<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

オレンジと太陽

懸賞 2012年 05月 18日 懸賞

f0036354_136165.jpg神保町の岩波ホールでジム・ローチ監督作品
太陽とオレンジ」を観て来ました。
ローチという名前を聞いたらおやっ?と思われる方もいらっしゃると思います。
そう、ジム・ローチ監督は、あの社会派映画監督 ケン・ローチ監督の息子さんなのだそうです。
かえるの子はかえる。二代目もまた人間の尊厳を深く掘り下げて描いていく腕のいい社会派監督のようです。

 


「太陽とオレンジ」は、マーガレット・ハンフリーズのノンフィクション小説『からのゆりかご 大英帝国の迷い子たち』をもとに英国の歴史の暗部、「強制児童移民」の実態を描いた作品です。

映画を見ながら、信じられない思い、そして強い怒りと悲しみで、
あふれる涙を抑えることができませんでした。

イギリス政府は19世紀からなんと1970年代に至るまでの間、
13万人にものぼる、施設に預けられた3歳から15歳までの子供達を「児童移民」として
オーストラリアに送り続けていたのです。

「移民」と言うのは名ばかりで、幼い子供達を里子として迎え入れるわけではなく、
太陽を浴びオレンジも食べ放題だと嘘をついて連れてこられた子供達は、
劣悪な生活環境のなかで、強制労働に従事させられていたのです。 

過酷な強制労働はもとより、しつけや教育という名目のもとに、
いじめや暴力、挙句に残酷極まるような性的虐待も横行していたといいます。
人権蹂躙とはまさにこのことです。

児童移民は英国と豪州双方の政府ぐるみで行われ、
しかもカトリック教会や、慈善団体が深く関わってたというから信じられません。 

この事実は、かつて児童移民だった一人の女性からの
「自分はだれなのか知りたい」という訴えをきっかけに、ソーシャルワーカーとして働く
マーガレット・ハンフリーズ女史の熱意と行動力により、次第に白日のもとに晒されていきます。

たった一人の女性の力で真相究明を行い、最終的に、この児童移民については、オーストラリア政府が2009年、次いで英国政府も2010年にその事実を認め、公式に謝罪するに至りました。

主演は「奇跡の海」、最近では「戦火の馬」のエミリー・ワトソン。
控えめな演技で芯の通った凛とした主人公を演じています。 

時は1986年の英国ノッティンガム―。 
ソーシャルワーカーのエミリーが泣き叫ぶ母親から赤ん坊を保護する場面から始まります。
警察や裁判所と連携し、育児や養育能力(例えば児童虐待等)がない親から一時的に子供を引き離す仕事がエミリーの仕事です。 

そんなある日、エミリーの元にオーストラリアから来たという一人の女性が助力を請いに訪れます。
 「自分は誰なのか調べて欲しい」と。

彼女はわずか四歳の時に他の子供達と共に船でオーストラリアに送られたのだと言います。
子供が一人で移民すれば必ず記録が残る筈ですが記録がなかなか見つからない。
エミリーは政府の記録保管所まで足を伸ばします。 
これを機に、児童移民の事実を知ったエミリーはオーストラリアに渡り
本格的に調査をはじめることになります。

オーストラリアではエミリーの元に我も我もと調査依頼が押し寄せてきます。

人権を踏みにじられた人々は、忘れてしまいたいほどおぞましい過去と
私達の想像を超えるような激しい怒りを胸に秘めていると思います。
しかし彼らは、母に会いたい思い。そして自分は一体誰なのか?アイデンティティだけを求め、エミリーを訪ねてきます。

エミリーはそんな心に傷を負った一人一人の心に寄り添い、丁寧に聞き取り調査を行っていきます。

オーストラリアでの妨害行為に遭い脅迫に脅えながらも、真実を求めて孤軍奮闘するエミリーは、あまりにも悲惨な人々の過去の境遇を聞き、精神的に追い詰められ、とうとう心的外傷後ストレス症を発祥してしまいます。  
しかし、家族の支えもあり、立ち直っていくエミリー。

クライマックスには、児童移民だったレンと共に、遂に虐待の行われていた修道院へ向かいます。 

建物の中には、かつて棄てられた少年達に虐待を重ねたと見られる神父達がいるだけです。

聖職者でありながら人間以下の行為を働いたあまりに残酷な彼らへの怒りは鋭いけれど、
エミリーは面と向かって非難をしません。
軽蔑のまなざしと静かなる無言の圧力でそれらは表現されていました。

それは声高に批判し怒りを爆発させるよりも、決して許されない罪の重さを物語っていました。

政府が謝罪を行ったからといって
孤児達の失った日々は戻らず、全てが正される日も永遠に来ることはないでしょう。

レンはエミリーに言います。
「8歳を最後に俺は泣き方を忘れた。あんたは違う。俺達の涙を感じ取ってくれる。俺達のために闘っている俺達の味方だ。自分達の為に闘ってくれる人が欲しかった。あんたがいてくれる。俺がもらった最高の贈り物だ」と。 
エンディングロールには、その後も調査が継続されていることが字幕で紹介されます。

映画を見ることで、自分の知らない土地のこと、自分の知らない歴史のこと、宗教、正治、経済…本当に様々なことを学べます。
この映画を見なければ、もしかしたら、私はこの児童移民の事実を知らないで
一生終わっていたかもしれません。

激しいアクションや残忍なシーンがあるわけではありませんが、
私にとって「太陽とオレンジ」は実にショッキングな映画でした。

見終わった後、静かだけれど深い悲しみと憤りでしばらく立ち上がることができませんでした。

映画と言う手段を使い、ジム・ローチは多くの人たちに知ってほしいこと、また人間として知らなければならないことを静かに語りかけてくれます。

by Ricophoo | 2012-05-18 01:17 | 映画 | Comments(1)

自尊(エレガンス)を弦の響きにのせて

懸賞 2012年 05月 02日 懸賞

f0036354_0162143.jpg4月22日オーディトリウム渋谷で藤原道夫監督・撮影のドキュメンタリー「自尊(エレガンス)を弦の響きにのせて」を観て来ました。
このドキュメンタリーの主役、1915年生まれの青木十良先生は今なお現役で活躍するチェロ奏者であり、教育者です。

96歳を超えた現在も、青木先生の音楽への情熱は衰えることを知りません。
「シャンパンの泡の弾ける瞬間の美しい音」、理想の音色を求め続ける飽くなき探究心と音楽に対する真摯な姿勢に、スクリーンを前に心震わせました。
その演奏は気品・知性・高潔さが溢れ出る素晴らしいものでした。
青木先生は、まさしくご自身の言われる「自尊(エレガンス)」そのものでした。

青木先生の存在は、今までクラッシック界でも一部の愛好家以外にはほとんど知られることはありませんでした。
先生が脚光を浴びるようになったのは、80歳の時に念願だったヨハン・セバスチャン・バッハの難曲「と言われる「無伴奏チェロ組曲」の録音に挑戦し、85歳で「第6番」の録音を終え、CDデビューした2002年以降のことです。
91歳で「第5番」、そして「第4番」を94歳の時に行ないました。
このドキュメンタリーは「第4番」の録音を完了するまでの90歳を超えてからの6年間を追っています。

4月21日から27日までのわずか7日間、しかも朝11時からの1回のみの上映ということもあったのでしょうが、場内は満席。補助席まで一杯になるほどでした。
1時間半の上映が終わり、私が感じたことは、皆「本物」を求めているということでした。
お金ばかりかけた張りぼてや、格好ばかりの薄っぺらな偽者はもういらないということです。

青木先生の長年求め続けてきたものはあくまで「基本」。
誇張や虚飾とは無縁、ひたすら音楽に誠実に向き合ってきた青木先生は、
桐朋学園のソルフェージスクールで長年後進の指導に当り多くの優れたチェリストを育てられました。

ドキュメンタリーの中ではソルフェージスクールでの指導の様子も映し出されていましたが、穏やかな物言いと、短いけれど的を得た的確なアドバイスにより、生徒達の演奏が短時間のうちに明らかに上達し、生き生きと輝きを放ってくるのがわかります。
年齢の離れた生徒達に年配者はつい、否定や批判的になりがちです。
しかし先生の第一声はまず「うん、いいですね」と言う全肯定。
アドバイスをする前にまず認めて受け入れる・・・柔和な表情と優しい言葉。
一人の音楽家、指導者である前に、人間としての品格を感じずにはいられませんでした。

中でも16歳のチェロ奏者堀江牧生君が青木先生の自宅を訪ね個人レッスンを受けるシーンは、見ていて胸が熱くなりました。
75歳差の年齢を超え、同じチェロという楽器を奏でる者同士しかわからない目に見えない静かな対話がそこにはありました。
またドキュメンタリーではねむの木学園園長の宮城まり子さんとの60年ぶりの再会。
ヴァイオリニストの森悠子さんとの40年ぶりの再会。
その森さんの率いる「長岡京室内アンサンブル」との初競演の映像も花を添えています。

9歳で両親を亡くし、悲しみの中での音楽との出会い。人生に絶望し死をも考えた中学時代。
弦楽器の音色の魅力にとりつかれ90歳を超えた今、最終的に求めているものが「自尊(エレガンス)」なのだと発見したと先生は言います。
「エレガンス」と言う言葉の根底にあるのは「自尊」です。
クラッシック音楽や芸術は気品や品格が全てだ」とも。
「自分を信じ、他の人を尊ぶ。 それが全身にみなぎって表現できた時には100%良い音楽をやったと思う」

青木先生の言葉の数々には、深みがあります。人生を年輪にたとえるとするならば、青木先生の年輪は美しい五線譜のような年輪なのだろうなと思います。

青木先生は「まだ自分の持っている能力の3%くらいの力しか出せていない」とおっしゃっています。
90歳で死んだ葛飾北斎も臨終の際に「あと10年、いやあと5年あれば本物の画工になれたのに」と言ったと言います。
聖路加国際病院の100歳を超える医師 日野原重明先生も「まだまだこれからが勉強だ」とおっしゃっています。

年齢など関係なく、いくつになっても学ぼうとする気持ち、
チャレンジする精神、高みを目指す志、
理想を追い求める心を常に私たちは忘れてはいけないのだと
諸先輩たちは、その生きる姿勢で教えてくださいます。

ドキュメンタリーの中、青木先生は「人間は皆心に傷を持って生きている。音楽や芸術がその傷を癒すことができるのだ」とおっしゃっていました。私もそう思います。

3.11以降、自然災害における悲惨な状況を前に多くの芸術家やアーチストが「自分はこんなことをやっていていいのか?」と悩んだと聞きました。
音楽や芸術は、たとえそれがなくても生きていけるかも知れません。
しかし音楽や芸術は私たちに大きな力や勇気をくれます。
やさしく傷を癒してくれる、なくてはならないものだと思います。

青木先生のチェロの響きは柔らかく優しいボウイングで疲れた私の心を包んでくれました。

by Ricophoo | 2012-05-02 00:16 | 映画 | Comments(4)