<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

さかな君 

懸賞 2007年 10月 24日 懸賞

息子は生物が好きだ。
特に爬虫類、両生類、魚類には目がない。

f0036354_995127.jpg f0036354_9121129.jpg先日購入したという魚型の新しいペンケースを見せてくれた。
このペンケース、シャープペン1本と消しゴム、水性ペン1本くらいしか入らない。
実に使えない筆箱だ。




f0036354_975484.jpgさかなという言葉を聞いて頭にうかぶのは
やはり今「さかな君」ではないだろうか。
お魚コーディネーターとして活躍し
テレビやラジオで引っ張りだこのさかな君。


魚の知識が豊富なだけでなく
実は魚の絵をたくみに描くイラストレーターでもあり
ある時は魚を上手にさばき調理し、
またある時は魚を焼いたニオイだけでその魚が
どんな魚か当ててしまう特技を持っている。

また、東京海洋大学の准教授、水産省水産政策審議会特別委員
千葉県立安房博物館客員研究員なども務めていることは
さかな君通で無い限り意外と知られていない事実である。

頭にはトレードマークである(ハコフグ)のぬいぐるみをかぶり
元気に飛び跳ねながら甲高い声で喋る姿が特に印象的だ。
その声は奇声と言うより絶叫に近い。
以前あまりのテンションの高さからTV番組収録中、
警察が来たという武勇伝も持っている。

息子はさかな君のモノマネが実に上手い。
まださかな君ブームがくる数年前から
鍛錬しているので、自慢じゃないが
さかな君のモノマネに関してだけは
息子の右に出るものはいないんじゃないかと思っている。

「んん~っっ平目はとってもおいしいんですぅ~~っっ!!」

途中で血管が切れてしまうんじゃないかと思われるような
頭から突き出るような奇声。
ただ飛び跳ねるだけだが身体全体が硬直しそうなボディパフォーマンス。
息継ぎの仕方に関しては、ブレスのタイミングが大変難しく
高度のテクニックを要する。

息子がさかな君のモノマネをし終わった後は肩で息をしている。
体力をそうとう消耗しているようだ。

息子は肺に穴が開きやすい体質で
過去に肺気胸で2週間の入院を余儀なくされた事がある。

息子にとって「さかな君」のモノマネはまさに
命を掛けた戦いでもある。

母としては、できればあまりやってほしくないモノマネだが
彼のモチネタとしては唯一メジャーな(一般人に公開可能な)モノマネなので
自己責任のもとで行なうことを約束させ
柱の陰から、涙をそっと流しながら見守っている次第である。

by Ricophoo | 2007-10-24 09:08 | 息子ネタ

熱いぜ☆

懸賞 2007年 10月 15日 懸賞

息子の誕生日が来た。今年で19歳。

感無量である。

字が読めるようになってから、毎年息子の誕生日に
カードや手紙を贈っている。
その時々により「友だちを大切に」とか
「いい書物と出会えるように」とか
いろいろとメッセージを贈ってきた。

今年は「人との出会いを大切に」と書いた。

人との出会いは大切だ。

息子の大学は初年度教育の充実が売り物で
留年や落第を極力させないように・・・ということで
ノートの取り方、講義の受け方などいろいろと細かな指導があり
出席カードなどの配布、管理なども大変厳しく教育されている。

大学だというのに、1年生は体育祭が行なわれ
すべての1年生は体育祭への参加を義務付けられている。
夏の終わりから連日のように練習が行なわれているが
練習に参加していても、体育祭当日に欠席したら
単位がもらえないという、それは厳しいお沙汰が待っている。

体育祭の練習はかなりハードで、一日何時間も練習を
させられる日もあるという。
19歳の若人達の体力をもってしても毎日の練習に音を上げる
こともあるそうだ。

先日息子に新しい友人ができた。
その友人とは体育祭の練習の時に知り合ったということだ。
息子の言葉を借りれば、その友人は50代とみられる
「禿げ散らかした頭髪の持ち主」なのだそうだ。
初めてその人を見たときは、
大学の事務の人、講師、あるいは教授だと思っていたらしい。
ところが何度見ても、自分達と同じ体操服を着ている・・・
ある日、その人が運動場で並ぶ場所を
息子に聞いてきたのがきっかけで知り合い
実はその人は社会人入試で文学部に入学してきた
正真正銘の大学一年生だということが判明した。
体育祭の練習は、その人にとって
とても付いていくのが困難と思えるほどハードなのだそうだ。
それでもその人は18、19歳の若者達に交じって
毎日毎日行なわれる練習に嬉々として参加しているという。
「禿げ散らかし」ていても、
青春を謳歌し、ある意味人生をとても楽しんで生きている。
こういう友人との出会いはとても貴重だ。
同年代の友人からは得られない
豊かな人生経験や興味深い話を聞かせてくれそうだ。
これからも年代、学部を超えた友情を育んで欲しいものだ。

その友人以外にも
息子には現在非常に気になっている人物がいると聞く。

その人は、毎日通学の電車内で見かける
40代~50代のサラリーマン風の男性だ。
どこから見ても日本人なのに
「デヴィット・ボウイ」にそっくりなのだという。
デヴィット・ボウイファンの息子は
今後、彼にどのように話しかけたらいいものか思案中だということだ。

元ブルーハーツ、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト
元イエモンの吉井和哉のコアなファンでもある息子。

息子の中では、今 4、50代がヒジョーに熱い!

by Ricophoo | 2007-10-15 22:04 | 息子ネタ

快走☆よこやまのみち

懸賞 2007年 10月 13日 懸賞

f0036354_13173178.jpgf0036354_13181366.jpg10月10日、流星さんとsumisumiさんに案内して頂き
憧れの多摩丘陵「よこやまのみち」を走ってきました。

町田市や稲城市、多摩市などをまたにかけた緑豊かな歴史街道です。


秋の草花が咲き乱れ、どこか懐かしく美しい里山の風景、
爽やかで新鮮な空気に包まれてすっかり
森林浴を楽しませていただきました。

朝、9時に流星さん、sumisumiさんと若葉台駅で待ち合わせ
流星さんは憧れのカリスマランナー。
外見、内面も、実年齢より20は若く見える
ダンディでインテリジェント溢れるナイスミドルです。
sumisumiさんとは初対面です。
小学生のお子さんがいらっしゃるとは思えないほどお若く
元気いっぱいの笑顔のステキな方でした。
学生の時には10キロ33分という素晴らしい記録をもつ
スーパーアスリートです。

そんなお二人と一緒に走るなんて、まったくもって光栄の至りです。

とりあえず整備された道を歩いて、よこやまの道のスタート地点へ。

噂に聞いていた、憧れのよこやまの道
万葉の昔から「多摩の横山」と呼ばれ、古の人々に
愛され続けていた味わいのある古道です。
木洩れ日の揺れる林の中を緩やかな小径を
流星さんの的確なナビで気持よく走らせて頂きました。

f0036354_13203981.jpgf0036354_1321833.jpg尾根を辿りいくと、時々見晴らしのよい場所に出ます。
多摩の街が見渡せる気持のいい景色。
あいにくの曇り空でしたが、お天気がよければ
遠くに丹沢の山々、富士山も見ることができるそうです。



f0036354_1326070.jpg小山田緑地を通り大泉寺へ。
こちらもまた味わいのある古い寺社でした。
境内にはキンモクセイの大木があり
秋の香りをあたりに漂わせていました。






f0036354_13223511.jpgキンモクセイの木の下で流星さんとsumisumiさんをパチリ!
お二人とも元気はつらつです☆






f0036354_13241542.jpg深い森の奥にある小野路城址を眺め
落ち葉の上をサクサクと下って走ります。
田園風景が広がる場所にでると
畑の中に「かかし」がいっぱい!
今はもう童話の中でしか目にすることがなかった「かかし軍団」に大感激の一瞬。




野津田の公園を抜け、ここで森と別れを告げ一般道へ戻りました。
通りかかったコンビニでアイスを買い食い。
こういう時食べるガリガリ君は、走り終えた後のビールに匹敵します。
最高に美味しかったです♪

黒川を通り、荷物を預けてある若葉台の駅へ到着。
24キロ、多摩丘陵RUNの終了です。

東京にもまだこんな素晴らしい里山が
残っていたんですね!
案内して下さった流星さんとsumisumiさんに感謝です!
あらためて有難うございました☆

by Ricophoo | 2007-10-13 13:15 | スポーツ

第8回東京夢舞マラソン

懸賞 2007年 10月 09日 懸賞

f0036354_1413555.jpg10月7日、第8回東京夢舞いマラソンに参加してきました。
第4回目から毎年参加しているので、私の中では、
「夢舞い」と言えば、もはや秋の風物詩となっています。

「東京に3万人が走る市民マラソンを!」
をスローガンに始まった
この「東京夢舞いマラソン」、
今年で8回目の開催となります。
すでにこのマラソンの目標だった

「3万人が走る」“東京マラソン”は今年2月にめでたく実現され
東京マラソン開催決定後の去年は、その存続自体が危ぶまれて
いましたが、やはり我等「夢舞い」の魂は消えず!
去年に引き続き今年もめでたく行なわれました。
この大会、「マラソン」とは言ってもレースじゃありません。
東京の街の風景を眺めながら42.195キロの距離を
楽しく走ることを目的とした、まさにランナーのためのお祭りです!

シーズン前の走り込みのためにマジ走りする人あり。
東京の街を写真を撮りながら観光ジョグする人あり。
観光名所で美味しいものを食べながらのグルメジョグを決め込む人あり・・・。
きつくなったら公園で一休みも、途中で電車に乗ってショートカットもOK!
交通ルールさえ守って走れば、どんなふうに走ってもOKな
自由で、気軽なそれは楽しい大会です。

今年は明治公園がスタートとゴールの会場です。
今年も、ま師匠とインチワームスysさんと待ち合わせ、
駒沢の主T氏とそのお仲間と合流
受付を済ませると、会場で久しぶりにジョグノートの
じれさんとフラックさんに遭遇、大感激でした。


f0036354_1482299.jpg今年の参加賞は「夢」という刺繍が縫いこまれた
リストバンドです。
お師匠様、「これはいいや!」と大そうお喜びになり
早速リストバンドで鼻をかんでいらっしゃいました。




f0036354_1412314.jpgf0036354_1474296.jpg
大会ゲストはおなじみTBSお天気キャスターの森田さん
自転車の中野浩一さん、TBSアナウンサーの久保田さん
スパルタスロンなどに挑戦されている落語家の方…と
和やかな雰囲気のうちに開会式が行なわれました。

9時ちょうどのスタートですが、なにぶん歩道を走るため混雑を避け
受付順に10名前後に分けられ1分毎のスタートです。
私達は9時14分からのスタートとなりました。

今年のコースは 表参道→青山霊園→東京ミッドタウン→東京タワー
→日比谷公園→銀座→日本橋→浅草→隅田川テラス→永代橋
→厨橋→吾妻橋→言問橋→谷中→西日暮里
→六義園→小石川植物園→水道橋→皇居→紀ノ国坂→安鎮坂→青山通り
→明治公園ゴールでした。

自由な大会ですが、唯一の規則は
歩道を走り、交通規則を守ることのみ。

赤信号の度に止まり、歩道橋を渡り、人ごみの多い場所では歩く・・・

なので同じ42.195キロでもかなり身体にこたえます。
100キロのウルトラマラソンに参加された方が
「ウルトラよりキツイ」とおっしゃっていたそうです。
青信号が点滅を始めると、みんな途端に速度を速め
赤信号になる前に渡りきろうと躍起になるので
じれさん曰く「42キロのインターバル」とは、まさに言いえて妙です。
先に走っていても、信号待ちで後から来たグループに吸収されたり
走っているうちに、知らないランナー同士が仲良くなったり
仲間で参加しても楽しい大会ですが
一人で参加しても、ゴールの頃には一緒に走った仲間との
不思議な連帯感が生まれ、結束力を高め合いながら、いつのまにか
42キロを走れてしまいます。

今年の私の「夢舞い」は終始身体が重く
過酷な42キロとなりました。

日本橋を通りかかった時、
ただでさえ疲労が土用波のように押し寄せ、無口になっていた私に向かい
大きく「日本橋」と書かれた橋の前で
お師匠様が何度も「え?これなんていう橋?」「コレなんていう橋?」
と幼児のように、しつこく聞いてくるので、ぶち切れそうになりました。

「にほんばしだよっ! 日本橋っ!」(怒)

六義園や小石川植物園を通るときは
「ここはね、ボ、ボクんちの近く!いつも走ってるところだお!」と大はしゃぎ。
怒髪天突!疲れがピークに達しました。

あと5キロ・・・!もうすぐゴール!と
少し希望の光が見えてきた頃
恐ろしい坂が二つも待ち構えていました。
上智大近くの紀ノ国坂と明治記念館沿いの安鎮坂。
周りの景色が白くかすんで見えました。
ヨレヨレ、ふらふらになりながら一歩一歩
歩を進めます。レースでも何でもないのに
なんでこんなにキツイことやってるんだろう??
涙が出そうになりました。

今日はヤクルトの古田監督の引退試合。
混雑が予想されるので
ラストのコースが少し変わり
外苑前をちょびっと遠回りして外苑西通りから明治公園へ。

ゴールテープ前、私が後方より力尽き、しおしおになって付いて来てると
安心して油断をぶっこいているお師匠様。(しめしめ)

ふふふ。この瞬間が来るのを42キロの間
虎視眈々と狙っていたのさ!

すかさずお師匠様の脇から猛追スパートをかけ
お師匠様を出し抜き、見事にゴールテープを切らせていただきました。

「裏切り者め!」とお師匠様に罵られようが
勝負の世界は厳しいのじゃ!

時はまさに「2008年東京マラソン」の抽選当落で
悲喜こもごもの季節。
抽選結果で涙を飲んだ方も多くいらっしゃると思われますが
是非一度この「東京夢舞いマラソン」を走ってみて下さい。

過酷で面白く実に自由でエキサイティングな大会だと
いうことが判ります!

主催者の方々、ボランティアの方々の温かい応援と
なにより「走る」ことが大好きなランナー達の熱い思いと共に支えられ
これから先も「夢舞い」の灯がいつまでも灯り続けていきますように。

by Ricophoo | 2007-10-09 13:58 | スポーツ