<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

喋々喃々

懸賞 2009年 03月 29日 懸賞

f0036354_014599.jpg「食堂かたつむり」から1年、小川糸さんの待望の第2作「喋々喃々」を読み終えました。
東京・谷中でアンティークきもの店「ひめまつ屋」を営む主人公の栞。
まどかさんに、イメルダ夫人、イッセイさんに猫の小町、誰もがふらりと訪れては、ホッと一息、腰を落ち着けることができる、小さなこの店に、ある日、一人の男性客がやってきます。
その人の名は木之下春一郎さん。
春一郎さんの存在は、いつしか栞の心の中を切なさと、温かさと、やすらぎでいっぱいにしていきます。
愛してはいけない人と知りつつ、心はうらはら、想いは募るばかり。
人を大切に思う気持ち、日々の細やかな暮らしが、谷中という情緒溢れる東京・下町の季節の移ろいとともに描き出される、きらめくような物語です。

二人の恋は、はがゆいようなゆっくりしたスピードで、危うく切なく、歩き出します。
しかし道ならぬ恋に意を結して、一旦は春一郎さんに別れを告げる栞。
その潔さに、本の向こう側からエールを送る私がいて、もうひとりの私は、栞と春一郎さんとのハッピーエンドを望んでいて・・・読み手の心もゆらゆら揺れてしまいます。
本のタイトル「喋々喃々」とは、男女がうちとけて、小声で楽しげに語り合う様子と言う意味だそうです。
その言葉のとおり、季節と時間に、ゆっくりと育まれていく、二人の恋を、
静かで優しい二人の会話をいつまでも、こっそり耳をすませて聴いていたくなります。

「食堂かたつむり」と言えば、次から次へと登場してくる御馳走の数々が印象的でしたが、そこは、やはり小川糸さん!ファンを裏切りません。
副題のように本の帯に書かれていた「おいしいものを、一緒に食べたいひとがいます」
という言葉に「食堂かたつむり」ファンは再度飛びついてしまいます。
この「喋々喃々」も下町の美味しそうな食べ物や、風情のあるカフェやお店が本当にたくさん登場してきます。
五智果、鈴木精肉店のメンチカツ、千駄木倶楽部のあずきオ・レ、オザワ洋菓子店のいちごシャンデ、あなご寿司に熱燗、、アンジェラス、鳥鍋、水茄子、須田の油揚げと飛竜頭、向島百花園のお月見で食べたシュウマイ弁当、根津の旅館での献立、〆鯖の黄身酢和え、枝豆の山椒煮、平茸の松葉刺し、菊の葉の天麩羅、粟麩のしめじ和え、さつま芋の蜜煮、、はたの葛煮と焼き茄子、平目と赤烏賊のお刺身、伊豆牛のすき焼き、、山芋のぬか漬け、ケットバシにつくね鍋、小川糸さんという作家さんは、食べることが大好きで、本当に美味しいものを御存知なんだなあと感心してしまいます。その表現も多岐にわたり、読んでいると、もういても立ってもいられず、谷中近辺を美味しいものを求めて探し歩きたくなってしまいます。

「喋々喃々」は、和モノ好き、美味しいもの好き、そして何より、いくつになってもロマンスを夢見る永遠の乙女な人々にはたまらない一冊だと思います。
いわゆる乙女チック浪漫ちゅうやつです。

by Ricophoo | 2009-03-29 00:04 |

フル3・5切りに思うこと

懸賞 2009年 03月 28日 懸賞

2週間も前の話になりますが、とりあえずご報告です。
3月15日、前日までの嵐から一転雲ひとつない青空が広がり、絶好のコンディションの中
第12回荒川市民マラソンに参加してきました。
予想されていた風もなく、気温もまずまずの見事なフルマラソン日和となりました。

前日受付で、荒川の風のヤツに傘をぶち壊され、個人的に宣戦布告を受けたため、売られた喧嘩、キッチリ買わせていただくことにしました。
喧嘩上等!とは申しましても、かねてより念願の3時間半切りも目標にしていたため、お師匠からは、決して飛ばさず、4分45秒を最後まで貫いていけ!と口を酸っぱくして言われておりました。
私も直前までは、そう固く心に決めておりました。
なにしろ、私の中での、この荒川マラソンのテーマは「粛々と淡々と」です。
何があっても、今まで行なってきた練習の延長線上、心穏かに、粛々と
そして淡々と足をゴールに向けて運ぶだけです。そんな大人のレースをしようと心に決めていたのです。
スタートの号砲が鳴るまでは。

スタート前に最前列に並んでいたところ、隣りの年配の女性ランナーが話かけてきました。
去年、この荒川で一番前に並んで、ゆっくりスタートをしていたら、後からランナーの大群に押され、転倒し、前歯を3本折る大怪我をしてしまい、その時の傷がまだ顔に残っていることも、誇らしげに教えてくれました。
そんな痛くて怖い思いをしたのなら、今年も最前列に並ぶなよ・・・といってやりたかったですが、聞いているうちに怖くなり、号砲が鳴った途端に慌てて猛スピードでスタートラインより飛び出してしまいました。
初めの1キロの入りが4’08。
きえぇぇ~!速すぎるっ!普段練習でも出したことのないラップに完全に舞い上がってしまい、そこでやめておけばいいものを、調子が良いのでその後も自分の強欲さと、貧乏人根性が災いし、ラップを抑えきれず4’23~4’45で30キロまで行ってしまいました。あんなに言われていたのに、調子の良さから天狗になり、お師匠の教えを完全に無視してしまいました。
どんなもんじゃい~!あと12キロっ!このままラストまで荒川のヤツをひぃひぃ言わせてやるぜぇぇ!などとまるで天下を盗ったような気で調子をぶっこいておりました。
ところが、30キロを過ぎた時、完全にピタリと足が止まりました。なにが起こったのか、キツネにつままれたようでした。自分では4分半で走っているつもりが、全く足が動かず、5分を大きく越えるまで落ち込みました。
今まで鮮やかに見えていた周りの景色がモノトーンに変わりました。
思考が停止し、知り合いのランナーの方が隣りを走っているのにも、まったく気がつきませんでした。
荒川名物の35キロのシャーベットを餓鬼のように食らい、そこからは、記憶も定かではありません。
丸子組のやすべえさんが、私の横を颯爽とすり抜けていきました。やすべえさんは、この荒川が人生初のフルマラソンです。やすべえさんの背中を淡い目で追いましたが、すぐに見えなくなってしまいました。
だんだん、周りの景色がモノトーンから、白いモヤが掛かったように見えてきました。
荒川の川の向こうで、三角頭巾を被った白装束の人たちが、手招きをしているような気がして、ついフラフラと蛇行して走ってしまいます。
39キロ地点、朦朧とする意識の中、もはやこれまでか・・・と天を仰いだその時、突然私の背後から、お師匠が現れました。お師匠降臨の瞬間です。翌週に控えた東京マラソン前のペース走ということで、荒川はゆっくりとキロ5分で走られると言われていたお師匠。
折り返しで、随分差をつけて走っていたため、まさか、この時間に、この場所に、お師匠が現れるとは夢にも思っておりませんでした。
意識を失いつつあった私は、既に言葉を発することができません。
驚きと喜びの入り混じった「くぅぅ」と小さなうめき声を上げるのがやっとでした。

「よし!これからだぞっ!!しっかり走れ!」と併走しながら、檄を飛ばしてくださいました。
お師匠様!ありがとうございますっ!(涙)
こんな私に、救いの手を差し伸べてくださると言うのですか?

お師匠の教えを無視し反旗を翻したうえ、造反行為を行なった、裏切り者のユダは私です!
師匠!この不遜なワタクシめを、どうかお許しください!残り3キロ、心してしっかりと走らせて頂きます!
白いモヤが掛かっていた荒川の風景が、一気に色彩を取り戻していきました。

ラスト41キロの大応援団の方たちに背中を押され、ラストスパート!足は上がりませんでしたが、力の限り走りました。

35キロから40キロまで27分まで落ちていたタイムが、40キロからラストまでの2.195キロを
10分50秒で走りきりました。
結果は手元の時計で、3時間26分00秒。悲願の3時間半切りができました。
2年前のつくばマラソンはグロスで3時間30分13秒。13秒に泣きました。
そして去年のつくばで3時間30分23秒。23秒に泣きました。
自分の中では2年前のつくばで、どこかにおいてきた13秒をずっと探し続けてきたような気がします。
低迷を続けてきた2年の歳月、夏山での鍛錬や、ウルトラマラソン挑戦、24時間走、トラックを使ってのペース走、連戦に次ぐ連戦をこなしたハーフマラソン・・・。
すべてが私の血や肉になり、糧となったような気がします。

いつも陰になり日向になり支えてくださったお師匠様には感謝しても仕切れません。

今回もお師匠の降臨がなければ、きっと気持も切れ、完走もできなかったかもしれません。
私は、やはりお師匠がいなければ何にもできない愚かな弟子です。
お師匠の偉大さだけが、心に残るレースでした。
目標のクリアはできたものの、荒川との勝負は完全に私の負けです。こんなに苦しいレースは初めてでした。荒川をひぃひぃ言わせるつもりが逆にひぃひぃ言わされてしまいました。

荒川マラソンが終って2週間・・
あの2年前のつくばで、すんなりと30分切りができなかったことが、今はとても良かったような気がします。
マラソンの醍醐味は当日までに体をピークに持っていくこと、そしてレースで最高のパフォーマンスをできる足や体や気持ちを作っていくプロセスが大切なのだと思います。その面白さに気づいてきたことが、とても大きな収穫です。

by Ricophoo | 2009-03-28 00:58 | スポーツ

荒川マラソン前日受付

懸賞 2009年 03月 14日 懸賞

昨夜からの雨も小降りになり、午後からは天気も回復するような事を天気予報で言っていたので、目黒での用事を済ませたその足で、荒川マラソンの前日受付に行くことにした。

家を出る頃は、パラパラと感じないほどの霧雨だったが、大ぶりのしっかりした傘を持って行くことにした。
目黒から都営三田線にひたすら乗って、蓮根の駅で降りた。
家を出た時に比べてかなり雨足が強まっていた。蓮根の駅から会場までは約15分位だろうか?とにかく歩く歩く、ひたすら歩く。
疲れてきたなと思う頃、ようやく荒川の土手が見えてきた。
何故か荒川に近づくにつれ、風が強まってきた。(嫌な予感)
やはり荒川は風の川だ。
2006年の荒川の強風は、今でも参加したランナー達の語り草になるほど酷いものだった。
なにしろ女性トップランナーが強風に吹き飛ばされ土手の上から転げ落ち、仮設トイレも吹き飛ばされるという、それはそれは凄まじい惨状で、後にも先にも、あんなレースを経験した事がない。そんな荒川の思い出に浸りながら、土手の上にたどり着いたその瞬間・・・凄まじい強風が吹き荒れた!!
傘が一瞬のうちにひっくり返り、変な方向から風が入ったために、傘の骨はねじ曲がり、頑丈な傘がボロボロになってしまった。
一度に4、5本の骨が折れ、さし続ける事ができなくなった。
まるでコントだ。

這々の体で受付を済ませ帰途につく。
帰り道、傘をささずに濡れネズミで歩く私にすれ違う人たちの視線が突き刺さる。
コートはずぶ濡れ、髪の毛はプールから上がってきたみたいに滴が滴り落ちている。
駅に着き、受付で引き換えたばかりの参加賞のTシャツで頭を拭いた。
初めて参加賞のTシャツが役に立った。

自宅最寄り駅に着いて改札を抜けると雨はすっかり上がっていた。

怒りがフツフツと湧いてきた。

ざけんなよっ(`□´メ)

荒川のやつ、なめた真似をしやがって!

喧嘩上等!

てやんでえ!売られた喧嘩、買ってやろうじゃねぇか!

覚えてろ荒川っ!

明日は首を洗って待ってろよ!

by Ricophoo | 2009-03-14 14:38

お買い物

懸賞 2009年 03月 14日 懸賞

f0036354_0185332.jpg先日ファイテンショッフで先行予約していたチタン配合のシューズを、取りに行ってきました。
デサントとミシュランタイヤとファイテンが、ガッチリとスクラムを組んで製作されたランニングシューズです。
なんと、このシューズには通常含浸の約30倍濃度のアクアチタンが繊維に含浸されているそうです。
効果の程は、まだ履いて走っていないので判りませんが、軽い履き心地、なにより、ソール部分にミシュランタイヤの素材を使っているというの
が購入の決め手になりました。
安定感もあり、今年のウルトラ用のシューズはコレで決まりです。

f0036354_0234081.jpg昨秋より気にいって履いている「SPEED ONE」という靴下を、アートスポーツに買いに行きました。
1足1980円という価格は、靴下にしたら、ちょっと高価な買い物ですが、この靴下、とても良いです。
マメができません。
エアーコンディショニング・チャネルという機能で足裏に発生する湿気を1歩ごとに排出し、新鮮な空気を足裏に送り込みシューズの中をドライな状態に保ってくれるということです。
その他、インステッププロテクター、エアークール・ストライプス、アナトミカル・フットベット、トラバース・エアーフロー・チャネル、X-クロスパンテージ、セルフ・アジャストメント・カフ・・・等々
何だかわけのわからない機能満載です。しかも2年間の製品保証制度もついています。
昨秋からのレースの度にこのソックスで走っていますが、まだ一度もマメができていません。
一度浮気心をだしてア○ィダスのアーチを崩さないという機能のソックスに乗り換えたことがありますが、コチラは、すぐに親指の付け根にマメができてしまいました。
価格は高めでも、安心感を買うという意味では、自分では、とてもいい買い物だと思っています。

f0036354_0241092.jpgそしてコチラは「Super VAAM」の粉版。
つくばで、サブスリーを果たした、ましゅさんが飲んでいた通称「黒バーム」です。
1日に100キロの距離を移動するスズメバチのスタミナの秘密がかくされた普通のVAAMのパワーアップ版です。
私も初めはボトル入りのを購入して飲んでいましたが、青梅前に単品のボトル入りがお店に置いていなかったため、泣く泣く粉バームを購入して、スポーツドリンクのペットボトルに溶かして飲みました。
しかし災い転じてなんとやらで、この粉バーム、実に最高です。なんと言っても濃度を自分で調節できるのですから。なんか、よからぬことをしているような、背徳感に浸りながら、本気レースの前には粉の量を非常に多くして「Supe VAAM」より更に高濃度の「スペシャルスーパーVAAM」を作り、愛飲するようになりました。
「スペシャルスーパーVAAM」のせいかどうかはわかりませんが、レースでの後半部の落ち込みが、以前より断然少なくなったような気がします。精力減退を案じ、赤マムシドリンクを飲んで愛人のもとに通う脂ぎった社長さんじゃありませんが、人間なんでも、気の持ちようです。「yes! I can!」 自己暗示は意外と大切なことだと思います。

ふと考えると、最近、一般女性が好んで買うような、スカートとかハンドバックとか、まるで買わなくなってしまいました。

最近買ったものと言えば、シューズに、ランニングウェアに、マッサージオイルに、アームカバー、サプリメント、ランニングウォッチに、日焼け止め・・・

町を歩いていて気がつくとスポーツショップへ入り、デパートで3900円のブラウスを買うのをためらうくせに、平気で15000円のCW-Xを買ってしまう・・・もう、いったいどうしたものか。

by Ricophoo | 2009-03-14 00:31 | スポーツ

公認記録証

懸賞 2009年 03月 12日 懸賞

f0036354_239015.jpg3月1日に行われた「第三回ふかやシティハーフマラソン」の公認記録証を送っていただきました。
この記録証は、私にとって大切な文字通りの「証」となりました。
思えば、公認記録とは本当に縁がありませんでした。
フルマラソンで3時間半を切ることを目標に、満を持して臨んだ3年前のつくばマラソンでは、スタート直後にシューズが脱げて人ごみの中を逆走するというアクシデントに見舞われ、グロスタイムを13秒オーバーして、悔し涙を飲みました。直前まで絶好調だった去年のつくばマラソンも結局は

15キロで足が攣ってしまい、やはり23秒オーバーでこちらも泣くに泣けない結果となりました。
公認記録というのは、日本陸連または都道府県陸上協会が主催・共催あるいは所管する競技会で出場者が登録会員または登記競技者に限ること、また公認の競技場・競走路・競歩路で開催されること、補助員を除き、公認審判員が審判すること等の条件が総て揃ったレースで認められた記録です。1月に走った新宿シティハーフマラソンは、陸連公認コースではありましたが、陸連公認大会ではありませんでした。
なので、新宿シティハーフでは1時間35分を切ることがでましたが、公認記録にはなりませんでした。
今回初めて参加した「ふかやシティハーフマラソン」はフラットな走りやすい公認コースの公認大会でした。
昨年の秋から、ハーフマラソンのレースを毎週のように走り、今まで自信の持てなかったハーフの距離を自分なりに克服できたことは、大きな自信に繋がりました。この成果を是非とも自分の走ってきた道に「証」として残しておきたかったのです。今なら、このふかやでなら実現できそうな気がしました。

結果は1時間33分17秒。
35分を公認大会で切ることができました。
年代別5位入賞もでき表彰式で賞状も頂きました。

しかし、エントリー時の大会側の不手際から、なんと陸連登録枠でエントリーがなされていませんでした。
またしても公認記録に見放されたと初めはショックを隠せませんでしたが、深谷シティハーフマラソンの実行委員会の方、埼玉県陸上競技協会の役員の方のお計らいで、訴えを認めていただき、今回公認記録証を発行していただくことができました。
実行委員会ならびに、埼玉陸連の丁寧でかつ速やかな御配慮と対応に改めて感謝いたします。

せっかく認めていただいた、この「証」を胸に、これからも更に上を目指して、自分なりに行けるところまで行ってみようと思います。

by Ricophoo | 2009-03-12 23:10 | スポーツ