<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

高水三山 東京近郊ミニハイク

懸賞 2013年 09月 25日 懸賞

f0036354_2155293.jpg9月23日 仲間と奥多摩 高水三山へ登ってきました。
昨日の奥武蔵 蕨山から引き続き、2日連続の東京近郊ミニハイクです。



奥多摩登山の入門コースとして多くの登山者から愛されているということで、いつかは登ってみたいと思っていた高水三山。
なんと言っても駅から駅へとアプローチできるアクセスの良さは抜群です。
また高水山、岩茸石山、惣岳山と3つのピークを結ぶプチ縦走気分が味わえるのも人気の秘密でしょう。

7時44分ホリデー快速奥多摩1号で新宿駅を出発。
8時57分青梅着。
青梅線に乗り換えて軍畑(「いくさばた」と読みます)に9時10分到着。
軍畑から駅前の道標を「高水山方面」へ。
緩やかな登りが続く一般道を30分弱歩きます。
道路右手には平溝川が流れ、水音が涼しさを感じさせてくれます。
しばらく行くと高源寺に着きます。更に上るとようやく登山道へ入ります。
杉林の中をひたすら進むと常福院に到着。

f0036354_2224792.jpg常福院の狛犬は狛犬らしからぬカワイイ系で思わずパチリ。

しばらく登ると高水山山頂となります。
高水山の標高は759m。
高水山は樹林で覆われていて眺望はあまり良くありませんが、南側の木々の間から御岳山と大岳山が見えます。


少し休んで、目指すは岩茸石山です。
高水山山頂からは結構厳しい下りがありますが、しばらく行くと平坦な尾根歩きが続きます。時折木々の隙間から展望が広がります。
高水山から30分程、山頂まではもうひと踏ん張り。

f0036354_2241624.jpg岩茸石山山頂は標高793m、奥武蔵の山々が一望できるこのコースで最も展望がよい場所です。
この日は少し雲があり絶景とは言えませんでしたが、視界が開ければ川苔山、棒ノ折山、武甲山など奥武蔵の山が連なって見えるそうです。

広々とした山頂でランチタイム。おにぎりを二つ食べました。

次は3つ目のピーク、惣岳山を目指します。
岩茸石山山頂奥のベンチの先を直進せず左へ進みます。
足元の滑りやすい露岩の急な下りを慎重に進みます。

f0036354_2251973.jpg木の根と巨岩が剥き出しの急登を上がりきると惣岳山山頂(標高756m)となります。
杉とヒノキの静かな山頂には金網に囲まれた青謂神社奥の院があります。


ここから御嶽駅へ向かって下山です。
岩ゴロの急坂を慎重に下っていきます。
時々緩やかな登山道になってホッと一息つけますが、結構ハードでパンチの効いた下り坂です。
登山道の一部は「関東ふれあいの道」にもなっているそうです。送電線の下を3回ほど越えます。
もういい加減下りの緊張感が途切れそうになる頃 やっとこ御嶽駅に到着です。
総歩行時間は3時間30分、総歩行距離は9.3kmでした。

予定では、御嶽駅から川井駅まで電車で移動して松の湯温泉へ行くつもりでしたが、御嶽駅のインフォメーションセンターで日帰り入浴のできる施設を尋ねてみると、近くの民宿や旅館で入浴や食事を提供してくれる場所が結構あることを教えて下さいました。

f0036354_2275984.jpgそこで私たちは駅から5,6分の場所にある「ぎん鈴」へ行くことにしました。
創業は1933年というちょっと見た目は古びた旅館ですが、通されたお座敷からは名水百選に選ばれた御岳渓流を眼下に望めます。
渓流を流れる風の心地よさと、お店の方の気さくな雰囲気は、まるで高級旅館で寛ぐようです。
お風呂は残念ながら温泉ではありませんが、浴室は清潔で広々として、山歩きの疲れを癒してくれました。
湯上りはもちろんビールで乾杯。
「あぁ・・極楽~!」

f0036354_229641.jpgそして、関東ではこの「ぎん鈴」でしか味わえないという、北海道から空輸している「音威子府(おといねっぷ)そば」を頂きました。
秘伝の黒そばと言われている音威子府そばは、そばの甘皮まで挽いて入れているので見た目は真っ黒で、少しびっくりしますが、コシが強く風味が豊かで、それは濃厚な味わいでした。
音威子府そばを生まれて初めて頂きましたが、本当に美味しかったです。
おそばも最高でしたがコクのある蕎麦湯の味も忘れられません。
いつかまた高水三山を登った時には、是非とも ぎん鈴にお蕎麦を食べに来たいと思います。

低い山、高い山、低いけど険しい山、懐深い雄大な山、ゆるやかな優しい山、少し意地悪な山、人に個性があるように、山にもそれぞれいろんな個性があるのを感じます。
日本名山といわれる名峰だけが山じゃない。遠くまで大きなリュックを背負って行かなくても奥多摩、奥武蔵、秩父、丹沢等関東周辺には日帰りで気軽に行けるそんな個性豊かな魅力溢れる山がたくさんあります。
ミシュランの三ツ星レストランの情報をたくさん知っているより、下町の粋な小料理屋や人情豊かな横丁の焼き鳥屋さんを、たくさん知ってるほうが実は素敵だったりします。

「明日山へ行こう!」そう思ったら、リュックに荷物を詰め込んで、いつもより少しだけ早起きをして出かけます。
まだ見ぬ素敵な山に出会えそうな予感。
東京近郊低山ミニハイクは、低くてもなかなか奥が深そうです。

by Ricophoo | 2013-09-25 21:45 | 登山

奥武蔵 蕨山登山

懸賞 2013年 09月 24日 懸賞

f0036354_21553910.jpg9月22日 奥武蔵の蕨山へ登ってきました。

天候は晴れ後やや曇り。気温は、ここのところのしのぎ易さから一転、
30度を越す暑さがぶり返してきました。

西武新宿線「ちちぶ5号」で7時半に池袋を出発。
8時9分飯能着。
飯能駅から国際興業バスで名郷までちょうど1時間のバスの旅です。

名郷バス停で降り、飯能方面へ少し戻ると「蕨山へ4.5k」の道標があり、そこから登山開始です。
蕨入橋を渡り林道へ入って行きます。
「蕨入林道終点」の道標に従い沢を渡り樹林帯を登っていきます。
緩やかな傾斜もありましたが、急登あり、岩ゴロの道ありで、結構厳しいコースです。
低山とはいえ侮れません。

f0036354_2251719.jpg奥武蔵の山は植林が多く味気ない印象もありますが、蕨山は尾根上へ上がるほどミズナラ、ホオノキ、ツガ、アカマツなどの気持ちよい自然林に包まれます。
この日は日差しが強く大汗をかきながらの登山となりました。
時折木陰に吹く風が気持ちいい!

f0036354_2253547.jpg蕨山の最高点は1044m。有間山方面へ少し行ったところにあります。

蕨山展望台からは大持山、武甲山、武川岳へと続く尾根が展望できます。
おにぎりを2つ食べてお茶を飲んで一休み。

山頂からの下りは一気に下る場面も多く息を抜けませんが藤棚山にかけては緩やかな尾根になっていてゆったりと山歩きが楽しめます。

大ヨケノ頭からは棒ノ嶺方面が、中登坂を過ぎると名栗湖が望めます。
金比羅神社跡を過ぎるとゴールのさわらびの湯バス停までもうひと下り。

民家の脇を抜けてさわらびの湯バス停に到着。
登山開始約4時間20分。総歩行距離は10.5km。

f0036354_22144376.jpgさわらびの湯は大浴場、露天風呂、スチームサウナもあるきれいなお風呂でした。
泉質はアルカリ性単純泉で神経痛や疲労回復、筋肉痛などへの効能があるそうです。

休憩室も完備、湯上りに飲むビールは最高でした。
やっぱりこれがなくては!生きててよかったと思える瞬間です。

さわらびの湯から飯能駅まではバスで45分。
東久留米で起きた人身事故の影響でレッドアローが運休のため、
ほろ酔い気分でのんびりと西武線で池袋まで帰ってきました。

北アルプスや南アルプスばかりが山じゃない。
秩父や奥多摩、奥武蔵には地味だけれどたくさんの素敵な山がありますね。

by Ricophoo | 2013-09-24 21:27 | 登山

ブナの森 三頭山 登山

懸賞 2013年 09月 08日 懸賞

f0036354_23141548.jpg9月7日、檜原村の三頭山へ登ってきました。
先週初め「奥多摩、奥武蔵、秩父人気の山50」という本を買って読み始めました。
パラパラと頁を捲っていると、どうしてもどこかの山へ登りたくなってきます。
今回は、一人で登ろうと決めていたので登山レベル初級と表示もある、比較的登りやすそうな都民の森の「三頭山」に決定。

お止め山だった三頭山は江戸時代から木々の伐採を免れてきたそうです。
そのため山頂付近にはブナの残る豊かな森林が広がっています。
東京都でまとまったブナ林が観察できる数少ないスポットとしても有名で、ブナ林マニアにはたまらない場所ですね。

三頭山の標高は1531m、ガイドブックの総歩行時間は3時間20分とあります。
天気が良ければ山頂からは富士山や奥多摩の山々が一望できるとのこと。
また、ふもとに檜原温泉センター「数馬の湯」や「三頭山荘 三頭の湯」などの温泉施設があるのも三頭山に決めた理由の一つです。
もはや登山後の温泉は私の中での鉄板常識となっています。

自宅を6時過ぎに出発。
立川駅7時15分着。JR青梅線に乗り換え 7:57武蔵五日市駅到着しました。
ここからは都民の森までバス便です。(あまり本数がないので下調べを!)
武蔵五日市駅前 1番バス乗り場から8:22発 (直通)都民の森行きバスに乗ります。
(夏山・紅葉シーズンは登山客が多いので、全員乗れない場合もあるとか。早めに並ぶことをお勧めします)
1時間ちょっとバスに揺られて9:30都民の森に到着です。
今日は一日曇りの予報でしたが、都民の森はごく弱い霧雨が降っています。
山は白い霧が出ていて登山日和とは程遠い天候です。

トイレを済ませて9時40分 都民の森入り口から登山開始です。
森林館の横をまっすぐ 小屋の脇から「ブナの路案内」に従い左へ進みます。
まずは最初の分岐点 鞘口峠を目指します。
いきなりの急坂。息を切らせて登ること17分で鞘口峠へ到着。
(あれ?ガイドでは30分と書いてあったのに)ずいぶん早い到着に気を良くしたのもつかの間。実はこの後30分も経たないうち遭難しかけることになります。

今回、一人登山ということもあり、頼れるのは自分だけ。初級レベルの山と侮るなかれと自分に言い聞かせ、行程表や旅のしおりまで自作しました。
三頭山に関して一週間研究を重ね、脳内シュミレーションを何度も繰り返し、登山準備を怠りませんでした。
なのに!鞘口峠の分岐で、4、5名のトレイルランと見られる人たちが登っていく方に何の疑いも持たず標識も良く見ず付いて行ってしまったのが大きな間違い。
彼らは直ぐに私の視界から見えなくなりました。それでも急坂を息も切れ切れに登っていると、旅のしおりに書いた覚えのない「シラカバの路」「ツガの道」「風張峠」などという標識が・・・。落ち着いて地図を見ると、なんということでしょう!全く反対方向へ登っているではありませんか!
自分の頭の悪さと注意力の無さに呆れ返り、もと来た路を涙目になりながら戻りました。

鞘口峠へ戻り「ブナの路」を登ります。10時36分標高1397メートルの見晴らし小屋へ到着。ロスした時間も入れてほぼガイドブックの時間通り。

霧が出て景色は楽しめませんが視界はそれほど悪くはなく、ブナの森のは明るい感じで歩けました。
見晴らし小屋から一度下ってしばらく歩くと三頭山西峰への分岐がありますが とりあえず東峰へ向います。

東峰には展望デッキがあり、晴れていれば御前山から大岳山方面が一望できるそうです。(残念!)
東峰からわずかで中央峰(ベンチでおにぎりを1つ食べて休憩です)。
そして11時16分西峰山頂へ到着しました。西峰からは南に富士山、北に雲取山から鷹ノ巣山が展望できるそうです。(無念!)三つの頂上があるので三頭山と言うのはネーミング的にもう一ひねり欲しいところです。

f0036354_21394077.jpg山頂からは西原峠・三頭大滝方面へ下ります。結構急坂を上ってきたので、下りは怖いかなあと思っていましたが、整備の整った階段などが多くあり、とても助かりました。下りも依然弱い霧雨が降っていましたが、レインウェアも要らないほどで、霧雨で体が程よく冷やされて気持ちよく感じるほどでした。道も濡れていますが、ぬかるんでいないので岩場以外は歩きやすかったです。岩場は霧雨のために濡れて滑りやすくなっているので、終始緊張の連続でした。
11時27分ムシカリ峠到着。
ムシカリ峠を左に曲がり尾根と別れて沢沿いの道を下西原峠・三頭山大滝分岐を目指します。
沢の水音が心地よく耳に響きます。途中大きなカエルの出現にびっくりしました。
分岐では大滝の路を行きます。
12時10分 三頭大滝に到着しました。
f0036354_21375159.jpg滝見橋から正面にみる大滝と眼下の流れが綺麗です。
ここからはウッドチップの敷かれた「森林セラピーロード」を下ります。
柔らかいウッドチップは登山で疲れた足を優しく癒してくれます。









f0036354_21415233.jpg途中景色が開けて見える場所があり、天気が良ければ、戸倉三山や生藤山などが展望できるそうですが、この日は白い雲のなか何にも見えませんでした。







f0036354_2140402.jpgセラピーロードを下りきった所で、ゴールの森林館の脇に出ました。
都民の森入り口到着12時17分。総歩行時間2時間50分でした。






都民の森で、ソフトクリームを食べバスを待ちます。
13:02分のバスで数馬へ。(都民の森~数馬は無料区間だそうです。)
数馬バス停から徒歩10分(看板が出ているのですぐにわかります)今回の登山のもうひとつの楽しみ 三頭山荘へ向いました。

f0036354_23164247.jpg三頭山荘の三頭の湯は標高750m 東京都で一番高所にある露天風呂があります。
純天然温泉ではありませんが、北海道の二股カルシウム温泉原石・湯の花を生かし効能豊かなお湯を作り出しているそうです。
情緒豊かな本館の建物は築400年の数馬兜造りの古民家で、数馬の中でも最古の宿として有名です。


f0036354_2318294.jpg食事や日帰り温泉だけでも利用でき、私はガイドブックに載っていた12種類の山菜を楽しめる山菜会席膳を頂きました。(写真は22種類の会席膳です)





f0036354_23195277.jpg温泉は内湯と露天の2つのお風呂が楽しめます。露天からは山の景色を見ることができました。お風呂はとても綺麗で(シャンプー・コンディショナー有)誰もいなかったので、貸し切り状態でした。

お風呂でまったりして、15:02分 数馬バス停からバスにのって、武蔵五日市駅からホリデー快速に乗って帰ってきました。



f0036354_21423799.jpg今回一人登山という私にとっては大きな冒険の旅となりましたが、東京のチベットとも言われる檜原村の緑豊かな大自然に包まれ、森林セラピーの言葉通り、心も体も癒されたような気がします。あいにくの霧雨で雄大な美しい景色は臨めませんでしたが、雨に濡れた深緑のしっとりとした空気や霧の中の墨絵のような幻想的な景色もなかなかいいものだなあと思います。

本当は登山をするときには、自分が登る山をしっかり調べて準備するのは基本なのですが、私の場合いつも連れられ登山ばかりで、そういう作業をおざなりにしていたことを、今回改めて反省しました。登山と言うものは、いつも危険や不安と背中合わせですが、事前に山について勉強することで、不安はずいぶん軽減されるものです。

一人の登山は基本的に危険だと思うのですが、これを機会に自分の登る山についてもっと事前に勉強して、時々は一人都会の喧騒を離れて小さな冒険に出かけたいと思っています。

by Ricophoo | 2013-09-08 22:55 | 登山

違和感(その2)

懸賞 2013年 09月 01日 懸賞

f0036354_21311932.jpgちょっと前、テレビを見て知った真実
渥美清って代官山に住んでたらしい。

勝手を承知で言わせてもらうが

寅さんに、裏切られた気がするのは私だけ?

by Ricophoo | 2013-09-01 21:32 | その他

違和感(その1)

懸賞 2013年 09月 01日 懸賞

f0036354_21214919.jpg間違ってないんだけど。


じっと見てるとむずむずしてくる的違和感。

by Ricophoo | 2013-09-01 21:27 | その他

ココちゃんの行方

懸賞 2013年 09月 01日 懸賞


f0036354_21185160.jpg黒すぎてわかりません。


悪いけど、ココちゃん見つからないと思う。

by Ricophoo | 2013-09-01 21:19 | その他

暑い・・・

懸賞 2013年 09月 01日 懸賞

9月になったというのに、ここのところ連日のように35℃を越える蒸し暑い日が続いている。
残暑もいつまでも続くと、熱中症や日照り、水不足など、人々の生活を脅かす暑さに対して私たちの中に怒りや憎しみの感情さえも芽生えてくる。

暑くていい事など何一つないような気がするが、ランニングを日課にしている私にとって熱中症寸前になりながら、走り終えた時に食べる「ガリガリ君」の美味しさほど暑さに比例するものはない。
暑さが厳しければ厳しいほどガリガリ君を食べた時の「生きてて良かった」度は高くなる。
ガリガリ君は、いまや俳句の季語になってもおかしくないと思うほど、日本の夏の風物詩の一つとなっている。

日本人なら夏はガリガリ君でしょう?絶対に。

ところが、今日うだるような暑い中、駅へ向う道すがら、想像を絶するような不自然なゴミをみてしまった。
バターの空き箱である。空き箱だけなら驚きもしないが
その空き箱の破れ方たるや、家に帰るまで待ちきれず、その場で開封して食らいついたという感じの破れ方だった。
バターというものは、おもむろに冷蔵庫から取り出し、キッチンで料理に使用したりダイニングで厳かに食される食べ物ではないのか?
この暑い夏のさなかに、バターをかぶりつきながら家路を急いだ人間がいると言うのか?

想像しただけで暑苦しさMAXの一日だ。

by Ricophoo | 2013-09-01 21:09 | その他