<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

アドトレインの言葉から

懸賞 2015年 01月 21日 懸賞

東京駅100周年を記念した山手線車両が運行されているのはニュースで知っていましたが、普段の生活で山手線を利用しないので、なかなかその姿を見ることができませんでした。しかし先日 やっとのことで赤レンガをモチーフにしたラッピング車両が目の前を通り過ぎていくのを目にすることができました。味気ない、いつもの山手線の車両とは打って変わってレトロでモダンな色合いの見慣れない車両にびっくりしました。
デザインも素敵でホームで待つ人々の目を楽しませてくれます。

最近はいろいろ趣向を凝らした電車が登場しています。
昨年暮れに乗った電車はテラフォーマ―ズという漫画のADトレインでした。
車両はもとより、内装も中吊り広告や壁際の広告まで全てテラフォーマ―ズ一色。
ドアの上にあるテレビもテラフォーマ―ズのCMが延々と流されていました。
CMは普段バラエティーなどでおどけている武井荘さんのスタートダッシュする映像とテロップのみでしたが、テロップに映し出される力強い言葉とひた向きに前を見つめ走る武井さんの姿がとても印象的でした。
あまりにカッコいいCMだったのでテラフォーマ―ズを読んでみたくなったほどでした。

そのCMがこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


勝利がすべてだった。
敗北は終わりを意味していた。
他人に勝つためだけに全てを注ぎ手にした日本一の称号。
でもなぜか俺の心は満たされなかった。
そんな孤独の中で本当に戦うべき相手に気付いた。
それは自分。

昨日より一歩でも自分を進化させ毎日自分史上最強でいること。
それだけを目指している。

もし、俺の声が届くならば、日本 いや地球上で戦うすべての人に伝えたい。

たとえ負けても諦めるな。

たった一度の敗北で夢が終わったような顔なんてするな。
目先の勝利やタイトルなんて価値はない。

負けていい。
いや、むしろ負けろ。そして弱さを認めろ。


一番大切なのは、そこから進化できるかどうかなのだから。

君は何になりたい?
人は何にだって進化できるんだ。

不可能なんて思うかい?
なら俺が進化を見せてやる。

人間をなめんなよ!

この漫画には私がいる。
絶望から人間は進化する。

テラフォーマ―ズ

by Ricophoo | 2015-01-21 23:42 | その他

2015年初笑い おおもり落語会

懸賞 2015年 01月 14日 懸賞

f0036354_2251911.jpg2015年の初笑いは大田文化の森ホールで行われたおおもり落語会。

チラシを観て一之輔さんと正楽さん目当てで出かけました。
これだけのメンツでチケット代が破格の安さ!

大田区出身の若手落語家さんによるおおもり落語会は今回で13回目とのこと。歌太郎さんが山王出身、時松さんが中央出身、市江さんが石川台出身だとか。

●柳亭市助『弥次郎』…交通事情とアクセスの悪さで到着が大幅に遅れ市助さんの落語が聴けなかったのが残念です。
今年二つ目に昇進する市助さん、座布団を裏返したり、紙切りの後の片付けの所作などきびきびしていて、それでいて立ち居振る舞いに品があり感心しました。

●三遊亭歌太郎『初天神』…初めて聴く歌太郎さん。金坊のわがままでこまっしゃくれた感じが良かったです。耳触りがよく聞きやすいしメリハリが効いていてまた次回が楽しみな噺家さんです。

●春風亭一之輔『笠碁』…演じる人によってずいぶんと頭に浮かんでくる情景や人物像が変わってくる噺だという気がしました。隠居の年寄の碁敵の話なので欲を言えば重厚さが欲しい所でしょうか…。でもなんだかんだ言ってもやっぱり一之輔さんは今一番勢いがある噺家さんですね。毒気と色気のバランスが絶妙です。

●三遊亭時松『蒟蒻問答』…にわか住職になった蒟蒻屋の主人が旅僧に禅問答をしかけられ蒟蒻の出来具合にたとえてとんちんかんなしぐさで応戦。旅僧はそれを無言の行と取り違え敬服するという滑稽噺。後半部分の禅問答の場面は無言でパントマイムのような動作のみによって行われることからこういう類の噺を「仕方(しかた)噺」と言うそうです。
時松さんの力強い落語が印象的でした。

●林家正楽『紙切り』…はさみ試しにお正月らしい「羽根突き」と「相合傘」。会場からの注文では「蛙の餅つき」「初日の出」「出初め式」「七福神」でした。さすが正楽師匠、盤石の名人芸です。

●柳亭市江『禁酒番屋』…以前白酒さんで聴いたことのある噺です。かなり毒のある噺なので、白酒さんのような毒をもって毒を制する感がなければ扱えない噺のような気がします。
市江さんは性格の良さが災いしてか真面目に一生懸命正面から演じているので、こちらも真面目に一生懸命に聞いてしまいます。そういう話じゃないだけにちょっと残念!

若手の方達の落語会というのはフレッシュなパワーが感じられてなかなかいいものです。
若手落語家さんたちによる落語会は、カフェや居酒屋、ライブハウスなど小さなスペースを利用して毎日様々な場所で行われています。今年はこうした小さな落語会へも時々足を運んでみようかと思っています。

by Ricophoo | 2015-01-14 22:38 | 落語

恒例 年忘れ 市馬落語集

懸賞 2015年 01月 05日 懸賞

f0036354_231326.jpg12月26日新宿文化センター大ホールにて行われた「恒例 年忘れ 市馬落語集」へ行ってきました。
「年忘れ 市馬落語集」と言えば言わずと知れた市馬さんによる市馬さんのための歌謡ショーです。
市馬さん大暴走の中、ファンはすっかり取り残されそうになりながら、市馬さんの喜ぶ顔見たさに歌に合わせ手拍子を叩き、狂ったようにペンライト振るのです。
とりあえず「落語集」と銘打っているので第一部は豪華花形落語家さんたちによる落語の競演です。

●前座 柳亭市馬さん 「厄払い」
●春風亭一之輔さん 「時そば」
●柳家三三さん 「釜どろ」
●桃月庵白酒さん 「喧嘩長屋」

落語協会の会長が前座を務めるなんて言うのはこの「恒例 年忘れ 市馬落語集」だけですね。
メインが歌謡ショーなのでみんな落語はさらりと流した感じ。
落語が長びくと温厚な市馬さんの機嫌が悪くなってくるとか・・・そんな中でこの日の一之輔さんの落語はキレキレでした。
東京の落語家さんの中では人気実力はもとより、今一番勢いのあるのが、この一之輔さんではないかと思います。更に進化をし続ける一之輔さん恐るべし。

と言うわけで第二部はいよいよ昭和歌謡大全集の始まりです.

【演奏】クミ伊藤とニューサウンズオーケストラ(落語協会副会長の正蔵さんが今年もトランペット奏者として出演です)

【司会】林家たけ平さんとオフィスエムズの加藤浩さん。〈年を追うごとに司会に磨きがかかってきています。)

そしてなんと今回のゲストは柳家喬太郎さん!
落語をやってくれるものだとばかり思っていたら歌のゲストとして出演。
あの名曲「東京ホテトル音頭」を披露して下さいました。

曲目は以下のとおり
市馬さんが好んで歌っているのはどうやら戦前の曲のようです。
昭和36年生まれの市馬さん、どうしてそんなに古い歌を知ってるの??

●丘を越えて
●或る雨の午後
●建設の唄
●一杯のコーヒーから
●新雪
●東京の空青い空
●大利根月夜
●花の三度笠
●赤城の子守唄
●花のロマンス航路
●落ち葉しぐれ
●元気でね左様なら
●あん時ゃどしゃ降り
●赤い夕陽の故郷
●吹けば飛ぶよな
●男のブルース
●さよなら港

ラストは出演者全員、会場中巻き込んでの「青い山脈」の大合唱。
実はここでの楽しみは着物を脱いだ出演者の方々の私服。
三三さんはオシャレに決めていましたが
みなさんの私服のセンスには結構落語以上に笑わせてくれるものがありました。

歌謡ショーとは言いつつ前回もそうでしたが、ほとんど知らない曲ばかり。知っているのは「丘を越えて」と「赤城の子守唄」くらい。
ノリノリなのは市馬さんとオフィスエムズの加藤さんだけで、年配のお客様が多くみられる会場中も結構ドン引き・・・
でもいいんです。
これは市馬さんの市馬さんのための市馬さんによる歌謡ショーなんですから!
市馬さんファンは市馬さんの喜ぶ顔を見られる年に一度のこの「黒ミサ」を心待ちにしているのです。
「恒例 年忘れ 市馬落語集」今年もこれで安心して年を越すことができます。

by Ricophoo | 2015-01-05 22:47 | 落語