<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

サイン会に行ってきました

懸賞 2014年 08月 30日 懸賞

f0036354_2305040.jpg8月30日神保町の三省堂書店で行われた高田郁先生のサイン会に行ってきました。
2週間くらい前に事前に電話予約をしていたにも関わらず、開始時間の14時から整理券配布等の諸事情により待たされること2時間半。
たかだか100名ほどのサインにそんなに時間がかかるの?と少しイライラしてきたころ整理券番号が呼び出され10人ずつエレベータで7階の部屋へ連れていかれました。
狭い部屋の中に編集者や書店関係者とみられる人たちがずらり。小さな机の前に高田先生と思しき女性が一人一人にそれは丁寧にあいさつをされ、話を聞き、サインをして、それから優しく声をかけて握手をしてくださっています。

びっくりしました!これじゃ時間がかかるわけです!
高田郁と言えば、もはや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気女流作家です。
右から左へベルトコンベア式にサラサラとサインを書いて渡したって誰も文句など言えないくらいの大先生なのです。
その大先生が一人一人に優しく話しかけてくださるのです。
3時間も一人一人に対応するのは大変なことです。疲れるしストレスも溜まってくるでしょう。

「みをつくし料理帖が刊行されて現在までの5年間、あなたにどんなことがありましたか?」
先生はとびきりの明るい笑顔で尋ねます。

ある男性は「定年退職しました」と答えると「これからは好きなことをしてお元気で過ごしてください」と握手をし、またある女性は「離婚しました」と答えた直後感極まり思わず涙をこぼすと
「きっとこれからはいいことばかりありますよ。」と先生は優しく肩を抱いてあげていらっしゃいました。

それを見ていたらこちらも緊張して汗が吹き出し、とうとう涙まで出てきてしまいました。

サイン会と言っても声をかけたり、ましてやお話ができるなんて夢にも思わなかったため、事前に先生に伝えたいことをしたためたファンレターを用意していたので、先生に渡して訳を話すと、高田先生はとても喜んで

「偉そうにしてるより、自分はこうして一人一人の読者に実際に会って話すことがとても好きだし、戌年だから人に会うことが大好きなのだ」ということをおっしゃって下さいました。
そのほかにも作品の事などいろいろお話することができました。
そして最後に「あなたにこれからたくさんいいことがありますように!」と言って優しく手を握ってくださいました。

「みをつくし料理帖」「銀二貫」「出世花」「あい」「ふるさと銀河線」高田先生の作品にはどれも人の優しさ温もりが溢れています。

今回のサイン会で先生にお会いして先生の作品の素晴らしさは先生のお人柄そのままが描かれたものなのだと実感しました。

みをつくし最終巻「天の梯」で店主種市が澪に送るはなむけの言葉。
「なあ、お澪坊、ご神仏ってなぁ、時にとんでもなく酷いことを、情け容赦なくなさるもんだ。慈悲も何もあったもんじゃねえって仕打ちを。けれどそれに耐えて生きていれば必ず何処かに救いを用意していても下さる。俺ぁ、この齢になって、それが身に沁みるのさ」

本当の愛と優しさを知っている高田先生だからこそ書ける台詞だと今回お会いして強く感じます。

高田先生には、これからの更なるご活躍をお祈りするとともに
これからも滝のような涙を流す作品を私たちに届けてくれることを期待しています。

by Ricophoo | 2014-08-30 23:02 | | Comments(0)

みをつくし料理帖 天の梯

懸賞 2014年 08月 30日 懸賞

f0036354_22435556.jpgとうとう終わってしまいました!私がこよなく愛する「みをつくし料理貼」。
最終巻は「天の梯(てんのかけはし)」ここに堂々の完結です。
前作「美幸晴れ」を読み終えた後は、澪ちゃんにとって解決しなければならない問題が山積で残り1巻でどうまとめるのか心配でしたが
なるほど!その手があったのか!!いやぁ一本取られた!と小気味のいい展開に思わず納得です。登場人物も読者もみんなが幸せになれる、大満足のラストにはもう涙、涙で言葉になりませんでした。
自分のことよりも、そばにいる人達の幸せをいつも願っているこの物語の登場人物達が本当に大好きでした。
前巻で「次回が最終巻」と知らされた時には、ずっとずっとシリーズで続いていくと信じていただけに本当にショックでした。
第8巻の「残月」の中の芳の
「人の気持ちも物事も、すべての事は移ろうていく。仕方のないことだす」
という台詞の通り、始まりがあれば、終わりがある。何事もいつかは変わっていかなければなりません。
澪やつる屋の人たちが、新たな人生を一歩踏み出していくように、私達読者も高田先生が紡ぎ出してくれる次の物語の世界をのぞきに行かなければならないのです。
みをつくし料理帖全10巻 高田郁先生、本当にお疲れ様でした。
そして本当に本当に感動をありがとうございました。

by Ricophoo | 2014-08-30 22:45 | | Comments(0)

市馬さんに夢中(その9)

懸賞 2014年 08月 24日 懸賞

f0036354_2159531.jpg8月23日に新宿末廣亭8月下席昼の部を観てきました。
本日は、円丈師匠に権太楼師匠など豪華出演者が目白押しで、しかもトリが市馬さんです。なので12時過ぎに会場入りするも既に椅子席はほぼ埋まっていましたが、それでも何とか前から2列目に潜り込むことができたのはラッキーでした。

本日の出演と演目は以下のとおり(かなりうろ覚え)






●柳亭 市江さん…「権助魚」 今まで聞いた市江さんの落語の中で一番よかった。

●ストレート松浦さん…ジャグリング 傘を操るジャグリングは手品みたいで凄かった。

●(出演者・演目不明)

●夢月亭 清麿さん…「東急線駅長会議」 地元ネタに毎回わかっていても笑わされます。祐天寺がかわいそう(笑)

●ホンキートンクさん…漫才 テンポのいい息の合った漫才にお腹をかかえて笑いました。ヘビの手つきがかわいい。

●三遊亭 歌武蔵さん…「犬の目」 見た目そのままの歌武蔵さんのダイナミックで豪放磊落な落語は清々しささえ感じます。

●柳亭 左楽さん…「目薬」 字が読めない夫婦のとんまなやり取りが笑わせる滑稽話。こういうナンセンスがたまりません。

●林家 正楽さん…紙切り 小手調べに線香花火。客席からのお題は恵比寿大黒、フレンチブルドック、そしてなんと市馬師匠!その手があったか…!先を越された〈無念 >Д<〉

●金原亭 駒三さん…「親子酒」 駒三さんの何とも言えない飲みっぷりが最高でした。

●柳家 権太楼さん…「代書屋」 権太楼師匠の鉄板ネタ代書屋!まさに名人芸です。権太楼さんファンならずとも絶対聴いておくべし。

●三増 紋之助さん…曲独楽 小さい独楽を5つ並べて、その中の1つだけを回す技がなかなか決まらず会場中祈るような気持ちで紋之助さんを応援。会場中が一つになった瞬間でした。

●三遊亭 円丈さん…創作落語 アフガニスタンの落語家が登場する奇想天外すぎる円丈ワールドが炸裂!

仲入り

●柳家 小三太さん…「たらちね」やたらと丁寧な言葉遣いのお嫁さんをもらった八五郎。コミュニケーションのベクトルの違う二人のやり取りは無条件に笑えます。

●すず風 にゃんこ・金魚さん…漫才 動物エアロビ以外に初めて聞く新ネタに感激しました。金魚師匠はいつ見てもかわいい。

●柳家 小里んさん…「へっつい幽霊」 小里んさんの江戸言葉はいつ聞いても小気味よくて気持ちいい!それもそのはず、プロフィールを見たら浅草生まれとのこと。
生粋の江戸っ子の落語家って実はそんなにいないのかも。

●柳家 小袁治さん…「千両みかん」 格差社会って言葉を思い出します。滑稽話ですが切ない話です。

f0036354_2204267.jpg●アサダ二世さん…マジック トリの市馬さんのヒザ替わりはやはりアサダ先生ですね。
おなじみ「夏は汗をかくから手品がやりにくい」という一声から始まります。
言い訳やおとぼけを呟きつつ、実はきっちりマジックを魅せてくれるアサダ先生。
実は今日 ロープの結び目が取れるマジックを行った直後、その結び目を私めがけて投げてくださいました!(ヤッタ!)この結び目は宝物にします。

●柳亭 市馬さん…【笠碁】碁はうまいか下手かにかかわらず、同じレベルの相手こそが好敵手。待ったなしのルールで碁を始めた二人の旦那、「待て」「待てない」の言い合いになり昔の借金の話まで出てとうとう喧嘩別れに。碁敵を失った旦那は、雨の日など暇で仕方ない。敵も相手が来るのを待ちわびていた。菅笠を被り碁敵の家の前を行ったり来たりする旦那。お互い仲直りの一言が言い出せないが「やい、へぼ」としびれを切らして声をかけた。仲直りして碁を打ち始めるが碁盤にしずくが落ちてきてふと顔を見上げると、碁敵はまだ笠を被ったままだった…

市馬さん落語で初めて聴く演目です。登場人物が少なく、ほぼ二人のやりとりに終始します。
なんでもない噺ですがこういう何でもない噺に人間の心情や機微を実にうまく織り込むことができるのが市馬さんなのです。
二人の意地の張り合いと、お互いがお互いのプライドを守りつつ何とか仲直りをしたいと思っている可愛らしさと…
もともとは上方の話だったようですが、この笠碁は江戸っ子の意地っ張りなところが良く現されていて江戸落語の本質を突いた噺ではないでしょうか?

by Ricophoo | 2014-08-24 21:36 | 落語 | Comments(0)

薬師岳登山

懸賞 2014年 08月 16日 懸賞

8月12~14日 日本百名山のひとつとして知られる北アルプスの薬師岳を登ってきました。
f0036354_2375241.jpgf0036354_23235493.jpg

1日目 
7時06分  上野発 Maxとき303号で越後湯沢へ  
8時20分  越後湯沢発 はくたかで富山へ
10時15分 電鉄富山で有峰口へ
11時50分 有峰口からバスに乗り換え12時25分有峰記念館到着

f0036354_2316010.jpgf0036354_23214581.jpg高度順化を図るべく1日目は有峰ハウスへ一泊しました。
有峰ハウスは檜の木の良い香りがしてとても快適でした。
管理人の方達も気さくにいろんな話をしてくださり、有峰ハウス近くに頻繁に出没するという熊の親子の映像をスマホで見せてくれ、熊の話もたくさん聞かせてくださいました。(写真は有峰ハウスからの夕焼けと有峰湖)

2日目 6時45分発 有峰ハウス出てバスで登山口のある折立へ向かいます。
登山口近くのトンネルから2キロくらい続くマイカーの路上駐車の多さにびっくりしました。駐車場へ入りきれなかった登山客の車です。路肩に止めてあるのでバスが対向車とすれ違うのが困難なほどです。自己中心的な考えを持つ人たちのなんと多いことか!駐車場が小さいのが分っているのだから、登山客も極力バスを利用するとか、道路を管理する側やバス会社もバス便を増やしたりと対応策を考えてほしいものです。

7時30分 薬師岳登山口を出発。登山開始です。
登山口からすぐの左手には昭和38年1月薬師岳で遭難した愛知大学山岳部13名の慰霊塔が建っています。下山途中ルートを誤り東南尾根を降りて13名全員が遭難死したということです。この事故を教訓に富山県警に山岳警備隊が結成されたのだそうです。

太郎坂はいきなり急登になっています。樹林帯の中をジグザグに登っていきます。途中岩ゴロのガレ場やぬかるみも多く見られ歩きにくい感じがありました。
f0036354_2314505.jpg9時00分 三角点到着。
10時00分 五光台ベンチ このあたりは整備された緩い起伏の一本道で比較的登りやすくなっています。
11時00分 太郎平小屋到着 太郎平小屋のパミールカレーで昼食。
12時30分 薬師山荘到着。(2,710m)受付を済ませ、小さいリュックに必要な荷物を入れ替えます。
13時00分 一旦小屋を出て、薬師岳山頂を目指します。
13時40分 標高2,926mの薬師岳山頂に到着しました。

f0036354_23174596.jpgf0036354_23183296.jpgこの日はお天気も上々 赤牛岳、北薬師岳、立山、劔、白馬、唐松、五竜、鹿島槍、爺が岳、野口五郎、烏帽子、鷲羽、雲の平、水晶、槍、穂高、笠、乗鞍等々、360度の大パノラマが広がります。
山頂には小さな祠があり中には金色の薬師如来像が安置してあります。

f0036354_23194758.jpg3日目 
4時30分 起床
5時00分 朝食
6時00分 薬師山荘を出発 下山を開始しました。
11時30分 折立へ無事下山。
12時30分 バスで富山駅へ
14時00分 富山着 昼食。 駅近くのビル内で白エビ天丼を食べました。
はくたか、新幹線に乗り継ぎ17時45分上野駅へ到着。無事3日間の山行を終えました。

本当は3日目に太郎平小屋にもう一泊する予定でしたが、前日に山頂アタックを果たしていたのと、3日目の朝は辺り一面雲が覆っていたのでご来光は見られないということ、山の天気は下り坂で、このあと3日間ほど悪天が続きそうだというので、予定を変更し、そのまま来た道を下山することにしました。下山途中に少し霧雨が降って慌ててレインコートを羽織る瞬間もありましたが、時折日が射したりするものの終始曇り空で、あまり景色を楽しむことはできませんでした。

薬師岳は富山県南東部に位置し、剱岳・立山と並ぶ飛騨山脈 立山連峰の主要峰です。
危険な道はほとんどありませんが登っていくほどに山容がいろいろと変化していき、また後半に入ると様々な可愛らしいお花が咲き乱れ稜線歩きの楽しさを味わえます。山頂近くには金作谷カール、中央カール、南陵カールという3つの巨大なカールがありダイナミックな景色を楽しめる静かで落ち着いた懐の深い山という印象を持ちました。

by Ricophoo | 2014-08-16 23:05 | 登山 | Comments(0)

野沢トレイルフェス

懸賞 2014年 08月 10日 懸賞

f0036354_22374822.jpg8月9、10日長野県野沢温泉村で行われた野沢トレイルフェスにお師匠とお師匠の会社のIさん、Sさん達と参加してきました。
「冬は一大ウィンターリゾート地の野沢温泉村。その大自然を夏に思いっきり楽しもう!」をテーマにトレイルランニング・マウンテンバイク・ストライダーレースを同時開催!絶景を見下ろしながら爽快に駆け抜けましょう!というのが、この「野沢トレイルフェス」のコンセプトです。

遡ること数か月前、お師匠に坂道を下るだけのレースに参加しないかと誘われ、何度も「下るだけか?」と確認してからエントリーを決めたレースです。
「温泉」「フェス」「バーベキューパーティー」「ダウンヒル」という甘い言葉に惑わされたのが間違いの始まり。
マラソンレースの世界で「健康」とか「ファミリー」とか「ポップ」などと言った緩い言葉の陰に隠された「地獄」を今まで嫌というほど味あわされてきたというのに。

折しも台風11号が四国に上陸し、日本列島を嵐に巻き込みそうな不穏な気配を漂わせていたため、レースが中止になっても温泉に入って帰ってくればいいんじゃないの?と我々一行は早朝の6時30分 新宿発の大会がチャーターした高速直行バスに乗り込み、リゾート気分で出発しました。
しかしリゾート気分はすぐに消え去りました。
夏休み初日の土曜日、9日は帰省ラッシュのピークだとテレビで言っていたとおり、道路は渋滞につぐ渋滞。最初の休憩地点、上里インターあたりで既にどっと疲れがたまってきました。
高速道路でも渋滞ばかりで、レース受付終了の12時になっても私達はまだバスの中でした。
既に新宿を出発して6時間以上が経っています。
私の参加するショート(12キロ)のスタートは13時。
お師匠とIさん達は13時15分スタートのロングトレイル(28キロ)のコースを走ります。荷物はバスの下のトランクの中。準備も一切できない状態です。いったい私たち直行バス組はスタートに間に合うのでしょうか?

何とか12時30分現地に到着。慌てて受付をして荷物を預け、スタート地点のある上ノ平のやまびこ駅までゴンドラで15分。準備を済ませてスタートラインに付いたのは、なんとスタート10分前でした。
6時間半もバスに揺られ、エコノミー症候群一歩手前の状態で、アップもなし、どこをどんなコースで走るのかという情報もなし。
周りを見回すとトレイルフェスというだけあってオシャレな雰囲気の若い女性ランナーや、かっこいいトレイル装備を身にまとった気合の入ったシリアスランナーが沢山います。
ペットボトルを入れたいつものボロボロのウエストポーチで、まるで近所をジョギングするような格好のランナーは、どうやら私だけのようで非常に恥ずかしかったです。
頭や体の整理もつかない状態で何が何だかわからないままスタートの号砲です。

そう、確かに。
スタートから2~300mくらいは確かにロードを下ったような気がします。
しかし、そこから2~3キロ予想だにしなかった上り坂が続いていきました。
「こ、これは何かの間違いでは?」
「下り坂って聞いてやって来たんですが?」
「日本初のダウンヒルオンリーのコースってどこの話でしょうか?」
白目を剥きながら息も絶え絶えで山道を駆け上ります。
またもや優しく甘い言葉の先に隠された「地獄」を見てしまいました。

「がんばってくださ~い!」
コース案内に立つ笑顔のボランティアさんの胸倉を掴みかかりたくなる衝動を抑えるのに苦労しました。

ヒィヒィという悲鳴にも近い息遣いで涙目になりながらも何とか止まることなく走り続け
ようやく「ここからは下り坂ですよ~」という神の声が聞こえる所までやってきました。
「その言葉をどれほど待っていたことか!」
今までの鬱憤を晴らすかの如く、なだらかな山道を一気に下っていきます。
しかし、足元は木の根っこが縦横無尽に張り巡らされており、慎重に足を運ばなければなりません。しかも地面がぬかるんで非常に走りにくい箇所がずいぶんありました。
さらにロングトレイルの部のエリートランナー達がものすごいスピードと動きで私たちの脇をすり抜けて駆け下りていきます。危険な場所で接触でもされたら滑落する可能性もあるのでヒヤヒヤしました。
なのでなるべく邪魔にならないように脇を通ったり後方に気配を感じるように随分気を使いました。

面白いように下りが続いて走りも興に乗ってきたとき、いきなり絶壁のような下り坂が目の前に現れました。
いくら下り坂とは言っても、限度というものがあります。
スピードも出ていたため危うく体ごと転がり落ちそうになりました。
しかも辺り一面雲海のようなガスが広がり視界がかなり悪くなっています。
急に現れたガスと異常なほどの下り坂にアゲアゲだったテンションが一気にダウン。
腰抜けという言葉そのまま、文字通り這う這うの体(ほうほうのてい)で絶壁を下り終えました。

後は日影ゲレンデまでの広々とした緩やかな草原を下るだけです。
ゴールが見えてくると俄然スピードがアップします。
「うりゃぁぁ~」
ゴール前3、4人の男性ランナーを抜いて1時間03分でゴール。
総合10位でした。
何とか転倒やケガもなく無事走り終えることができました。

12キロというショートコースでしたが、生まれて初めてのトレイルランレース。
山はゆっくりと歩いて登るものだというイメージがあるので、走って山を登るトレイルランに対していろいろ考える所もありましたが、何事も体験してみないとわからないこともあるものです。
自然の中、鳥のさえずりや、そよぐ風を受け緩やかな坂を駆け下りる心地よさは言葉で表せないほど楽しいものでした。
それと同時に、ぬかるみや足元の悪い箇所では、無意識に自分の身を守ろうと草の生えたところに足を置いてしまいます。
山歩きでは踏まなくてもいい植物をレースでは必要悪のように踏んでしまいます。
私一人ではなくレースに参加した人たちが各自の必要悪で自然を荒らしているような気がしてなりませんでした。
冬場はゲレンデとして使用されているコースだからこそ、トレイルランのコースとして使えるのかもしれませんが植物にとってははた迷惑な話かもしれません。

世の中には経験しないと分らないこと、経験したからこそ見えてくるものがあります。
自分の意見を曲げない頑固さも必要な時もありますが、食わず嫌いはもったいないです。
いろんなものをいろいろ食べて自分なりの血や肉となっていけばいいのかなと思います。
同じものを食べ続けるかどうかはわかりませんが、そこは自分の判断や感覚で
これからもいろんなことにチャレンジしていきたいと思っています。

by Ricophoo | 2014-08-10 22:23 | スポーツ | Comments(0)

木曽駒ケ岳と千畳敷カール

懸賞 2014年 08月 08日 懸賞

f0036354_22393987.jpg8月2日~3日 中央アルプスの木曽駒ケ岳を登ってきました。
1日目
13:00新宿発 あずさ9号で岡谷駅に。
岡谷から飯田線で16:50分 駒ケ根に到着。
駒ケ根のビジネスホテルで一泊。

2日目
4時起床 タクシーで駒ケ根駅へ。
駒ケ根からバスで1時間ほどの駒ケ岳ロープウェイしらび平駅へ到着。
既にロープウェイには長蛇の列。30分ほど並んで ロープウェイに乗ること7分間。
6時30分 標高2612mの千畳敷カール駅へ到着しました。
ロープウェイを降りると目の前に雄大な千畳敷カールの景色が広がります。
カールというのは約2万年前、氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形の事です。
6時40分 千畳敷カールから登山開始です。

f0036354_22413637.jpg乗越浄土までは急な登り(八丁坂)が続きますが、高山植物の花畑の可憐な花にほっと疲れも吹き飛びます。ごつごつとした石ゴロの坂道をひたすら登りながら見上げると登山客の列が延々と上に延びています。乗越浄土に着くと視界が開け、目の前にはいかにも険しそうな宝剣岳がそびえ立っています。浄土から中岳までは比較的緩やかな登りが続きます。
中岳から木曽駒ケ岳へはいったん下りますが、かなりハードな下り坂です。その後近隣の山々の稜線を楽しみながら10時 木曽駒ケ岳頂上に到着しました。

f0036354_22432326.jpg主峰駒ケ岳は標高2,956m、すっきりと晴れていれば富士山をはじめ南アルプス連峰、御岳山、乗鞍岳、北アルプスが一望できます。
頂上に着いて写真を撮ったりしているうちに、少しずつガスが出始めました。
山の天気は変わりやすいというのは分っていましたが、本当にあっという間にガスが広がり、そのうちポツポツと霧雨のような雨が降ってきました。風も吹き気温もかなり低くなってきました。
直ぐにレインコートを羽織り下山を開始しました。

f0036354_22441344.jpgロープウェイで気軽に来られる山ということで、見るからに軽装の親子連れもたくさんいてTシャツと普通のズックのような靴をはいているので、すれ違うたびに「大丈夫かな?」ととても不安になりました。(せめてレインコートくらいは常備してほしいと思います)

下りも登山客の列が延々と続きます。山では登り優先が鉄則。登ってくる登山者を待避するため、下っては止まり、下っては止まりの繰り返し。登山中の渋滞は普段ならイライラの元になりますが、歩きの間隔が開くことで体を休ませることができ、また集中力も切れることなく歩けたのが功を奏し、結果的に苦手な坂を難なくあっという間に下り終えました。

11:00 千畳敷へ下山。
11:10 ロープウェイでしらび平着。
11:52 バスで菅の台バスセンター着。

f0036354_22454441.jpg菅の台の「こまくさの湯」でお風呂に入り、駒ケ根名物の「ソースかつ丼」とビールで無事下山を祝いました。
13:38 飯田線で駒ケ根~岡谷駅
14:58 スーパーあずさで新宿へ
17:24 新宿着




f0036354_22473610.jpg今回は初めての中央アルプスの山歩きを楽しみました。
ロープウェイで一気に2600mの千畳敷まで行ける気軽さで登山というより千畳敷カールの美しい風景を楽しむ観光気分でのんびりと歩くことができました。

by Ricophoo | 2014-08-08 22:51 | 登山 | Comments(0)