<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

みをつくし料理帖「残月」

懸賞 2013年 06月 23日 懸賞

f0036354_0194365.jpg6月16日、待ちに待った みをつくし料理帖第8巻「残月」が出ました!
前作「夏天の虹」から1年と数か月ぶり(私にとっては8ヶ月ぶりですが)の新刊です!!本屋さんで「残月」の平積みが目に飛び込んできた時は、嬉しくて「いよっ!待ってましたっ!」と、思わずかけ声が出そうになりました。
本の帯に書かれた「ながらくお待たせしました。つる家は本日より再開です。つる屋店主」の文字に思わず涙です。
みをつくしファンは、この日をどれだけ心待ちにしていた事でしょう!


怒涛の悲しみに暮れた前作「夏天の虹」の切ないラストに涙が枯れるほど号泣しました。
新作「残月」は、いったいどんな物語を奏でてくれるのでしょうか?

艱難辛苦の押し寄せる前作から一転、今回の「残月」は試練、決意、決断、新生を軸にした明るい展開の希望溢れる巻になっています。

また「残月」は、血の繋がった親子、芳と佐兵衛、坂村堂と柳吾、血は繋がっていないけれど本当の親子以上の温かい絆で結ばれた、又次とふき、澪と芳、おりょう夫婦と親方など、形は違えど、いつの時代も変わらない親子の情に、そっと寄り添うような深い作者の思いが込められた巻でした。
そして澪をはじめ、つる屋の人々が新たな気持ちでそれぞれの人生を歩み始める決意をしていく巻でもあります。

芳が物語の中で言います。
「人の気持ちも物事も、全てのことは移ろうていく。仕方のないことだす。」

人は悲しみの中だけに止まっていては生きていけません。深い悲しみも、心の傷も時間が経てば少しずつ癒されていくものです。
変化は時に、とても勇気のいるものです。しかし、それを成長と言うならば、少しずつでも人間は変わっていかなければなりません。
転んだら起き上がり、何度でも立ち上がり前を向いて歩き出さなければなりません。泣いても諦めず、涙を拭いて生きていかなければなりません。その繰り返しこそが人生なのでしょう。人間は思っているほどヤワじゃない。案外逞しいものなのです。

つる屋の人々はそれぞれが心の中に深い傷を持って生きています。その悲しみに寄り添いそれぞれがそれぞれの温かさ優しさに、お互いに支えられて生きています。
しかし、彼らに一番励まされて生かされているのは、何を隠そう、読者である私自身なのです。

みをつくし料理帖は、残りの頁数が少なくなると、頁をめくる速度が極端に遅くなる小説です。
ストーリーの続きは気になるけれど、読み終えてしまったら、もうおしまい。
それは、つる屋の人たちとのお別れを意味しています。
それが嫌で、のらりくらりと、いつまでも残り頁を行きつ戻りつしてしまいます。


みをつくし料理帖といえば涙というくらい泣ける小説ですが
今回の「残月」も、お約束。滝のように涙が溢れ出ました。
数多くの感涙シーンの中から、極めつけ選りすぐりの2シーン。

又次の死から、なかなか立ち直れないふきに対して

「この齢になってわかることだが、残された者が逝っちまった者のためにできる事は、そう多くは無ぇのさ。中でも大事なのは、心配をかけないってことだ」
「その人を大事に胸に留めて、毎日を丁寧に生きようじゃねぇか。身の回りの小さな幸せを積上げて、なるたけ笑って暮らそうぜ。そういう姿を見て初めて、亡くなった人は心から安堵できるんじゃねぇのか。又さんに心配をかけないってのが、ふき坊にできる一番の又さん孝行だと、俺は思うがなぁ」
と言う種市の台詞―。
74ページ、もう序盤から爆涙です。やられました。

りうさんが芳に言う台詞にも感涙、感動の嵐でした。

「親なんてのは、詰まらないものですとも。子には子の幸せがある、と頭で判っていても、それが親の思い描いていた幸せの形と違えば色々考えてしまうんですよ。子が幸せなら自分はどうでも良い、と無理に思おうとすればするほど、逆に親子の絆に囚われすぎて苦しくなるものなんです。」
「子の幸せと親自身の幸せを混同しないことです。いっぱしに成長したなら、子には自力で幸せになってもらいましょうよ。そして親自身も幸せになることです。人の幸せってのは、銭のあるなし、身分のあるなしには関係ないんです。生きていて良かったと、自分で思えることが何より大事なんですよ。」

ああ。りうさん深い。

毎度のことながら涙と一緒に心が洗い流されていくようです。
そして、日常生活で疲弊し、ささくれていた心が、読み終わるころには、まっすぐ素直な気持ちになっていくから不思議です。
みをつくし料理帖は、もはや私の心の処方箋とも言える小説です。

次に、つる屋の人たちに会える日はいつになるのでしょうか?

by Ricophoo | 2013-06-23 00:12 |

市馬さんに夢中!その2(市馬さん強化週間)

懸賞 2013年 06月 16日 懸賞

f0036354_22141627.jpg先週は、市馬さん強化週間でした。

市馬さんが主任を務める国立演芸場上席 6月7日夜の部を皮切りに、6月10日には銀座ブロッサムで行われた市馬落語集「道頓堀の灯」を。そして4日後の6月14日には、浅草演芸ホール中席 夜の部主任を務める市馬さんの落語を聴きに行きました。
いやぁ、いつもの事ながら市馬さんは良いですね。

今年に入って結構寄席へ足繁く通っておりますが、テレビやラジオなどで活躍する方、所謂ベテランとか大御所と言われる方々の噺を聴くチャンスもあり、確かに「さすが!」と唸らせる納得の落語を聞かせていただくこともありますが、時々「う~ん、これってどうなの?」「もしかして体調が悪いの?」と少しがっかりするような高座も多々ありました。
確かに人間ですから体調の良し悪しや、会場の雰囲気、気持ちの乗り方で、毎回同じように自分の思うような落語や芸を演じることは難しいのだと思います。
しかし、市馬さんは、違います。
いつどこで、どんな噺を聞いてもハズレがありません。
抜群の安定感を誇ります。
その日、市馬さんが主任を務めていれば、たとえ途中にどんなに訳の判らぬ落語を聞かされようが、耐え難いほどの侘しい雰囲気のギター漫談を聞かされようが、観客は耐えて行けます。
それは市馬さんが全てを帳消しにしてくれると信じているからです。
落語界のコスモクリーナーと言っても過言ではありません。

6月7日 国立演芸場 上席夜の部
柳家緑太 「たらちね」
柳亭市江 「黄金の大黒」
三遊亭丈二 「権助魚」
ホンキートンク 漫才
川柳川柳 「ガーコン」
蝶花楼馬楽 「刀屋」
中入り
結城たかし ギター漫談
桂才賀 「鹿政談」
アサダ二世 奇術
柳亭市馬 「猫の災難」

【猫の災難】隣のおかみさんから、鯛の頭と尾を貰った熊五郎。鯛は猫の病気見舞いの残りだと言う。そこへ兄貴分がやってきてざるで隠れた鯛を見て、一匹の鯛があると勘違い。「酒を買ってくる」と飛び出して行く。帰ってきた兄貴分に「鯛の身は隣の猫に持って行かれた」と嘘をつくと、兄貴分今度は鯛を買いに出かけた。その隙に熊五郎は兄貴分が買って来た酒を全部飲んでしまう。熊五郎はこれも隣の猫のせいにしたものの、隣のおかみさんが文句を言いに来てバレてしまう。

師匠の小さんの十八番で有名な「猫の災難」。
一度 市馬さんで聴いてみたかった噺です。初めは遠慮がちに、こっそり酒を飲みだした熊五郎が、酔うほどに少しずつ大胆になっていく様、好きな酒を本当においしそうに味わう様、ろれつが回らなくなっていく様、おしまいには泥酔して眠ってしまう様には大爆笑でした。
酒飲みのちょっとした仕草や下品にならずに泥酔した様子を演じられる市馬さんの芸は、本当にうまい!としか言いようがありません。
いつか師匠を越える市馬さんの十八番になりそうです。

6月10日 銀座ブロッサム 市馬落語集30周年記念「道頓堀の灯」
柳亭市弥 「牛ほめ」
笑福亭鶴瓶 「死神」
正司敏江・若井ぼん 漫才
柳亭市馬 「唐茄子屋政談」

【唐茄子屋政談】道楽が過ぎて勘当された徳三郎。吉原の女や仲間からも見放され、行く当てのない徳三郎が、いっそ死のうと吾妻橋から飛び込もうとすると、叔父に見つかり引き取られる。心を入れ替えて一生懸命働くと約束した徳次郎は叔父から唐茄子を売って来いと命じられる。人の情けや助けを受けて全部売り切った徳次郎が叔父のもとへ帰るが、売り上げ金は全て長屋で暮らす貧乏な女と子供上げてしまったと言う。徳次郎の話の真偽のほどを確かめるべく徳次郎と長屋へ赴く。しかし、その金を因業大家にむしり取られた女は首を括ってしまったという…。

元は大岡政談ですが、落語では政談部分はやりません。
いつもの滑稽噺ではなく、今回は市馬さんには珍しい人情噺という事もあり、また席が少し遠かったため、せっかくの市馬さんの姿がよく見えず、多少自分的には不完全燃焼の部分は否めませんが、今回の「唐茄子屋政談」市馬さんの見せ場は、人情溢れる町人たちが徳三郎の唐茄子売りを手伝ってあげるくだりや、徳次郎が自分の力で最後の2個を売るために吉原田んぼで、独り売り声を練習する場面でしょうか?「とおなす~!とおなす~!」と伸びのある市馬さんの声。それでいて艶っぽい節回しにうっとりと聞き惚れてしまいました。

6月14日 浅草演芸ホール 中席(19:00~途中入場)
柳家小満ん
古今亭志ん陽
三増紋之助(曲ゴマ)
柳亭燕路
柳家小里ん
ロケット団(漫才)
桃月庵白酒 「満員御礼」
翁屋和楽社中(曲芸)
柳亭市馬 「らくだ」

【らくだ】らくだというあだ名の長屋の嫌われ者が、ふぐの毒に当って死んでしまった。
兄貴分が遺体を見つけた時たまたま通りかかった屑屋が、兄貴分に長屋中の香典を集めてくるように強要される。さらに大家の所へ行って「通夜の酒の肴を持って来くるように伝えろ、嫌なら屍骸にカンカンノウを踊らせるぞと言え!」と無理難題を押し付けられる。
嫌々ながらも酒肴や香典をもらってくると、兄貴分は嫌がる屑屋に無理やり酒を飲ませる。
強制的に酒を飲ませられた屑屋は徐々に酔っ払い、やがて酒乱の本性を現して立場が逆転する…。



「らくだ」は、いわずと知れた、あの立川談志師匠の十八番。
こちらも一度ナマで聴いてみたかった一席です。
強面の兄貴分と臆病で人のいい屑屋とのやり取りや、らくだの死を喜ぶ大家夫婦や長屋の住人、八百屋等人の出入りが多い上に酒乱の芝居が入る演者にとってとても難しい演目の一つだとしみじみ思いました。上方では笑福亭松鶴、桂米朝、東京では立川談志、柳家小さん、柳家小三治など、この「らくだ」を十八番にしているのは、所謂名人として万人に知られている錚々たる落語家たちです。
市馬さんの「らくだ」、その錚々たる名人たちに決して引けを取りませんでした。
さすがは市馬さんです。今回、観客を噺の中にぐぐっと引き込んでいく圧倒的な力強さを感じました。
市馬さん、名人への階段をまた一歩、上ったと確信しました。

by Ricophoo | 2013-06-16 21:55 | 落語

ゴローの登山靴

懸賞 2013年 06月 15日 懸賞

f0036354_22313281.jpg夏に北アルプスに行くことになったので
靴箱から登山靴を引っ張り出して眺めていましたが、何となくモチベーションが上がりません。
そこで、夏山シーズン前に、ゴローに登山靴を見に出かけました。
ゴローには以前から何度か訪れては、商品を眺めるだけ眺めた挙句、何も買わず後ろ髪を引きずる思いで店を後にしてきました。
登山靴はとりあえず数年前に石井スポーツで買った、どこぞのものが一足あるので
必要ないといえば必要ないわけで、ある意味私にとっては贅沢品なわけです。

バブルが弾け、贅沢は敵だとばかり、爪に火を点すように暮らしてきましたが、
今や巷では高級腕時計や貴金属、不動産業界では都心の億ションが飛ぶように売れていると言うじゃありませんか!
わざわざ寝かせた腐りかけの肉を売る高級精肉店が流行っているとかいないとか・・・

登山靴くらいなんぼのもんじゃい!
私の中のアベノミクスに火がつきました。


早速ATMで現金をおろして、いざ千石へ!

ゴローは、あの冒険家の植村直巳さんも愛用していたというオーダーメイド登山靴の専門店。三田線 千石駅から少し歩いた白山通り沿いにあります。
気をつけていないと思わず通り過ぎてしまうような小さなお店です。

本格的な登山愛好家の方や大学の登山部の方々はもちろん、軽登山や初心者などいわゆる山ガールと呼ばれるような方々の間でも知らない人はいないくらいの有名なお店です。
かく言う私も○年前に登山雑誌でゴローの登山シューズを見て一目ぼれをしたクチです。


f0036354_22441094.jpgクラシカルなレザーとフロント部分の丸みのあるデザインが特徴的なブーティーエル。
何度か店を訪れたり、ホームページで商品ラインナップを吟味して、買うならコレ!と心に決めていました。






お店に入り、靴の修理をしている店主の方にご挨拶。2階に上がると先客が一人。
既に注文が終わったところのようで、お店の方にすぐに対応して頂きました。
今まで、ほぼ軽登山しかしていないような私のような人間が、ここに来て気取ったり気負ったりしても、プロの目には一目瞭然、全てお見通し!てなことになるので、どんな山に登るのか、どんな山に登ってきたのか、どんな靴を履いてきたのか、どんな靴を履きたいのか、お店の人に正直に話しながら、いろんな種類の靴を微妙にサイズを変えてみたり、アドバイスを受けながら、たくさん試し履きさせて頂きました。
細かく丁寧に足の採寸をして頂き、左右の足の大きさが6,7ミリほど違うこと、黒が好みだということで、既製品ではなく、やはりオーダーメイドが良いでしょうと言うことになりました。
しかし!注文から納品までなんと4ヶ月待ちだと言うではありませんか!
夏の北アルプスには確実に間に合いません。一気にモチベーションダウン!
先刻 店主の方が二階に上がって来て、雑談していた時、明日も雑誌の取材が入っているとおっしゃっていました。
今注文しなければ、雑誌を読んだ方からの注文が殺到して更に待たされてしまいそうです。

う~ん!どうする?私…

ダメもとで対応して頂いたお店の方に、「夏山には間に合いませんねぇ」と呟くように泣きを入れてみたところ、なんと登山靴のレンタルをして下さるとおっしゃるではありませんか!
登山するときに借りにくればいいのではなく、このままレンタル用の靴を貸し出して頂いて納品の時に返せばいいとのこと!
もう、何から何まで至れり尽くせり!ゴローの方々には本当に感謝です。

f0036354_22335763.jpgで、お借りした登山靴がコレ。
タウンシューズとしても普通にオシャレです。
ともあれ、10月の中旬の納品が、今から楽しみで
仕方ありません。

5年、10年とソールを張り替えながらの一生モノの登山靴です。

ブーティーエル(細)
36、330円也
オーダーメイドでこの値段。 いい買い物をしました。

by Ricophoo | 2013-06-15 22:32 | スポーツ