<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

なんだったんだ

懸賞 2010年 01月 23日 懸賞

学校へ出かけていったはずの息子が数分後に血相を抱えて再び部屋に飛び込んで来た。
部屋の中でなにやらドタバタと騒いでいる。
「どうしたのだ?」と問うと「財布がない!」とテンパっている。
ドタバタと大きな音を立て、引っ掻き回して探している様子が窺える。
「どうしよう!!」「ああ!もうだめだ!」悲壮感丸出しで、この世の終わりといった面持ちで錯乱している。
昨晩の記憶を辿れば、バイトを終えて、徒歩で帰る途中、最寄のコンビニに寄りハンドクリームを購入したとのこと。
その時、確かに財布からお金を取り出したと言う。取り出した財布は会計後、ジッパー付の鞄の中にしまったということだ。

コンビニから自宅まで5分。深夜のひと気のないコンビニで盗みを働くスリがいるとも思えない。
まさかミスターマリックやデビット・カッパーフィールドが突如現れて息子の財布をイリュージョンで消してしまったとも思えない。

錯乱する息子。

「財布は家にあるね。とにかく探すことだね」

息子は小一時間ほど半狂乱になって部屋中をひっくり返して財布を捜したが、結局見つからない。
コンビニに行き、財布が届いていないか聞いてみたり、あたりも探したが見つからない。

「やっぱり、どこかで落としたか、盗まれたのかも」

またもや錯乱する息子。


財布には現金1万5000円程度が入っていたという。
他に銀行のキャッシュカード、クレジットカード、免許証、学生証、保険証などが入っている。
現金は諦めがつくとしても、カードや学生証等は悪用されたら大変だ。
そんなふうに脅すと

息子は、とうとう観念して、今度は必死になってカード会社や銀行に電話をかけて
口座の閉鎖手続きや、再発行の手続きを始めた。
学校へ行って事情を説明し、仮学生証を発行してもらい、警察へ盗難・紛失届の手続など、サクサクといろんな手続きを、びっくりするほど手際よく行った。

「済んだことは仕方ないな。早く忘れることだ。」

「落し物をするときは、心にぽっかりと穴が空いている時だ。もしかしたら大きな怪我や事故に巻き込まれていたかもしれない。財布はオマエの身代わりになったと考えれば諦めもつくだろう」

当座のお金も必要かと思い、すこし小遣いを渡した。

息子にとっては嵐のような一日だった。
夜半、バイト先から息子が帰ってきた。

「大変な一日だったな」と労いの言葉をかけた。

息子が部屋に戻るなり、大きな声を上げて部屋から飛び出してきた。
「あった!」「財布があった!」

聞けば、財布は皮のジャケットの袖の部分に引っかかっていたという。

ギギギ・・・

ったく、よく探したのかよ。

まったく言葉も出ない。
人騒がせな男である。

しかし、息子も、今回いい勉強ができたと思う。

お金をいくら積んでも、、今回のようなことは誰も決して教えてくれないし、学べない。


お金・・・そうだお金だ。


息子よ、金返せ。

by Ricophoo | 2010-01-23 00:40 | 息子ネタ | Comments(2)

鷹の爪 THE MOVIE3 http://鷹の爪.jp は永遠に~

懸賞 2010年 01月 18日 懸賞

f0036354_0183840.jpg六本木TOHOシネマズで鷹の爪THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jp は永遠に~」を観て来ました。

子供の頃よく仲の良い友だちと、同じ瞬間に同じ言葉を口に出し、自分が考えてることを一足先に言われてしまい「それ、今言おうとしていたのに!!」と、びっくりするやら、うれしいやらで、お互い顔を見合わせて大笑いした覚えがあります。
まさにこの映画は、そんな幼い日の記憶と感覚を思い出させてくれる作品でした。
このアニメは2006年4月から6月にテレビ朝日系列で放映されたアニメ番組『THE FROGMAN SHOW』内で放映されていた蛙男商会の作品だそうです。本作品はその映画化の第3弾だということですが、私は「鷹の爪団」のアニメの事は、今まで全く知りませんでした。

誰もが幸せに生きられる世界を作る為に世界を統一し国境を取り払うべく世界征服を企む、秘密結社鷹の爪団。
しかしその実態は、世界征服を目論む割には、人一倍涙もろくてお間抜けな総統、鷹の爪団の戦闘主任、島根県吉田村出身のちょっぴりシニカルな吉田君、スキンヘッドで体つきは逞しいけれど気弱で無口な小心者のフィリップ。外見は白衣を着た熊ですが、超低コストで天才的な発明をするマッドサイエンティストのレオナルド・・・他にも怪しい団員で構成されていますが、この鷹の爪団、何をやっても失敗ばかりで、世界征服はおろか貧しいベンチャー企業で働くワーキングプアな人たち。片や金持ちのセレブで、お馬鹿で意地汚く非常識、その上お金に貪欲という、正義の味方なのかよくわからないヒーロー、デラックスファイターに毎回倒されてしまう。そんな日常を愉快に描いた脱力ギャグコメディです。
今回の作品は、THE MOVIEということで、デラックスファイターとの攻防ではなく、核兵器を巡り、世界的なスケールでストーリーが進んでいきます。

実は今から3,4年前、この鷹の爪団と同じようなストーリーを頭の中で思い描いていたので、今回映画を見てびっくりして、同じような、お馬鹿なことを考えていた人がいるんだなあと嬉しくなりました。

映画の半ば、負け犬キャラのTTTT(テロ対策特別っ隊 なぜか博多弁)のジョン・ジョロリンが、何をやってもダメな自分を卑下し、「夢や希望で腹はいっぱいになれない!」との叫びに、「腹はいっぱいになっても夢や希望がないのは虚しいことだ!」という総統のセリフに思わずホロリとさせられました。

映画館は満席。会場は爆笑の渦に包まれていて、同じようなお馬鹿なことを、同じように面白いと感じている人たちがこんなにいる・・・ひとりじゃないって素敵なことねーと懐かしい歌のひとつも飛び出しそうな一日でした。

by Ricophoo | 2010-01-18 00:06 | 映画 | Comments(7)