<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

真打昇進襲名披露 国立演芸場5月中席公演

懸賞 2015年 05月 19日 懸賞

f0036354_2372233.jpg5月16日国立演芸場で行われた「真打昇進襲名披露5月中席公演」を観てきました。

今年3月21日 上野鈴本演芸場から始まった新真打10名の襲名披露興行が5月、この国立演芸場で最終日を迎えます。

この日は三遊亭ぬう生改め三遊亭彩大さんがトリを務めます。
彩大さんは前座名が「かぬう」。
二つ目の名前が「ぬう生」。
こんな普通の人が思いつかないような奇抜な名前をつけたのは、もちろんあの三遊亭圓丈師匠です。

彩大さんの兄弟子の三遊亭丈二さんは二つ目の時の名前が「三遊亭小田原城」!
川崎出身、小田原とは何の関係もないのに「小田原城」です。圓丈師匠のセンスが光りますね。

しかし、そんな師匠の暴走を食い止めるかのごとく今回の名前は彩大さんご自身で考え付いたのだそうです。
彩大さんはさいたま市出身。
かつての大宮の生まれだとか。それでもって出身大学が埼玉大学。埼玉大学は「さいだい」と呼ばれているので「彩大」。
(う~ん。「ぬう繋がり」で、もうひとつひねりが欲しい所でした。師匠のエキセントリックなセンスを学んでほしかった!)

●三遊亭ふう丈【たらちね】

●古今亭駒次【鉄道戦国絵巻】東横線を扱った創作落語は他の方も時々演っていますが、その中でも駒次さんの「鉄道戦国絵巻」はもう群を抜いて面白かったです!自由ヶ丘や武蔵小杉など人気の街を抱えた東急電鉄のスター東横線が東急グループから離脱し、JRに寝返った!勢力を拡大するJRに脅威を感じた東急の社長は、ついに田園都市線を始めとした「東急七人衆」を招集します。鉄道路線が戦国武士のように覇権を争って戦いを繰り広げるという奇想天外な物語は駒次さんの代表作。目蒲線や世田谷線、こどもの国線まで出てくるマニアックさにお腹を抱えて笑いました。でも東京・神奈川在住者限定の落語なので、地方の人にはなんのことやら分らないかも。

●林家彦いち【熱血!怪談部】彦いち師匠の創作らくごです!体育会系の熱血先生の指導する怪談部の話。高校時代は柔道部、大学の時は空手部所属というだけあって彦いち師匠の落語はまさに力技で新作も古典も正面からがっぷり四つ。これが「武闘派」と言われるゆえんか…。

●漫才 笑組

●三遊亭丈二【極道のバイト達】弟分が組長をつとめる東京の事務所へ訪ねて来た大阪のやくざの兄貴分。受付に出てきた若い衆の口の利き方がなっていない!組員の教育はどうなっているんだと組長に質すと、組員がなかなか集まらないのでアルバイトニュースで募集したとのこと。そうこうしているうちにひょんなことから、アルバイト希望の女子高生をこのやくざの兄貴分が面接することになりますが…天然女子高生とやくざとの全く噛み合わない会話が笑えます。よく練りこまれた噺と構成力、やはり新作落語の人なんだなあと納得しましたが、以前聴いた「権助魚」も絶品でした。古典も新作もさらりとこなす丈二さん。大器の片鱗を見せつけられた思いです。

●三遊亭金馬【試し酒】私が初めて生の落語を聴いたのは小学校5年のお正月、祖父が連れて行ってくれた全日空ホテルの落語会「三遊亭金馬独演会」でした。(今思えば、なんと贅沢な初体験でしょう!)相当面白かったのでしょう。どれだけ金馬師匠に影響を受けたのか、その後しばらくは「寿限無」や「元犬」を暗記して一人でこっそり稽古したりするほどでした。
金馬師匠が落語家になってから今年で72年なのだそうです。年齢では桂米丸師匠が最長老ですが、東西併せて落語会最古参の落語家なのだとか。当年86歳 現役続行中です。
噺の巧さ面白さは言うに及ばず、かくしゃくとした語り口と背筋の伸びた凛とした佇まいは全く年齢を感じさせず、私が初めて見た頃の金馬師匠そのままでした。

口上

●音楽漫談 ひびきわたる

●三遊亭圓丈 【噺家と万歩計】不摂生が止められない師匠が健康診断で医者に「このままだと余命数か月」だと脅され万歩計をつけることになりますが、元来怠け者の師匠は全く歩かない。そこで代りに弟子たちが争って師匠の万歩計で歩いて歩数を増やす…
円丈師匠はかつて「落語会の異端児」と評されたかと思えば「新作落語中興の祖」と称賛を受け、従来の落語のイメージを覆す作品は優に300を超すと言われています。
次はどんな新作が聴けるんだろう?老いてますます意気軒昂な円丈師匠の新作への挑戦に期待が高まります。
時々台詞を忘れ手拭に書かれたアンチョコを覗き見たりと、最近ではそこがまた新たな魅力になっているような・・・

●マジック アサダ二世 ヒザ代わりは、おなじみアサダ先生です。時間が押していて持ち時間が3分しかないから、「そのままマジックをせず帰ろうか」といつものおとぼけから入ります。短い中でもテクニックは一流。きちんとカードマジックを決めてくれました!

●三遊亭彩大【選挙ホスト】風営法や不景気の影響で店の売上が激減して頭を抱えるホストクラブの店長 翼君。世間には馬鹿を絵にかいたような議員が溢れているのだから「いっそのこと店長が政治家になったらいいんじゃね?」と周りから押されて、その気になった翼君は日本アマゾネス党から出馬することになります。演説では「女性の味方」を豪語する翼君「確かに良いこと言ってるんだけど…」ベクトルがどこかおかしな方向を向いていて笑わせてくれます。
彩大さんの落語は初めて聴きましたが発想が面白いですね。
落語家は確かに真打になって一人前ですが、真打はゴールじゃなく新たなスタートです。
真打昇進のここからが頑張りどころ。これからの彩大さんにエールを送ります。

by Ricophoo | 2015-05-19 22:25 | 落語 | Comments(0)

シブラク

懸賞 2015年 05月 16日 懸賞

f0036354_2226870.jpg5月9日渋谷ユーロ・ライブで行われた「シブラク」夜の部を観てきました。

「シブラク」とは渋谷ユーロ・ライブで定期的に行われている「落語会」の総称。
現役学者芸人「米粒写経」のツッコミ担当サンキュータツオ氏がキュレーターを務める「シブラク」は昨年11月よりスタートし毎月第二金曜日から5日間の落語会を行っています。

一人の落語家がじっくり噺をきかせてくれる独演会(ひとり落語)や二人会(ふたり落語)、まくらのみの(まくら王)、新作落語のみを披露してくれる(創作落語)など落語に造詣の深いサンキュータツオ氏が趣向をこらした企画で寄席のない渋谷から新しい落語のスタイルを発信しています。

この日は一人の持ち時間が30分ずつの(渋谷らくご)です。

●立川志ら乃さん【長短】若手真打ながら常に挑戦の手を緩めないと評判の志ら乃師匠。むやみに気が短い男と恐ろしく気が長い男の掛け合いはメリハリがあって面白かったです。

●神田松之丞さん【青龍刀権次】講談界で唯一の若手男性講談師なのだとか。大量の汗を拭きながらの熱演。講談って面白いものですね!ルックスもいいしこれから若い女性にも人気がでるのでは?松之丞さんには更に講談界を盛り上げていって欲しいです。

●昔昔亭A太郎さん【ほれうそ】A太郎さんの飄飄とした雰囲気から繰り出すシュールなほどのバカバカしさはもう尋常の人間には予測不可能。「トリ肉」の反対がなんで「ナムル」なの?言いっぱなしで答えがない無責任さ!実はこういう芸風 意外にハマりそうです。
死のうと思っていた女性がA太郎さんの落語を聴いて「生きよう」と思ったと言う感想はなまじ嘘じゃないのかも。違う意味で。

●林家彦いちさん【青菜】シブラクでは(しゃべっちゃいなよ)と言う創作落語の新作のみを行う会もあり、その旗手をつとめるのが彦いち師匠、今回それがまさかの古典で来るとは!「鞍馬から牛若丸が出でまして!」と大きなジェスチャーとポーズで汗だくになりながら演じる落語会の武闘派 彦いち師匠の古典の十八番「青菜」が聴けたのは感激でした。

シブラクでは開演前と開演後にいろいろなお仕事の方たちを呼んで、サンキュータツオさんといろんな意見を交わすという「落語体験」というトークのコーナーがあります。
今回のゲストはミュージシャン・漫画家でもある劔樹人さんでした。
ハロプロマニアとしても有名な方で、アイドルの話など知らない世界のお話はとても興味深く勉強になりました。

こういう実験的な試みは古いとかマニアックとかいうイメージの落語の世界が更に外へ向かって広がっていくのではと言う可能性を感じます。

by Ricophoo | 2015-05-16 22:22 | 落語 | Comments(0)

チョコレート・ドーナツ

懸賞 2015年 05月 11日 懸賞

f0036354_22282179.jpg5月9日 目黒シネマにてアンドレアス・エーマン監督作品「シンプル・シモン」とトラヴィス・ファイン監督作品チョコレート・ドーナツを観てきました。

目黒シネマはちょっと前にロードショー展開されていた作品からミニシアター系まで邦画洋画を問わず上映してくれる映画ファンにとってはとてもありがたい名画座です。ひねりのきいた組み合わせの2本立て上映で1500円。入れ替え制を採用していないので入場時くれるチラシについている100円の割引券を使えばなんと1400円で一日映画三昧です。

1本目の「シンプル・シモン」はアスペルガー症候群を抱えるSFオタクのシモンがお兄ちゃんの恋人探しに奮戦するコメディ。片や「チョコレート・ドーナツ」は1970年代アメリカでの実話をもとに母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた心震える人間ドラマです。
同性愛を含め様々な偏見にさらされるマイノリティの人々が抱える苦悩。ゲイとか障害者とか関係なく、魂のレベルで求め合う愛はまっすぐでひた向きでなんと美しいことか。本当の意味での家族とは?真実の愛とは?深く考えさせられる映画でした。

先週はティム・バートン監督作品「ビッグ・アイズ」とジャンピエール・ジュネ監督作品「天才スピヴィット」を観ました。
来週は長谷川和彦監督作品「青春の殺人者」と川島透監督作品「竜二」です。
更にその翌週はデヴィット・フィンチャー監督作品「ゴーン・ガール」と吉田大八監督作品「紙の月」。心憎いチョイスです。
次はどんなテーマでどんなセレクトでくるのかとワクワクしてきます。

by Ricophoo | 2015-05-11 22:14 | 映画 | Comments(0)

おさむちゃん  ですっ!

懸賞 2015年 05月 08日 懸賞

f0036354_23284679.jpg笑いのつぼというのは人それぞれ。何がおかしいの?と言われればそれまでだが
今年の正月見事にはまった。今更ながらの「ぼんちおさむ」。
画面から波動砲を撃ち込まれたかのごとく呼吸ができなくなるくらい笑った。
ボーダーラインすれすれの際どさ、向こう側とこちら側、薄皮一枚隔てただけのヤバさに内臓を抉られた。

一年の計は元旦にあり。「今年は、ぼんちの漫才を観るためだけに大阪へいく」ことを既に正月心に決めた。

というわけで今年はGWを利用して「ぼんちの漫才」を観るべく「なんばグランド花月」へ行ってきた。
こてこての吉本新喜劇も十分堪能できたが、やはり生の「おさむちゃん」はキレっキレだった。

実は期待に胸を膨らませて臨んだ登場時のおさむちゃんの「溜め」が殆ど無くがっかりしたのだが、我らがおさむちゃん、そこで終わるわけがない!どんどん加速していくおさむちゃんのテンションはもう手が付けられない状態に…。

漫才と言うのは通常「ぼけ」と「つっこみ」の掛け合いでオチをつけていくものだが
ぼんちの漫才はおさむちゃんの「ぼけ」のみで完結してしまう。
それでは相方のまさとは要らないのでは?と思ってしまうが、本当の意味ですごいのは実はまさとなのである。
無粋な「つっこみ」を入れず、おさむちゃんを野に放し、大海を自由に泳がせ、やりたい放題やらせているまさとの間合いは絶妙だ。

「メッシ!メッシ!」「おかずも食べなさい!」

気が狂ったように連呼するおさむちゃんは もはやコントロール不能。誰も止められない。


時代のせいか、大好きだったチャンバラトリオのハリセン芸や正司敏江・玲児の「どつき漫才」が影を潜めてしまった今日この頃、一歩間違えれば…的なおさむちゃんのトランス芸がたまらない。

私たちは日ごろの憂さを晴らすため笑いを求めて寄席や劇場に足を運ぶ。
落語のように話芸を堪能するのも良し。
しかし日常の規範から心を解き放つためには森林浴で癒されるのと同じように、ボーダーラインすれすれの「ぼけ」や派手な「どつき」で爆笑するのはある種のカタルシス〈浄化〉につながるような気がする。

「ぼんちの漫才を観るためだけに大阪へいく」贅沢なGWの一日だった。

by Ricophoo | 2015-05-08 23:37 | 落語 | Comments(0)

春風亭一之輔 独演会 vol .9 一之輔のすすめ

懸賞 2015年 05月 06日 懸賞

f0036354_2213457.jpg4月25日 なかのZEROホールで行われた「春風亭一之輔 独演会VOL.9 一之輔のすすめ、レレレレレレレレレレ。」を観てきました。
●柳家小太郎「親子酒」
●春風亭一之輔「時そば」
●春風亭一之輔「堀之内」
●漫才 米粒写経
●春風亭一之輔「天災」
一之輔ファンの一之輔ファンのためだけの落語会。もう毒のあるマクラから全開でした!
心の闇を抱えた「落語家」っていうくすぐりなんか、やっぱり冴えてますね。すきがない。
一之輔さんの「時そば」は言わずもがな。
「堀之内」とトリの「天災」は初めての噺でしたが一之輔さんの勢いに巻き込まれたまま掌の上で笑わされるという表現がぴったりでした。

この日 帰りの中野駅の改札ちかくでお笑い芸人の「あばれる君」を発見。
あまり街中で芸能人と遭遇したことがない私にとってこれは貴重な体験です。
4年くらい前 目黒線永田町駅のエスカレーターでウイッキーさんとすれ違って以来の快挙。(あばれる君 意外と大きかった)

by Ricophoo | 2015-05-06 21:47 | 落語 | Comments(0)

柳の家の三人会

懸賞 2015年 05月 06日 懸賞

f0036354_2191560.jpg4月13日 めぐろパーシモンホールで行われた「柳の家の三人会」へ行ってきました。
●柳家緑君(ろっくん)「金明竹」
●柳家喬太郎「紙入れ」
●柳家三三「粗忽の釘」
●柳家花緑「二階ぞめき」
開口一番は柳家緑君さんの「金明竹」。これは「寿限無」と並ぶ言いたての心地よい噺です。
何度も言い直すことで持ち時間を調節できる噺なのですが、しかしなんだか変に長い。なんとも長い緑君の前座話に「???」首を傾げておりましたが、その理由はすぐに分りました。
二番手の喬太郎さんが時間を間違えて大幅遅刻!
(前日の市馬さんの大チョンボといい喬太郎さんの大遅刻といいレアな瞬間にまたまた立ち会えました。)喬太郎さんの「紙入れ」は初めて聴きました。古典を演じていても喬太郎さんの演じるちょっとアンニュイな女の人は80年代の風が漂っていていつも笑えます。
三三さんは前日の落語に続き抜群の安定感。それもそのはず演目は十八番三三さん得意の「粗忽の釘」!盤石です。さすが三三さん!はずれがありません。
人間国宝の柳家小さんを祖父に持つ花緑さん。そもそも貧乏暮らしをしたことがない落語会のサラブレッド。祖父のように貧乏長屋の噺は実体験がなくできないからと金持ちの若旦那の噺で「二階ぞめき」。確かに言うだけのことはありますね!(上手い)
個性と個性のぶつかり合い。楽しい落語会でした。

by Ricophoo | 2015-05-06 21:08 | 落語 | Comments(0)