポスターは
どこにも貼っていない。(2種類あるらしい)
実は人手がなくてポスターを貼れないという噂だ。

あえてなんのコメントもしないが、
とにかく演説がうまい。間の取り方、あの演技力には舌をまく。

政府転覆を狙っているらしいが
個性派俳優を目指したら
いい線いきそうなんだけど。

by Ricophoo | 2007-03-31 13:13 | Comments(10)

ヒットの数々

懸賞 2007年 03月 24日 懸賞

f0036354_0393144.jpgここ最近のマイフェイバリットフーズは
紀ノ国屋のフィグブロートという、いちじく入りのドイツパンです。
これでもかというほどぎっしりといちじくが入ってて
パンでありながら、高級フルーツケーキのような味わい。
はっきりいって、うまいです。

特にセレブ感溢れる敷居の高い青山の紀ノ国屋での購入を奨励いたします。
フィグブロートの美味しさが3割がたアップします。
その際、決して他の高級食材の値段に怖れをなしてはいけません。
目玉が飛び出るほどの生鮮食品の価格が眼に入ったとしても
いかに平然と装うことができるかがカギとなります。
1玉600円のレタスを前にオロオロして、ポケットから貧乏が
飛び出さないよう注意しましょう。
毅然とフィグブロートハーフサイズ袋のみをレジに差し出す勇気。
ここまでくれば、もうあなたは立派な青山在住セレブリティです。
しかし、詰めの甘い私はついつい
小銭入れから、皺くちゃの千円札や
和民の破れたレシートなどを出したりして恥をかきます。
そんな時はフィグブロートの味が7割がたダウンします。

f0036354_0395487.jpgつぎに、今すっかりとりこになっているのが
「ゆずのまんま」という国産ゆずの砂糖漬けです。
コンビニやバラエティショップ、駅の売店でも購入可。
砂糖漬けなのに一袋全部食べても123キロカロリーというのも
ポイントが高いです。
スティック状になった柚子の皮は酸っぱくて、甘い、甘くて、酸っぱい。その繰りかえしがなんともやるせないです。

中学校時代、誰かが持ってきていたレモンのハチミツ漬けを思い出します。
クエン酸が豊富に含まれているので疲労回復にも効果ありの
ノスタルジック健康菓子、旅のお供に!育ち盛りのお子様に!
中高年のための滋養強壮に!

f0036354_04959.jpg春といえば、いちご。
と言うわけで、チロルチョコから出ている「ふんわりいちご」。
これも最近のヒットです。
ネーミングの通り、口に入れた瞬間にふわ~っと広がるチョコレートの溶けるような舌触りといちごの香りが、そよ風に乗って幸せな春を運んできてくれるような気がします。
たかがチロルチョコと思いきや、
新しい季節の幕開けを感じさせてくれる
ちょっとワクワクドキドキのチョコレートです。
一粒口の中に入れる度、すごく幸せな気分になれます。
なので、ちょっと食べすぎに注意が必要かも?

by Ricophoo | 2007-03-24 00:54 | おいしい | Comments(1)

将来の夢

懸賞 2007年 03月 17日 懸賞

「ボクの将来の夢は、体の不自由な人でも住みやすく使いやすい
家や家具を作る設計士になることです。そして作ったモノを売って、そのお金を少しは
生活費として使い、余ったお金は世界の生活に困った人や、治らない
病気の薬を開発する人たちに少しでも多くあげたいとおもいます。
設計士の仕事を、もし辞めてしまったら、絵を描いたりする
芸術家になりたいです。自分たちの見たことの無い世界を絵や
彫刻のなかで表してみたいと思っています。
もし、ここで書いたものになれなくても、自然を大切にして
人やものに対して思いやりの心をもって生きていきたいと思っています」

これは息子が小学校の卒業文集に書いた
「将来の夢」という作文だ。
小学生時代、散々先生に叱られていたことを思い出し
卒業文集の、その成長振りには、親ばかとわかっていても
当時はついつい目頭を熱くしてしまったものである。

時は流れ、高校卒業にあたって、息子に将来の夢を聞いてみた。

「俺の将来の夢は、やくざとかを裏であやつる闇社会の帝王になることだ。
国際手配で世界の警察から追われているようないわば暗黒街の首領。
しかし、そのかたわら自然を愛し世界平和を願うというような
善良な悪の総統みたいな感じ・・・。」

なのだそうだ。
目頭のひとつも熱くさせてもらおうと思っていたのに
あまりの大馬鹿者加減に、あきれて涙も出ない。
きのこに似ているくせに何が帝王だ。

人間変われば変わるものだ。
この6年間の間に何が彼をそうさせてしまったのか。
でも自然を愛する気持はどうやら変わらないらしい。

私はと言えば、ここのところ気になる職業がいくつかある。

その一つは、ギャラリストだ。

「お仕事は何をなさっていらっしゃるんですか?」
「ええ、ギャラリストをやってます」

アンニュイに前髪をかき上げながら
言ってみたいものである。

ギャラリスト・・・なんかカッコいいぞ。
職業欄に嘘でもいいから一度「ギャラリスト」などと書いてみたい。

でも一体何をする人だ?

このブログに載せるにあたり、意味を調べてみたが画商とかそういう類のものらしい。
じゃあ最初から「画商」と言えよ。
なんだか夢が壊されたみたいでがっかりだった。

二つ目は今話題の「すしポリス」である。

f0036354_235393.jpg欧米では「日本食」の看板を掲げていても、食材や調理方法など
本来の日本食とかけ離れた食事を提供しているレストランが
多く見られる。そこで「正しい和食」を守るべく、農林水産省は認証制度を導入して海外での日本食の信頼度を高め、「ニセ日本食」を取り締っていこうと動き出したのだ。その取締りを行なうのが「すしポリス」なのである。

あぁ。すしポリスになりたい。

制服には板前風白衣を着用。もちろんお約束ミニスカポリスだ。
手には小ぶりの冷凍マグロを持ち、
「NO!NO!SUSHI!」と叫びながら店内へ。

怪しげなカリフォルニア巻き末端価格にして1千万円相当を押収。
やっぱり寿司は江戸前に限る、あなごはタレが命だねぇなどと言い
そこらにある寿司らしきものを食い散らかしながらの職権乱用。
ジェームスとかマイケルとか言うイケ面寿司職人を逮捕しちゃうのだ。
即、お持ち帰りの強制連行。

アメリカでは現在「日本からすしポリスが来る」と戦々恐々としているらしい。
当たり前だろう。私が、すしポリスになった暁には
おまいらに好き勝手にはやらせない!ふふ首を洗って待っているがよい。

by Ricophoo | 2007-03-17 02:17 | 息子ネタ | Comments(4)

おふくろさん

懸賞 2007年 03月 09日 懸賞

OFFくろさんOFFくろさん・・・・
あ"~っ!誰か私を止めさせてくれぇ~!

森進一のおふくろさん騒動勃発の直後から、私の頭の中では、
あの名曲「おふくろさん」が流れ続けている。
あくまでセリフなしのノーマルバージョン。
しかも、「OFFくろさん」というフレーズだけがリフレインを
繰り返している。

しかし流れ続けているだけなら、まだいい。
少し油断をすると
つい身体を軽く前屈みにし、上下に身体を揺らしながら
今にも泣きそうな表情を浮かべ
OFFくろさんOFFくろさん・・・・
と歌ってしまうのである。

それを見ていた息子もつられてマネをする。

似てね~
全然森進一になってない。
目も当てられない有様だ。

こちとら、ものごころついてから今まで
伊達に「おふくろさん」のモノマネを
見てきたわけじゃないんだっ。
そこらのヒヨっことは年季が違うんだよ!と
言ってやりたい。

ふふふ、私の方がかなり巧い・・・と息子相手に
密かに優越感に浸る。

「おふくろさん」のモノマネをしていて
解ったことが一つだけある。

「おふくろさん」は
「OFF」の部分さえあれば
あとは何も要らないってことだ。

「OFF」の部分を強調しつつ「くろさん」は声にならないかすれた声で歌う。
その繰り返しだけで完璧。

セリフなどつけるのは邪道だ。

こんなことを書いていると
川内氏の怒りの矛先は確実に
森進一から私へと向けられることだろう。

そして川内氏は言う
「二度と歌うな!」と。

わかってるけど止められないんだよう。(涙)

by Ricophoo | 2007-03-09 02:26 | 音楽 | Comments(3)

息子のお気に入り(その1)

懸賞 2007年 03月 05日 懸賞

息子の入学式に着る洋服を作ってもらうために
梅が丘の仕立て屋さんへ行った。
渋谷から井の頭線、小田急線と
わざわざ電車を乗り継いで20数分あまり。
なにゆえ梅が丘?
コナカでもアオキでもどこでもいいじゃないか!

f0036354_094566.jpg洋服のナミキ。
それは梅が丘の駅から徒歩3、4分のところにあった。
悪いけど場末の仕立て屋さんといった風情だ。
息子がこよなく愛しているロックバンド
ミッシェルガンエレファント御用達の仕立て屋さんだということだ。
店内は紳士服の生地が山積みになって
壁にはミッシェルガンエレファントやお笑い芸人の写真、
NANAに出てくるスキンヘッドの人の
切り抜きなどがたくさん貼ってある。
それらの人たちの洋服はすべてここで作られているということだ。

どうやら知る人ぞ知る仕立て屋さんらしい。

60代の芸術家タイプの店主と
息子は何やら洋服について喋っている。
「モッズ系・・・」「ミッシェル風ね・・・」
「ネームはThank You Rockers I Love You baby T.M.G.Eでいい?」等
マニアックな会話でとても中に入っていけない。

採寸などをしている時も
何本も予約の電話がかかってきたり
出来上がった洋服を取りにきた人が2人もいた。
意外に繁盛している。

一体どこで調べたんだろう?やれやれ
受験勉強もせずにこんなことを調べてばかりいたのだろうな。

この日は息子が一年間お世話になった
英語塾の先生にお礼の挨拶をしに行った。
先生は、大手予備校でも活躍する結構有名な先生のようだ。
予備校に勤務する傍ら自宅でも英語塾をやっている。
先生は50代後半の男性。しかし7割方オネエ系が入っている。

ドアを開けると飛び出してきて
息子に飛び掛らんばかりの抱擁で出迎えてくれた。
相変わらず、慣れないとコワい。

毎回塾へ行くと「よく来たね~!」と言って抱擁。
息子も一番初めはびっくりしたようだが
直ぐに慣れたという。

別れ際、先生は
「すっかり友だちになったよね~♪またおいでね」だって。

「お世話になりました」などと言いながら

いや、先生とじゃなく
有名大学と友だちにさせて頂きたかった・・・
と喉まで出かかった。


笑顔で挨拶をする
息子の懐の深さに驚いた。

by Ricophoo | 2007-03-05 00:35 | 息子ネタ | Comments(2)

さはらにて

懸賞 2007年 03月 03日 懸賞

昨日は、インチワームスの会合(寄合ともいう)に参加させてもらった。
場所は池尻大橋にある居酒屋「さはら」。
私にとっては念願かなっての「初さはら」である。

実のところ私は、「さはら」と聞いて、単純に「サハラ砂漠」を
思い浮かべていた。
で、店内は月の砂漠をモチーフにしたステンドグラスが施され、
少し色あせたパリダカのポスターパネルなどが貼ってある。
それでもって、ちょいと小またの切れ上がった美人ママが
「あら、いらっしゃい!」などと言いながら
ピスタチオとキスチョコなぞをそっと出してくれる
パブスナック系の店をイメージしていた。
しかも、BGMには前川きよしの「東京砂漠」が高らかに流れ続ける・・・
そんな脈絡の無い妄想を抱いていた。

今まで何度か「さはら」の会合へお誘いを頂いたこともあったが、
都合が付かずそのたびに涙を呑んでいた。
なので日を追うごとに私の中での
「さはら」のイメージは憧憬と混沌とで大きく膨らんでいた。

しかし、今日私は「初さはら」を体験する。
身が引き締まる思いで
インチワームスの代表ysさんに教えてもらったとおり
池尻大橋の改札をでて商店街へ進んでいく。

f0036354_051441.jpgf0036354_0515827.jpg
しばらく行くと、あったあった!
大きな提灯が出ている!
これがあの「さはら」なのか!!
興奮のあまり、店の前で人目も気にせず「さはら」を激写!

私の抱いていたイメージとは随分違っていたが
そのイメージ以上に味のある店構えに感激しきり。

居酒屋兆治を演じる高倉健が背中を丸めてカウンターに座り
寡黙に日本酒などを飲んでいそうな気配だ。

川上弘美の「センセイの鞄」に出てきそうな雰囲気のある
居酒屋だった。

店に入ると風来坊さんとしろくまさんがいた。
まだみんな揃っていないとのこと。
店内は20人も入るといっぱいになってしまうほどだ。
でもまた、そこがいい感じ。
小またの切れ上がった美人ママではなく
寡黙なマスターが一人で、もくもくと料理を作ってくれた。

しばらくすると
骨折ランナーさん、つれぞうさん、インチワームスysさん、
(幟旗の嫌いなリーダー)レインマンさん
スリムアップスリムさん、女性トライアスリートのSさんやそのお友だちが
続々と到着。あっという間に店内は満員となる。

土曜日の駅伝大会の件、多摩川LSDの件、チャレンジ富士五湖の
議題など山積みなのに、話題は反れまくり。宴は盛り上がり
時間を忘れるほど楽しいひとときを過ごした。

料理もお酒もとても美味しく
大いに笑い、大いに飲み、大いに食べ、大いにおしゃべりした
楽しい夢を見ているような
あっという間の3時間だった。

まるで中学校の放課後の教室に
タイムスリップしたような感覚を覚えた。
20数年の時を超えて、心も身体も
中学生の頃に戻ったような気がした。
いや戻ったていうか、さはらでは
みんなが中学生そのものになる。
さはらはそんな魔法の力をもった場所なのだと実感した。

悲願達成。憧れのさはらを満喫し
大満足で終電に揺られて帰宅した。

蛇足:自分で何度も書いておいてなんだけど
「小またが切れ上がる」の「小また」って一体なに?
(なんか卑猥な感じもしないではないが。)

多分、私には一生無縁の形容だということは解る。
しかし、女として生まれた以上
「ちょっぴり小また、切れ上がってますね」などと言われて見たいものだ。

by Ricophoo | 2007-03-03 00:56 | スポーツ | Comments(19)