<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

キツツキと雨

懸賞 2012年 02月 14日 懸賞

f0036354_2325762.jpg角川シネマ有楽町に沖田修一監督作品「キツツキと雨」を見に行きました。
前作の「南極料理人」は南極基地という極めて非日常な状態に身を置き、狭い空間で個性の強い観測隊員達が嫌でも顔を突き合わせて日々を暮す中で朝、昼、晩とみんなで一緒に「食べる」という行為を通じて、日常生活で繰り広げられる、ささやかな人間関係のおかしみや日々の生活の積み重ねをほのぼのと描いた素晴らしい作品でした。この「キツツキと雨」はその沖田監督の第二作目ということに加え、何しろ主演は、今や日本映画界を代表する名優“役所広司”さんと「岳」「荒川アンダーザブリッジ」などで様々なキャラクターを巧みに演じ着実にその演技の幅と実力を高めている“小栗旬”さんですから、黙っていても期待は高まります。

南極料理人が「みんなで一緒に食べる」ことがテーマだったのに対し、この「キツツキと雨」では「映画という一つの作品を皆で協力して作り上げていく過程」と、それをとりまく人間たちの関わりあいや成長が大きなテーマになっていますが、それよりも何よりも心が温かくなるような、何気ないユーモアがふんだんに散りばめられていてとても素敵なハートウォーミングな映画に仕上がっています。

物語の舞台は、岐阜県のとある山間の村。木こりの岸克彦(役所広司)は、毎日早朝から仲間と山林に入り、木々を伐採し生計をたてています。2年前に妻を亡くし、今は息子の浩一(高良健吾)との二人暮らし。
慣れない家事と定職につかずふらふらしている息子に、木こり一筋でやってきた無骨な父の怒りが爆発し、うまく気持ちを伝えられない二人は、喧嘩の絶えない毎日を送っています。
そんなある日、村にゾンビ映画の撮影隊がやってきます。
そして、ひょんなことから撮影隊に村を案内する羽目になった克彦。
映画や撮影などといったこととは、今まで無縁の生活を送ってきたので、とまどい困惑しながらも、挙句の果てにゾンビ役でエキストラ出演することになります。
しかし撮影隊の中に、どうみてもやる気のない若者が一人。
そのやる気のなさと気の利かなさが自分の息子と重なるのか、克彦は、気になってその若者に、ついつい声を荒げてしまいます。
実はその若者こそが、自分の思い通りの作品が作れず、撮影隊さえまとめる事ができない気弱な新人監督、このゾンビ映画の監督 田辺幸一(小栗旬)でした。

エキストラを体験したことをきっかけに克彦が撮影を手伝い、挙句村の人々を巻き込んでゾンビ映画の撮影はにわかに活気を帯びたものになってきます。

若い映画監督と、初老の木こり。親子ほど年の離れたこの二人の出会いは、お互いの気持に少しずつ変化をもたらしていきます。

撮影の合間、克彦が杉の木を指さしながら幸一に言います。
「あの杉は25年。あっちのは60年だ。」その違いがよく分からず、きょとんとする幸一に「立派な木になるまでには100年は掛かる」

人間、思い通りにいかない事で悩み、逃げ出したくなる事もあるけれど焦る事はないのだと、克彦の無骨で朴とつな言葉が、幸一のみならず、私たちの胸にも温かく響いてきます。

ある時、なぜ映画をやるようになったのか?と尋ねる克彦に、父が買ってきたビデオカメラをきっかけにして映画を撮り始めるようになったが、長男である自分が実家の旅館を継がなかったことで、父はカメラを買ってきた事を後悔しているのではないかと幸一はそっと打ち明けます。
それに対して、「後悔なんてしてねぇよ!自分の買ってきたカメラが息子の人生変えたんだ!嬉しくてしょうがねぇだろうよ!」と言う克彦の語気を荒げながらも優しさ溢れる言葉が心に染みました。

多分それは、悩みながらもやりたい事をやろうとしている幸一に、いつしか共鳴した克彦が、定職を持たず、やりたいことも見つけられず、多分自分の中で苦しんでいるであろう息子、まして親の自分さえ見放そうとしている息子を思う強い気持ちから吐きだされた言葉ではないかと思います。

克彦は顔を合わせれば喧嘩の絶えなかった息子との関係を、幸一を通して優しい気持ちで寄り添う事ができるようになります。
幸一は克彦の言葉から、困難にも逃げず、自分の力で前に進んでいく勇気をもらい、みんなで力を合わせて行う映画作りの本当の面白さを身体で感じ、映画監督としての自覚に目覚めていきます。

役所広司さんは連合艦隊 山本五十六など重厚な演技も素晴らしいですが、私はダイワハウスのCMで見せる、とぼけた味わいや動揺を隠せないといった、うろたえる演技が特に好きです。
様々な役柄を、緩急自在に演じ分け、芝居を心から楽しんでいるのが観客である私たちも伝わってきます。
この「キツツキと雨」では、役所さんの重厚な演技と、とぼけた味わいの両方が、しっかり堪能できます。

役所広司さん、小栗旬さんの二人の脇を固めるのが、古館寛治さん、平田満さん、伊武雅刀さん、島田久作さん、山崎努さんと言った錚錚たる個性派俳優陣です。

役所さんを始めとした、大先輩に囲まれ、若い小栗さんにとっては役者として大いに成長できた作品になったのではないでしょうか。

ちなみに私は、役所さんの息子を演じた高良健吾さんを、なにげに応援しています。
目に力があって、とてもいい役者になると密かに期待しています。

人は、つい年齢や性別や環境に境界線を引いてしまいます。判りあえるはずがないと、自分で勝手に決めつけて、異種なものに 目をつぶり、耳をふさいで生きています。

かつて壁や国境や境界線を越えることで、文化や文明は広まっていきました。
人と人との出会いも同じことなのかもしれません。年齢や性別や環境を超えた人と人との出会いは、ぶつかりあいながら、理解を深めながら、人間を大きく成長させてくれるような気がします。

by Ricophoo | 2012-02-14 23:01 | 映画 | Comments(0)

永遠の僕たち

懸賞 2012年 02月 08日 懸賞

f0036354_0564295.jpg期待して観にいった「荒川アンダーザブリッジ」「人生はビギナーズ」がちょっとハズレだったので、2週間前に渋谷シネマライズ観た「永遠の僕たち」についてのレビューでお茶を濁します。

不治の病に侵された少女と、事故で両親を失い心に深い傷を持つ青年の悲しくも美しい恋物語・・・と言えば、私が子供の頃、日本中を涙の渦に巻き込んだミコとマコの悲恋物語「愛と死を見つめて」を思い出します。

幼心にコテコテなお涙頂戴的な物語に辟易しながらも、ミコのミイラ少女を彷彿とさせる包帯姿に恐怖を抱きつつ、マコの学ラン姿に胸ときめかせ、白黒のテレビ画面に張り付いて毎週楽しみに観ていました。

難病・悲恋物というと、どうしても暗く、深刻になりがちなテーマですが、「永遠の僕たち」は、現代を生きる若者のタッチで、軽くなりすぎない程度に切なく繊細かつ美しく描いています。

やはり、そこはさすが、社会問題に深くメスを入れた「ミルク」や人間のトラウマや心の繊細な部分を鋭く描いた「グットウィル・ハンティング/旅立ち」などを手がけたガス・ヴァン・サント監督です。

死という重いテーマを、悲しみや涙だけで力任せに描いていくのではなく、若い恋人たちの美しさや危うさ、瑞々しいほどの幸福感で、逆に儚さや切なさが、こちらに痛いほど伝わってきました。

ちなみにこの作品は、第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング上映され高い評価を受けています。

事故で両親を失い、自らも3ヶ月における昏睡状態に陥り、臨死体験をした18歳の孤独な青年イーノック。
深い心の傷を抱えたまま、叔母に引き取られ、学校へも行かず、日々を過ごしていました。

友達もなく、孤独な青年の唯一の楽しみは葬儀場で他人の葬儀に参列することでした。
ある日他人の葬儀に紛れて参列していることがばれ捕まりそうになったところを、一人の少女アナベルによって助けられます。

アナベルもまた脳腫瘍と闘い、余命3ヶ月と診断された孤独な少女でした。

死に取り付かれた孤独な青年と、これから死んでいく健気で明るい少女。
二人の儚い恋はぎこちなく始まっていきます。

主演イーノックを演じたヘンリー・ホッパーは、なんと、あの「理由なき反抗」や「イージーライダー」に出演していた名優デニス・ホッパーの息子だとのこと!(孫じゃないところが凄い)

またアナベルを演じたのは「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ。

そして何より2人を見守るヒロシという重要な役どころで、日本の実力派俳優・加瀬亮さんが出演しているのも見逃せません。

加瀬さん、英語も上手で、びっくりしました。何より感情を抑えた控えめな演技が素晴らしかったです。


臨死体験のあるイーノックは、ヒロシという自分だけしか見えない友達がいます。
ヒロシは、太平洋戦争でカミカゼ特攻隊として、恋人への思いを残し死んでいった日本兵の亡霊なのです。

二人の恋を見守るヒロシの存在は、死というものは「無」でも「恐怖」でもないと教えてくれます。
そして、後悔をしないことの大切さを、イーノックに、私たちに諭してくれます。

戦争や特攻隊をモチーフにすることは、非常にデリケートな部分を含んでいます。それにも関わらず、アメリカ人のガス・ヴァン・サント監督が、ここまで深いところを見つめて、とても丁寧に描いてくれているところが、日本人の一人としてとても嬉しく感じました。

印象的な二人のデートシーンや、ファッションもオシャレで、音楽も素敵でした。

悲しい映画のはずなのに映画を観終わった後は、若葉が芽吹くときのような生命力にあふれるような清々しい気持ちになりました。

by Ricophoo | 2012-02-08 00:45 | 映画 | Comments(0)

モナクカバキチ 

懸賞 2012年 02月 01日 懸賞

f0036354_7175637.jpg福山市営競馬のベテラン競走馬モナクカバキチ(アラブ系、牡13歳)が30日、地方競馬
の歴代最多勝の記録更新を目指し3カ月半ぶりに出走しました。歴代タイの54勝を挙げて以降、 長年蓄積した疲労もあり、ここ最近は黒星が続いていたそうですが、3ヶ月の休みをとって30日の第9レース(1250メートル、10頭立て)に出走、昨年7月以来の勝利に期待が膨らみましたが、残念ながら結果は5位となりました。
モナクカバキチは13歳、人間であれば50歳を少し越えたくらいだとのこと。市営競馬の現役最年長の競走馬です。
30日のレースに出走した馬は殆どが、3、4歳だと言うことを考えれば、13歳という年齢がどんなに凄いことなのかが良くわかります。

よくもまあ、大した怪我もせず13歳まで第一線で活躍することができるものです。
「無事是名馬なり」とは、まさにこのモナクカバキチのためにあるような言葉ではないでしょうか?

他のライバルたちは、カバキチより10歳も若いのです。50歳の中年オヤジが、血気盛んな中学生に交じり同じ舞台で勝負を賭けているわけです。

2001年10月に 福山でデビューし、荒尾競馬、名古屋競馬でも活躍し、昨年7月24日、高知競馬の エスケープハッチ(牡、08年引退)の記録に並んだそうです。

テレビで、カバキチのレースを見ましたが、スタートは出遅れたものの、その後巻き返し、堂々ベテランの走りを見せてくれました。10頭中の5位ですから、大したものです!
しかも3ヶ月間のブランクを考えれば、コンディションや勝負勘が戻れば、次回歴代最多勝記録更新も夢ではありません。


諦めない走り!中年の星!私たちの希望!果てしない夢!
今回、単勝で2番人気だったそうです。
アラブ種でサラブレッドではないところがまたいいのでしょう。
これからますます人々の期待が膨らんできます。

ぜひとも、カバキチには地方競馬会の「あぶさん」となって、いつまでも頑張ってほしいものです。

競馬ファンでなくとも、カバキチに勝手な妄想を描き、ついうるうると涙目になって応援してしまう諸兄も多くいらっしゃるとは思いますが、私は、馬にカバキチなどという名前をつける馬主の狙いが、今気になって仕方ありません。

カバと言えば、少し前テレビで観た衝撃映像が忘れられません。川に落ちたヌーや、同じく川を渡り損ねた鹿の子供がワニに襲われるのを、カバが必死になって助けているのです。
専門家も、どうしてそんなことをするのか分からないのだそうです。
色や体つきから、自分の子供や仲間の子供と間違えたのでしょうか?
助けた見返りになにか得なことでもあるのでしょうか?
しかし、私はカバについて、あまり深く考えるのは止めました。
見返りのない無償の愛、溢れる優しさで力の弱い動物たちを守る、カバのレスキュー隊!
浪漫と妄想が広がります。
私が小さい頃から夢に見ていた、森の仲間たちのメルヘンがそこにはあります。

2012年、今年はカバが熱い!

by Ricophoo | 2012-02-01 07:21 | その他 | Comments(4)