<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

やるせなさ35%

懸賞 2013年 08月 24日 懸賞

f0036354_16385030.jpg夏の甲子園 全国高校野球は22日、決勝を迎え、群馬県代表の前橋育英高校が初出場で初優勝という快挙を成し遂げ、その幕を閉じた。
ピッチャーの高橋光成君の活躍がとにかく注目されていたが、その2年生エースを支える3年生の「堅守」が光る素晴らしいチームだったと思う。

高校野球は大好きだが、残念ながら今年はあまりTV観戦する機会に恵まれなかった。

ダルビッシュの活躍した年などは、1回戦目のTV観戦途中で、いきなり思い立って息子と二人新幹線に飛び乗り甲子園まで観にいったこともあるほどだ。

しかし、私が一番高校野球に夢中になったのは、忘れもしない第60回記念大会。
1978年、16歳の夏である。

決勝戦はPL学園対高知商業高校。
PLと言えば、今でこそ誰もが知っている甲子園きっての常勝軍団。
まだあの清原、桑田が高校にも入っていない昔、そのPLが初めて栄冠を手にしたのがこの記念すべき60回大会だ。

この時の決勝戦は、高校野球スレでも、未だ球史に残る名勝負としてランクインするくらいのスゴイ試合だった。

結果は、PL学園が前日の準決勝に続いて奇跡とも言える2-3の9回逆転サヨナラ勝ちで、高知商業高校を破り初優勝した。

PL学園は確かに凄かったが、私は高知商業高校の大ファンだった。
1回戦、2回戦と勝ち進むたび、ツキが落ちてはいけないと、洗濯しない泥だらけの真っ黒なユニホームで戦う高知商業高校ナイン。泥だらけで戦う無骨で一途な、彼らの姿に痺れた。
なかでも私が特に夢中になったのが1番バッターを務めていた明神茂行君だ。
必ずといっていいほどヒットを放ち、先陣を切って塁に出る姿に熱狂した。
明神君の7連続安打は神がかり的なものを感じたほどだった。

高校野球期間中は、勉強そっちのけで新聞の切抜きを透明下敷きの間に挟み、記事やスコアブックを食い入るように眺め、とにかく寝てもさめても明神君一色。常軌を逸するほどの熱狂振りだった。

しかし、女心と秋の空とはよく言ったもので、高校野球が終わり、秋が来て移り気な女子高生の下敷からは泥だらけの坊主頭の高校球児は姿を消した。そしてその後釜にはイギリスのロックバンド、クィーンのフレディマーキュリーが入った。泥だらけの坊主頭の高校生から、胸毛もじゃもじゃのゲイのロックスターへ。節操のないのは昔からか。

今年も高校野球が終わり、そんな大昔の思い出に浸っていた時、ふと何気にスマホでググって検索してみた。

明神君は高校卒業後、明治大学に進んだが、大学野球では活躍の記録がなく、4年次には選手名鑑から名前がなくなっていることから、おそらく退部していたと思われる。
怪我でもしたのだろうか?野球を止めてしまったのだろう。

1級下で甲子園で一緒に活躍した森田君は同じく明治大に進み2番セカンドプレーし春、秋とベストナインに選ばれ、また4年生では主将を務めるなど華々しい成績を残したようだ。
何だか少しだけ切なくなった。
古い高校野球ファンのスレなどでは、未だベストナインに選ばれるほど強烈な印象を残した明神君。
かつて甲子園を賑わした松井が国民栄誉賞をもらい、松坂やダルビッシュが大リーグで活躍し世界中を熱狂させている。そして田中は開幕18連勝で球界の鉄人となった。

彼らは確かに一握りのスーパースターかもしれない。
しかし1978年夏、明神君も彼らと同じように甲子園で日本中を熱狂させた高校球児の一人だった。
過ぎ行く夏、やるせなさ35%の気分である。

by Ricophoo | 2013-08-24 16:34 | スポーツ | Comments(2)

上高地で まったりキャンプ

懸賞 2013年 08月 16日 懸賞

f0036354_23514844.jpg8月11日、都心の暑さから逃げる様に仲間と上高地へ2泊3日のキャンプに行ってきました。
今回の旅の目的は、とにかく灼熱の東京砂漠を脱出!
無理せずのんびり究極のゆるゆるキャンプを行うこと




8:30新宿発(あずさ9号)
12:44松本着(改札を出ずにそのまま7番ホームへ行き上高地線に乗り換えます)
13:14新島々着(新島々から上高地行きのバスに乗り換えます)
14:35上高地到着(上高地までのバス所要時間は約1時間5分)
14:45上高地バスターミナルで食事(岩魚の塩焼き定食 最高に美味しかった)
15:30小梨平キャンプ場へ到着
受付を済ませた後テントの設営。
ビールでまったり。
河童橋、大正池等を散策。
お風呂(なんと小梨平キャンプ場には、綺麗なお風呂があるんです!しかもシャンプーリンス、ボディソープ完備)
入浴後は簡単なごはんを作ったり、ワインを飲んだり、星空を眺めたりして
1日目の夜は過ぎていきました。

f0036354_23534072.jpg2日目も朝からピーカン、雲ひとつないいいお天気でした!
キャンプ場を拠点に横尾や涸沢、槍ヶ岳(と言っても急な登山道のかなり手前までなので誤解なきように)明神池などを走ったり、歩いたり、写真を撮ったり、お花を眺めたりしました。(猿も見ました)


嘉門次小屋で岩魚の甘露煮のおそばを食べました。(美味しかった!)
キャンプ場へ戻りお風呂で汗を流した後、小梨食堂で生ビールを飲みました。
岳沢から穂高連峰まで見渡せる最高のロケーション、そして梓川の川のせせらぎを聞きながら飲むビールは最高です!



f0036354_0171582.jpgこの日も夜は星空観察。
なんと今年は8月12日未明から13日にかけてがペルセウス座流星群のピークだったそうです。
偶然とは言え、2日間、見たこともないくらいの満天の星空と見たこともないほど沢山の流れ星を見ることができました。

3日目は朝6時頃起きて、簡単な食事をとり、のんびりテント撤収。
ビジターセンターで時間をつぶした後、バスターミナルへ。

10:10上高地発
11:15新島々着
11:30上高地線 新島々発
12:00松本着

f0036354_23544947.jpg帰りの電車が夕方なので、無料のレンタサイクルを借りて、松本市内を観光。
松本城、開智小学校、松本市美術館など松本の街をぐるぐる自転車に乗ってのんびり見て回りました。





f0036354_0181016.jpg「のまど」という陶器のお店に立ち寄って、穂高連峰を描いた素敵な ぐい飲みの焼物を、買いました。
思い出の品としていい記念になります。





上高地は昼間の気温は日なただと、松本市内とさほど変わらないほど暑くなりましたが、一旦日陰に入れば涼しく夢の楽園のようでした。しかし夜になると急に冷え込んで、ダウンジャケットを着ないと眠れないほど寒かったです。

お天気にも恵まれた最高の3日間。大自然の懐に抱かれ、爽やかな木立の中、心も体もリフレッシュできました。

by Ricophoo | 2013-08-16 23:48 | | Comments(2)

国立演芸場 8月上席

懸賞 2013年 08月 14日 懸賞

f0036354_14255968.jpg国立演芸場8月上席 夜の部 会社帰りにふらりと観て来ました。
職場から直ぐの国立演芸場は、この「ふらり」が出来るのが何と言ってもいい所。
今日のお目当ては、三遊亭丈二さんと桃月庵白酒さんと、主任を務める三遊亭円丈師匠の落語です。

出演と演目は以下の通り
前座 三遊亭わん丈さん 「子ほめ」
三遊亭ぬう生さん 「給食費」
三遊亭丈二さん「のめる」
キセル漫談 ひびきわたるさん
夢月亭清麿さん 「東急駅長会議」
柳家小ゑんさん 「アクアの男」
桃月庵白酒さん 「真田小僧」
マジック ダーク広和さん
三遊亭円丈さん 「円丈かぶき噺 白波五人男」

今回の8月上席は主任が円丈師匠ということで、そのお弟子さん達が多く出演するため、普段あまり聴く機会のない新作落語を沢山聴く事ができました。

ぬう生さんの「給食費」は生活に困っているわけではないのに子供の給食費を払わない今どきのモンスターペアレントに、どうにか給食費を払わせようとあの手この手で奮闘する学校の先生のお話。

柳家小ゑんさんの「アクアの男」は品川の水族館を舞台に、魚の餌付けショーのお姉さんに熱を上げる水族館オタクのお話(品川心中を匂わせるサゲが上手かった!)。

夢月亭清麿さんの「東急駅長会議」は、かなりマニアック。東急東横線沿線を利用している人でなければ多分少しも面白くなかったかもしれませんが、私的には大うけでした。

三遊亭丈二さんは「のめる」。
「のめる」が口癖の男と「つまらねぇ」が口癖の男。お互いの癖を直そうと一言でも口癖を言ったら罰金を取ろうと約束をします。お金がかかってるので相手に口癖を言わせようとするあの手この手が笑えます。新作落語の大家を師匠に持つ丈二さんですが、前回聴いた「権助魚」も古典、今回も古典と続いていて、私はまだ丈二さんの新作落語を聴いたことがありません。きっと新作の面白いネタも沢山やられているのでしょうが、軽い話を小気味良く聞かせてくれる丈二さんの古典が私は大好きです。

「真田小僧」は、私が落語の中で好きな滑稽話です。
「お父さんが留守の間にお母さんが、男を家に上げていた」という子供の話に騙されて
「この話の続きが聴きたければお小遣いをおくれ」と言われ、ついついお金を払ってしまうお父さん。邪気のあるようでないような子供とお父さんのやり取りに、わかっていても大笑いしてしまいます。
桃月庵白酒さんの「真田小僧」は磐石です。文句なく面白い!

ヒザ代わりは マジックのダーク広和さん
ダーク広和さんはものすごい勉強家です。
特に江戸時代、もしくはそれ以前の古くから伝わる古典のマジックを国会図書館で資料を集めて研究されているそうです。
そんな昔からマジックがあったということだけでも驚きなのに、古いマジックは今のような便利なグッズがあったわけではないのに現代の私たちが見ても今のマジックと全く遜色がありません。
「え?なんで?どうして?」という不思議な気持ちは時代を越えていくものなのだなあとしみじみ思います。

トリは、お待ちかね三遊亭円丈師匠の「円丈かぶき噺 白波五人男」です。

新作落語は「邪道」とする考え方が支配的な時代に、実験的・前衛的な作風で新作落語のイメージを覆し一世を風靡した円丈師匠。
その後の新作落語の復権は円丈師匠なくしては考えられなかったと言わしめる、誰もが認める大御所です。

しかし寄る年波なのでしょうか?体力温存のために設けられた「小仲入り」、台詞を忘れたときに助け舟を出す黒子さんの待機、羽織の下の腕やら床に書かれたカンペにはびっくりでした。
実際に噺の最中 「…で、なんだっけ?」自作の落語を忘れること数回。
その度にハラハラドキドキさせられました。
もしかしたら、これも実験的・前衛的な師匠の落語の一環なのでしょうか?

しかし高座に上がっただけで、放たれるオーラ、そして何かが起こりそうな予感。
円丈師匠、あの独特のフラはやっぱりスゴイです。

by Ricophoo | 2013-08-14 14:11 | 落語 | Comments(0)

Echika fit永田町

懸賞 2013年 08月 08日 懸賞

f0036354_22394235.jpg今日は昭和88年8月8日(昭和が続いていれば)末広がりのおめでたい日です。
そして今日 Echika fit永田町が東京メトロ永田町駅の駅ナカにオープンしました。
永田町駅は有楽町線、半蔵門線、南北線が接続していて、また銀座線、丸の内線の赤坂見附の駅とも繋がっている一日に11万1千人もの乗降客があるターミナル駅です。
私も気が向いたら時々通勤で利用しています。
Echikafitは上野、東京、銀座に続き永田町で4箇所目になります。
永田町といえば国会議事堂や最高裁判所。人の流れはまずまずあるのですが、いかんせん飲食店が少ない。国立劇場や国立演芸場で芝居や寄席帰りのお客さんを見込んだのか、飲食店ばかり7店舗がオープンしました。。

f0036354_2250948.jpgオープン当日午後17時過ぎ、なかなかの盛況です。

うどん専門店「つるとんたん」、「ごく旨肉そば 日の陣」、「CAFE&BAR T-Crossing」、和食店「「和 いち膳」、洋食店「グリル鉄板ラッシュ!」、おむすび専門店「一等米 手むすびむすび」、カレー店「カレーショップC&C」、クリームパン専門店「八天堂」からなっていて、フードコートのように、お店で注文して料金を前払い、ポケベルがなったら料理を取りに行き、好きなテーブルで自由に食べることが出来ます。
座席の約8割にコンセントが設置されていてスマホやタブレット、ノートパソコンユーザーには嬉しいところ。







f0036354_2250571.jpgオープンを記念して500円以上の会計でミント味のタブレットがはいった「Echikaちゃんオリジナル缶」をもらえます。
私は「グリル鉄板ラッシュ!」でサーロインステーキのセット(1080円)を食べました。
これから会社帰りに、寄席帰りに永田町の駅をついつい利用することが多くなりそうです。

by Ricophoo | 2013-08-08 22:53 | | Comments(2)

市馬さんに夢中!(その4)

懸賞 2013年 08月 05日 懸賞

f0036354_225068.jpg8月3日 上野鈴本演芸場 8月上席 夜の部へ行ってきました。
もちろん市馬さんが主任なのは言うまでもありません。
なので贔屓として期間中一席はおさえておきたいところです。
しかも今最もノリに乗ってる勢いのある若手のホープ春風亭一之輔さんも出演されると聞いたら行かないわけにはいきません!一之輔さんファンの友だちに急遽連絡を取り、上野駅で待ち合わせて、お酒とお弁当を買い込んで
いざ鈴本へGO!

上野鈴本演芸場は今回で3度目。
JR上野駅不忍口から徒歩8分ほど
銀座線上野広小路駅A3出口から徒歩1分 中央通り沿いにあります。
鈴本演芸場は3階の客席へ上がるエスカレーターとエレベーター1基があります。客席は285席。両脇が2、3席、真ん中が10席くらいなので出入りがしやすく、客席には折りたたみ式の小さなテーブルが付いています。国立を別にすれば、寄席の中でも鈴本は清潔感もあって客層も割りと感じ良く女性1人でも気軽に入れる雰囲気です。
最前列には誰も座っていなかったのですが最前列にはテーブルがないので私たちは前から3列目の右脇の席に陣取りました。

今回の出演と演目は以下の通り

【柳亭市江さん】「近日息子」…先日の池袋に続きまたまた市江さんです。
与太郎の馬鹿さ加減をもっと際立たせると更に良かったのですが。相変わらず舌足らずが気になります。まくらも池袋と一緒で工夫が欲しいところです。

【太神楽曲芸 鏡味 仙三郎社中】…師匠の土瓶の芸は秀逸です。
地味な芸なのでテレビではあの凄さは判らないでしょうね。ライブで観るに限ります。

【三遊亭萬窓さん】「紀州」…テーマとなる聞き違いをまくらでさり気なく匂わせつつ、サラリと本題に入って行き、ここぞとばかりピンポイントで落ちて行く、萬窓さんの隙のない構成力とサゲのスマートさに唸りました!

【粋曲 柳家小菊さん】粋曲とはいいものですね~。和の粋をしみじみ感じます。
近ごろ親日家の外国人が多くいらっしゃいますが、日本文化の知識に舌を巻くことばかりです。しかしこういう小唄とか都都逸とか三味線の音の間合いとか日本人にしか判らないような気もしますが、刺身とかひじきとか好きな外国人も多くなってきたので都都逸なんて色っぽく唸る金髪美人が、そのうち出てくるかも知れませんね。

【柳家はん治さん】「ろくろ首」…当初出演予定の柳家さん生さんの代演です。はん治さんは初めて聴く噺家さんですが、メリハリがあり、物語の中に観客を上手に引き込んでいく力がある方です。また違う演目で聴いてみたい噺家さんです。

【春風亭一之輔さん】「看板のピン」…平成24年3月、21人抜きの大抜擢で真打昇進して話題になり、その後の披露興行も連日大入りの大成功を収めた、いまや最もエキサイティングな若手のホープと言われている一之輔さん。市川海老蔵似のルックスもさる事ながら観客を突き放すようなクールで毒のあるまくらが堪りません。パンチある落語という印象で、これからの落語界を牽引していくだろうという頼もしさがありました。

【講談 宝井琴調さん】「大岡政談 人情さじ加減」…このお話は落語でも聴いたことがありますが、講談では初めてです。釈台を拍子木で叩き音を出すことにより話にメリハリが付くくらいで、落語と講談の違いがあまり良く判らないのですが、落語でも講談でも大岡政談は、やはりスカッと後味がいいですね。

【漫才 大空遊平・かおりさん】…夫婦漫才って最近少なくなりました。奥さんのマシンガントークに旦那さんがタジタジというお馴染みのパターン。
相方玲児さんが亡くなってしまったという以前に、まあこういう時代ですから、今はもう完全に見ることはできなくなってしまいましたね。正司敏江・玲児の「どつき漫才」!あの激しいバイオレンスシーンが時々無性に見たくなる時があります。(ビョーキ?)

【春風亭正朝さん】「普段の袴」…この落語の舞台となっている骨董屋のある通りがちょうどこの上野鈴本のある中央通りです。昔は神田の筋違御門(万世橋あたり)から上野広小路あたりを御成街道と呼んでいたそうです。将軍家が上野の寛永寺に参拝するルートにあたることから刀剣や兜などを扱う武具商や骨董屋さんが多くあったとか。普段見ている景色も落語を通じて見てみると江戸の風情が漂ってきます。

【マジック アサダ二世さん】…池袋に続き、またまたアサダ先生の登場です!
舞台に出てきてすぐ「夏は汗で手品がやりにくい」とかおっしゃっていたので、今回もまたマジックをやらずに帰ってしまうのかとドキドキしていましたが、いきなり新聞紙に水を入れるマジック、おなじみのトランプのマジックなど2つも披露して下さいました。(こんなにたくさん見せて下さったのは初めてです!)
寄席の最後を務める方を「主任」とか「トリ」とか呼びますが、その一つ前の舞台を務める芸人さんを「ヒザ代わり」と言うそうです。市馬さんのヒザ代わりをなぜかアサダ先生が務めることが多いような気がするのは、気のせいでしょうか?まくらでアサダ先生を「怪しい人」と貶しつつも、多分市馬さんはアサダ先生ファンじゃないかと確信しています。
ご存知ない方は、とぼけたキャラがイメージ的にはマギー司郎と被った方もいらっしゃるかと思いますが、似て非なるもの!言葉ではなかなか言い表せない怪しい感じが堪りません。
アサダ先生は寄席でしか見てはいけない人っていう気がします。

【柳亭市馬さん】「三十石 夢の通い路」
上方の「東の旅」と呼ばれる長編落語の最終部分で京の伏見から淀川を三十石船に乗って大阪の八軒家の浜にたどりつくまでの船中の様子を旅情豊かに描いた落語です。
またこの落語は船頭さんの「三十石舟歌」を美声で節回しの巧みな演者が歌うところが聴きどころ。まさに市馬さんのためにあるような演目です。市馬さんの演じる狭い船内の旅人たちの様子や船頭さんの掛け声や唄を聴いていると、まるで自分もその船に揺られ旅をしているような不思議な気分になります。今回も市馬さんワールドに完全にノックアウトです。歌を歌わせたら天下一品。歌謡曲はもとより、都都逸や相撲甚句も素晴らしい。
歌舞伎の台詞を言わせたら本家がタジタジするくらい上手に演じられます。
舞台に出てきただけで、「待ってました!」とかけ声をかけたくなる。人々の顔から笑いがこぼれ、舞台がぱぁーと明るくなります。華があって色香がある。市馬さんは、まさに落語家になるために生まれてきたような人です。
「三十石 夢の通い路」市馬さんにとって落語は天職だと思わせる一席でした。

by Ricophoo | 2013-08-05 22:51 | 落語 | Comments(0)

市馬さんに夢中!その3

懸賞 2013年 08月 04日 懸賞

f0036354_14289.jpg7月20日 池袋演芸場 中席 最終日夜の部に行って来ました。
池袋演芸場は池袋駅西口徒歩3分
東武百貨店の隣、ケンタッキーの角を曲がった路地にあります。
92席の椅子席、比較的こじんまりとした寄席でした。

この日の出演は以下の通り

【柳亭市江さん】 市馬さんのお弟子さんです。ちょっと舌足らずが気になります。

【林家まめ平さん】

【漫才 ロケット団】・・・何度か寄席で見ていますが、いつも面白いのに今日はかなり手を抜いている感あり。

【柳家小里んさん】「へっつい幽霊」…ベテランならではの安定感。気品と味わいがある「粋」を感じました。また聴きたい噺家さんです。

【蝶花楼馬楽さん】「犬の目」・かっぽれ…穏やかな話し方に癒されます。中席の期間通じて踊りがなかったからと「かっぽれ」を披露して下さいました。こういう感じ、お座敷遊びみたい(やったことないけど)で粋でいいですね。

【マジック アサダ二世】…おなじみ!アサダ先生。いつもいろいろ道具を用意していても、くだらない話ばかりでマジックをやらないで帰ることも度々。夏は汗でマジックがやりにくいからとそのまま帰ってしまう雰囲気でしたが、最後にトランプのマジックを1個だけ。
アサダ先生を知らない人からは文句が出そうでしたが、これがアサダ先生なんです。

【柳家喬太郎さん】「宮戸川」…好きな人からは熱狂的な支持を受けている喬太郎さん。宮戸川の若い二人の色香のあるシーンを品よく演じられていました。次回は喬太郎ワールド のギャグ&ナンセンスをもっと聴きたいなと思います。次に期待したいです!

【林家木久蔵さん】「天狗裁き」…お父さんの天然は一代限り。多分超えられないと思いますが、古典の正道で頑張ってほしいです。

【林家正蔵さん】「蔵丁稚」…こちらもお祖父さん、お父さんを越えるのは努力だけでは叶わないのをご自身が既に判っていらっしゃる。大きな名前を継ぐことの重圧に葛藤があるのかなと思わずにはいられません。こぶちゃんはこぶちゃんのままでいて欲しい。ちょっと痩せすぎというか、激やせです。どうしちゃったんだろう?

【紙きり 林家正楽さん】


【柳亭市馬さん】「鰻の幇間(たいこ)」…翌々日が土用の丑の日だということで「鰻」の噺。実にタイムリー!季節に合わせた噺の選び方もさることながら、今回の落語も「上手い」の一言。さすが市馬さんです。
太鼓持ちのチャラ系キャラは言うまでもありませんが、騙されたと知った後の、嫌味たらしい物言いに大爆笑。一人の人間の中にある「喜」と「怒」。「明」と「暗」。極端な二面性を際立たせてそれを笑いに変える これぞ市馬マジック!今更ながら市馬さんの人間観察眼の素晴らしさに感服します。

【鰻の幇間】
太鼓持ちの一八。通りで出会った浴衣姿の旦那が誰だか思い出せない。時はちょうどお昼時、昼食でも御馳走になろうと企んで、よいしょを始めた。
湯屋に行く途中だから忙しく長居はできないので近くの鰻屋に行こうという旦那の後に付いて小汚い鰻屋へ。自慢の下駄を脱いで二階に上がる二人。小汚く品のない店だったが、ご馳走になる身の一八は、得意のよいしょで、店と旦那を大いに持ち上げる。鰻が出てきて、しばらくすると旦那がはばかりに立ったので、お供しようとすると、いちいち付いて回るのが鬱陶しい、はばかりくらい一人で行けると言うので、部屋で待つことにした一八。
 いつまで経っても旦那が戻らないので迎えに立つと、先に帰ったという。忙しいと言っていたから仕方がない、お土産や御捻りくらいは置いていったはずだと、帳場に尋ねるが、そんなものはないと勘定書きを持ってきた。勘定が異常に高いので文句を言うと、先の客がお土産を二人前もって帰ったと言う。
仕方がないので、残りの酒と鰻を食べながら、よいしょから一変。怒りの矛先を小汚い鰻屋に向け、怒り大爆発!嫌味を言い続ける一八。
食事を終え、帰るからと自分の下駄を求めると、先客が履いて帰ったと言う。ご馳走になるはずが、まんまと騙された一八…。

by Ricophoo | 2013-08-04 13:55 | 落語 | Comments(0)