<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

北八ヶ岳登山(3日目)~下山の哲学の巻~

懸賞 2013年 07月 27日 懸賞

f0036354_13131422.jpg3日目
昨夜は8時頃就寝してから一度も目を覚まさず4時半起床。
明け方まで強い雨が降っていたようですが、ほとんど判らず熟睡しました。
窓の外は、濃い霧がかかっています。昨晩からの雨が心配でしたが、とりあえず雨は止んでいます。少し風が吹いていたので朝食後は霧も晴れて、時々白駒池の美しい景色が見えるようになってきました。

6時に朝食を終え7時半 白駒荘を出発、麦草峠、大石峠から茶臼山を目指します。

f0036354_13142471.jpg2年前麦草ヒュッテの前を通って白駒荘へ向う途中、突然の雷雨に遭い、パニック寸前で麦草ヒュッテへ逃げ込んだことを思い出します。その時は、登山を終えたハイカーの方に雨の中車で白駒池近くまで送ってもらい大変親切にして頂きました。
今日は雷にも遭わずに済みそうです。



大石峠までは岩ゴロで、まあまあ平坦な登山道でしたが、峠を過ぎるとほぼ直登の登山道になり傾斜がだんだんと増して来て、もう青息吐息でした。

f0036354_13141536.jpgそうこうしているうちに茶臼山山頂(2383m)に到着。
山頂標識のある辺りは山林に囲まれていて展望はありませんが、そこから西方へ2、3分で展望台にでます。展望台に着いたら一瞬雲が流れ、中央アルプスから南アルプス、南八ヶ岳の勇壮な眺望を眺めることができました。茶臼山からは一旦下りその後は縞枯山への登りとなります。



f0036354_13155494.jpg縞枯山手前のピーク(2402m)は巨石と巨岩が積み重なる展望地です。素晴らしい景色が広がります。山頂から見下ろすシラビソの樹林帯の眺めは圧巻でした。茶臼山山頂から縞枯山山頂までは45分。縞枯山に近づくにつれ枯れた木が多くなってきます。
この名前の由来ともなっている「縞枯れ」は亜高山帯針葉樹林のシラビソ、大シラビソが帯状に枯れ、その縞枯れの帯が山頂に向って長い年月をかけ移動していく現象です。遠くから眺めると山の斜面に何列もの白い縞が見えます。

f0036354_1316409.jpg2年前は雷が鳴っていたので、この縞枯山には登らず遠くから眺めるだけでしたが、初めて山中に入り、今回山の中から縞枯れを実感できました。自然の織り成す不思議な世界にひたすら感動です。

しかし、この縞枯山、侮れません。
ロープウェイに近い山と言うことで、観光客でも気軽に登れる緩やかな山だと思い込んでいましたが、岩ゴロの急な下りに何度も肝を冷やしました。

途中、ロープウェイからの観光客と見られる普段着の方を多く見かけましたが、中には薄いワンピースのような洋服を着た妊婦さんが居たのには驚きました。
大きな岩に滑ってお腹でもぶつけたら大変です。
「気をつけてください」と思わず声をかけてしまいました。

f0036354_13161488.jpg縞枯山荘でしばし休憩。山で飲むコーヒーの美味しいこと。
雨池峠を通り、ピラタスロープウェイ山頂駅に予定通り12時到着。
今回の北八ヶ岳登山が終わりました。
下りの緊張感が解け、心の底からほっとする瞬間です。去来するものは達成感よりも安心感です。


これは常識中の常識ですが、山は登りよりも下りの方が難しいと言われています。
一般的に登山というと上り坂の「辛さ」や「苦しさ」をイメージしますが、私にとっては登りの苦しさより、下りの恐怖、集中力を持続していく苦しさの方が大きいような気がします。

子供の頃は、岩の上から飛び降りたり、木の根をひょいひょいと避けながら野兎のように山道を駆け下りたりしていた記憶があるほどで、下りの恐怖など感じることはありませんでした。

しかし年齢と共に体力の低下はもとより、視力の低下で、足元がよく見えないこと。時に膝や腰に痛みを感じたりすること。またガレ場で転びそうになったり、木の根に躓いたり、何度もヒヤッとした経験が記憶に刻み込まれていることで、無意識のうちに恐怖感が先に立ち体が萎縮してしまって思うように動けなくなってきました。それを「老い」と呼ぶのならば、残念ながら仕方のないことかもしれません。

五木寛之さんのベストセラー「人間の覚悟」の中に人生を登山に例えた「下山の哲学」という持論があり、とても共感できます。

登山は登頂の一方通行のみならず、安全に下山することができてこそ「成功」したと言えます。

頂上を極めることだけが人生の目的ではありません。
きちんと安全に優雅に山を下りていくことが人間の生き方ではないかと五木さんは指摘されています。

「老い」は成熟と同義だと思っています。
山も人生も同じ。
下山では焦る必要も、人と競争をする必要もないのです。
沢山の休息を取りながら、体力と知恵と経験に合わせ、自分なりの下り方でゆっくりと下山できればいいのかと―。
時間や即物的な価値から離れた聖なる「老い」=「枯淡の境地」を感じながら
苔生した哲学の山で、そう考えました。

3日間、とくに酷い雨にも降られず、お天気もまずまず。タイムスケジュールも余裕でこなせ、怪我もなく皆無事に縦走を終えることができました。
お師匠を初め、仲間の皆さん、山小屋でお世話になった方々、猫のチーコ。全てに感謝です。

by Ricophoo | 2013-07-27 12:49 | 登山

北八ヶ岳登山(2日目) ~なつかしの白駒荘の巻~

懸賞 2013年 07月 21日 懸賞

f0036354_16174554.jpg二日目、朝4時起床。
さすがは八ヶ岳、朝晩はダウンジャケットや厚手のカーディガンを羽織るくらいの冷え込みのせいか、東京での連日の熱帯夜の寝苦しい夜が嘘のように、8時前には床に入ったにも関わらず、朝まで一度も起きずに熟睡できました。
外は霧が深くご来光は拝めませんでした。しかし風が吹いているので霧も小屋を出る頃には晴れ、快晴とはまではいかないけれど、まずまずのいい天気です。
6時朝食、支度をすませて7時半に本沢温泉を出発しました。

夏沢峠、箕冠山、根石岳から東天狗岳へ。

f0036354_16334949.jpg全体的には曇りがちでしたが、雲が取れ時々日が射す感じで、雲も流れているのでいい景色も眺めることができました。

前日しらびそ小屋のご主人が「明日は今日より天気が悪く風がつよく吹きそうですよ」と話していたのを思い出し、「なんだ土地の人の予報もたまには外れることがあるのかな?」などと思っていたところ、山道から一気に視界が開け根石岳が現れた頃、いきなり強風が吹きすさんできました。
急に気温も低くなり慌ててTシャツの上に薄手のウィンドブレーカーとレインコートを羽織りました。強い風を孕みレインコートがバサバサと大きな音を立てます。空に浮かんだら、そのまま下界まで滑空して行けそうです。
そういえば昨日ここを登った本沢温泉の登山客が「モモンガ状態だった」と言われていたのを思い出しました。

ただでさえ急坂なガレ場、そこに前に歩くことが困難なほどの強風が吹きます。時々体ごと吹き飛ばされそうになり命の危険を感じるほどでした。決死の思いで一歩一歩前に進むことだけ考えていたので、せっかくの絶景もゆっくり眺める暇もありません。

f0036354_16341695.jpg東天狗、西天狗、中山峠を超え、12時半、黒百合ヒュッテへたどりつきました。
本沢温泉の小屋で作って頂いたお弁当で昼食。

食後のコーヒーを飲もうと、お師匠が水とガスバーナーをリュックから取り出しました。
しかし、仲間の誰もコーヒーや紅茶を用意している者がいない。
まさかの連携ミスです!お師匠、何のために重いガスバーナーを背負ってここまで来たのでしょう?(ご苦労さまでした)
気を取り直し、中山、高見石小屋を目指します。
高見石小屋までは、本当に急な登りでバテバテでした。
高見石小屋に這うように辿り着いてヤレヤレと思っていたら、皆さんその先の巨大岩をよじ登り、展望台まで行くと言うではありませんか!
もう精も根も尽き果てていたので、私一人は高見石小屋でコーヒーブレイク。

f0036354_16351184.jpg高見石小屋のコーヒーとあげパン(きなこ、チョコ味)は最高でした。





しかし、驚いたのは高見石小屋で見かけた若い女性たち。巨大岩の展望台にヒラヒラの洋服と、肩掛けカバン、そしてヒールこそありませんでしたが、オシャレなサブリナシューズで登って来たようです。(すぐ下の方に、車で来られる所があるらしい)
何かアクシデントがあって滑って足を取られたり、挫いたりすることもあるので、タウンシューズで登るのだけは止めたほうが賢明です。
最近は初心者の富士山弾丸ツアーとか、ハイヒールで富士登山をするという、まるで信じられない人たちが沢山いると言います。
大自然を舐めてはいけません。自然は人が怪我をしないように、また安全を保障してくれるような施設ではないのです。誰も助けてくれません。
自分の身は自分で守るしかないのです。
雲の流れや風の吹き方で天候の変化を予測し、寒暖の変化に神経を研ぎ澄ませて上着をこまめに脱ぎ着したり、登山道では、どの岩に足を乗せればいいのか?この木に摑まっても大丈夫か?蜂や虻はいないか?熊と遭遇したらどうするか?
自然の中に身を置くということは、実に様々な危険と背中合わせなのだということをしっかり認識しておかなければいけないと私は思っています。

f0036354_1639228.jpg高見石小屋から30分ほど歩いて、14時過ぎ本日の宿泊小屋、2年ぶりの「白駒荘」へ到着です。

白駒荘は、林床を美しい苔に覆われた針葉樹の原生林に囲まれた白駒池のほとりに佇み古くから登山客や写真家、バードウォッチャー達に親しまれている人気の山小屋です。

一昨年夏「白駒荘」を初めて利用させていただきました。
部屋からは白駒池が一望でき、食事も本当に美味しく、お部屋もトイレも清潔で、私の中で山小屋のイメージが180度変わり、テント派から小屋泊派になったきっかけを作った山小屋です。その時は登山客が少なく、ご主人や先代のご主人達と、お酒を飲んだりいろいろなお話をたり、先代のご主人からはマッサージまでしてもらい、楽しく思い出深い山小屋のひと時を過ごさせていただきました。
今年は、登山客が一杯で全て満室、小屋で働く方たちは本当に急がしそうで2年前のようなひと時を味わうことは無理だということが一目でわかりました。

食事前に白駒池を1周散策しました。
苔生した美しい森の中の板敷きの遊歩道を鳥の囀りを聞きながら、のんびり歩きます。

f0036354_16485538.jpgf0036354_16493889.jpg








18時夕食 食事は前日とは違い、豪華版!おなじみの森の野草を使ったてんぷらは絶品です。

f0036354_16494823.jpg小屋の人たちは急がしそうでお話する時間もありませんでしたが、
今年は猫のチーコと仲良くなりました。

お風呂に入り、8時就寝。
夜は強い雨が降り出しました。明日の天気が心配です。

3日目につづく

by Ricophoo | 2013-07-21 16:15 | 登山

北八ヶ岳登山(一日目) ~秘湯で混浴の巻~

懸賞 2013年 07月 17日 懸賞

f0036354_23471353.jpg連日のうだるような暑さの続く地獄の東京を脱出、夜はダウンジャケットを羽織るくらい涼しい
夏の楽園、八ヶ岳登山へ行ってきました。

約2年ぶりの北八ヶ岳です。

北八ヶ岳は私の大好きな山です。
宮崎駿監督の映画の中に出てくる様な大自然に包まれた、それは美しく神秘的な場所です。苔生した深い森の中に身を置くと、体も心もたちどころに浄化されていきます。
山道を歩きながら、鳥のさえずり、風のそよぐ音、流れる谷川の水音に耳を澄ませていると、人生とか、生命とか、心のあり方とか、この世の中の色んな事をとても深く考えます。
私は北八ヶ岳を密かに「哲学の山」と呼んでいます。
南八ヶ岳をアクティブな「動」の山とするならば、北八ヶ岳は瞑想する「静」の山と言われているのは、言いえて妙。
一度この森に足を踏み入れたら誰もが納得することでしょう。

上野発6時58分のあさまに乗り8時21分佐久平へ到着。
佐久平から小海線に乗り換え9時17分小海着。そこからバスに揺られて40分、みどり池入り口に着きました。
10時30分、ここから登山開始です。2時間ほど山を登り「しらびそ小屋」へ到着。
ここでお昼ご飯に、うどんを食べました。


f0036354_2348294.jpg「しらびそ小屋」は「THE山小屋」というほど古くて雰囲気のある山小屋です。
玉ねぎと油揚げの入ったシンプルなうどんでしたが、山で食べるご飯は、何ゆえこうも美味しいのでしょう!あっと言う間に完食。再び目的地本沢温泉へ向って歩き出しました。

ひたすらコメツガの深い緑の中を進みます。クリンソウ、ハクシャクナゲなど可愛いお花も沢山咲いていて目を楽しませてくれます。

f0036354_23515474.jpgしらびそ小屋から、1時間位でしょうか14時、今日の宿泊小屋「本沢温泉」へ到着です。

本沢温泉は江戸時代末期1882年開湯とのこと。比較的大きな山小屋です。
夏山シーズンということもあり、近くでテントを張るハイカーや、温泉目的の人、休憩・宿泊のため立ち寄る登山客で小屋はとても賑わっていました。

しばらく部屋で休んだ後、今回の登山の目的の一つである「雲上の湯」へ向いました。
「雲上の湯」は標高2150mにある日本最高所にある野天風呂です。

本沢温泉の小屋から山道を約5分ほど登ります。(登山靴を脱いで、なんと宿のサンダルで登りました!)

木立の中を抜け出ると荒涼とした沢に出ます。荒れたガレ道を進むと、かなりの硫黄臭!ここは硫黄岳の爆裂口直下の谷間だとか。

すこし遠くに木造の小さな湯船が見えました。白濁の湯に既に7,8人の人たちが浸かっているようです。

f0036354_23502665.jpgこれがあの噂の秘湯「雲上の湯」です!
湯船の前に小さな板敷があるだけ。脱衣所も目隠しもありません。あくまで野趣100%の混浴風呂です。全くのオープン!秘湯といわれることだけあってスギちゃんも真っ青。まさにワイルドだぜぇです。

人生初の混浴初体験!もちろん水着着用での乱入です。(裸で浸かっても良かったんですが、とりあえず女性のたしなみとして…)
自分的には、少し前まで、こういうこと絶対できない人間でしたが、意外に平気な自分の成長(老化)に驚きました。
逆に全裸のおやじ達が出るに出られず困っていたので気の毒でした。

野天風呂の泉質は酸性含硫黄、カルシウム、マグネシウム、硫酸塩泉とのこと
温度は低めですが、お湯が柔らかくとても温まりました。
10分ほど浸かった後、水着でサンダルといういでたちで山道を下り、小屋に戻りました。

本沢温泉の小屋には内湯があり、こちらは男女別で泉質も野天風呂とは違い
ナトリウム、カルシウム、硫酸塩、炭酸水素塩泉で一箇所で2つの違う温泉を楽しむことができます。

一日目、登山開始1時間くらいにパラパラと小雨が振り出しましたが、そのあとは薄曇りで時折日も射してくるくらい上々のお天気、風が少しあるせいか雲も流れて景色もそこそこ楽しめました。

f0036354_082047.jpg本沢温泉の夕食(午後5時半)
これに6人くらいで分け合って食べる鍋付き。ちょっと食事は少なめですね。

とりあえず生ビールも1杯いっときました。

~二日目へつづく~

by Ricophoo | 2013-07-17 23:05 | 登山

お前はどこのワカメじゃ?

懸賞 2013年 07月 06日 懸賞

f0036354_2313039.jpg世の中には、人に感動を与えるような言葉とか、世の中の役に立つようなアイデアとかそういうものが突然頭に湧き上がって来る人がいるという。
しかし私の頭には、時々そんなものとまるで無縁で、どうしようもないほど、どうでもいい言葉が突如降臨してくる。
仕事で細かな数字や文字との格闘で緊張を強いられているような場面に限って、時折何の前触れもなく意味不明の台詞や言葉(時には歌)が降りてくるから困ったものだ。
つい先日もそうだった。

「おまえはどこのワカメじゃ?」

いきなり来た。石立鉄男だ!

1984年頃に放送されていたエースコックのわかめラーメンのCMの中で
半被姿の石立鉄男とレオタード姿の若い女性達が画面狭しと踊り狂う。そしてわかめラーメンを手にした石立鉄男のきめ台詞がコレだ。
なんで30年近くも前のCMのきめ台詞が、いきなり私の頭の中に降りてくるのか判らない。
結局この日は、帰宅するまで「おまえはどこのワカメじゃ?」が頭の中でリフレインを繰り返していた。

で、今朝のこと。
眠りから覚めて朝一番に頭の中に降りてきた言葉が

「エテ公」。

正確には「猿公」。
文字どおり猿を指す言葉ではあるが、猿に対して親しみを込めたり、卑しめるときに使われるちょっと品位に欠ける俗語だ。
「エテ公、エテ公…」声に出して呟いてみた。

素朴な疑問。なんで猿が、エテ公なんだ?
早速調べてみた。
もともと「猿」というのは「忌み言葉」らしい。
忌み言葉というのは、いわゆる禁句のことで、現代なら受験生に対しての「落ちる」とか「すべる」とかがそれにあたる。
猿(サル)の場合は「去る」に通じるとして忌み言葉とされていたらしい。

「去る」の反対の意味となる言葉が「得る」と言うことで、何かを手に入れるという意味の「得て(えて)」とした方がゲンがいいからという、言わば縁起かつぎが語源の由来とされている。

同じく縁起かつぎのために呼び方を変えた言葉に
「掏り(スリ)」に通じる「スルメ」を「あたりめ」
「擂り鉢(すりばち)」を「あたりばち」
「無し」に通じる「梨」を「ありのみ」等がある。

日本語っていうのは、実に深い。
面倒くさいけど、細やかで、繊細でとても豊かな言語なのだと、しみじみ感じた。

猿と言えば、ニホンザルは猿の種類の中で世界で一番北に住んでいる猿らしい。
物の本によると同じニホンザルでも本州の寒い地方に住む猿は、縄張りやら食料の奪い合いなどで猿同士、ヤクザの抗争並みに激しく戦うと言う。
しかし、同じニホンザルでも南の島などに住む猿達は、争うことを好まないらしい。
つまりは温暖な気候で、豊かな自然も多く、餌がたっぷりあるので、敢えて闘う理由がないのだろう。

「衣食足りて礼節を知る」ということか?

それにしても「ワカメ」に「エテ公」と来た。
神の啓示か?暗号か?
それとも私はシャーマンなのか?
だとしたら、私の口から、彼らはいったい何を伝えたいと言うのだろうか…?
次に何が降りてくるのか?
自分が怖い。

by Ricophoo | 2013-07-06 22:37 | その他