<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

市馬さんに夢中!(その10)

懸賞 2015年 06月 15日 懸賞

f0036354_235438.jpg6月6日国立演芸場で行われた「6月上席公演」を観に行きました。
席は前から二列目の超ど真ん中。高座が目の前の特等席である意味緊張です。

開口一番は前座の春風亭百んがさんの【道具や】

●柳亭市弥さん【元犬】妻夫木聡似のルックスで主人公の白の可愛らしさが倍増です。

●春風亭百栄さん【鮑のし】久しぶりの百栄さん。声に張りのないのはいつも通りですが、顔色が冴えないのと元気がなかったのが気になります。

●のだゆきさん ピアニカパフォーマンス 救急車の音マネやコンビニに流れる音楽など、ピアニカでここまで表現できるのかとびっくりしました。

●柳家一九さん【七段目】常軌を逸した芝居マニアの若旦那と小僧の定吉との芝居でのやりとりが笑わせる一席。歌舞伎のお芝居に精通していなければ理解が難しく心から笑えません。落語を楽しむのにも勉強が必要です。

●桂南喬さん【ちりとてちん】蒸し暑い日が続いてそろそろ食中毒などの心配もし始める6月。ちりとてちんとはGOODなチョイス!実にタイムリーな落語でした。南喬さんはお発でしたが。表情の豊かさが印象的です。

仲入り

●ダーク広和さん マジック 古い時代に使われていた蒸篭を使ったマジック。いつものことながらダーク広和さんの真面目で真摯なマジックには感銘を受けます。

●柳家小のぶさん【火焔太鼓】道具やの老夫婦の感じが妙に懐かしいなあと思っていたら、以前小のぶさんで聴いていて、しかも小のぶさん以外の火焔太鼓を聞いたことがないので懐かしいのは当たり前ですね。

●昭和のいる・あした順子さん 漫才 お二人とも現在 お互いの相方が病気療養中のため、急きょ新コンビを組んでいらっしゃるのだとか。寄席のビックネーム同士の夢の競演です。あした順子さんは83歳。若々しくお元気で、背筋がピンッと伸びていて、歯切れもいいしとにかくお綺麗です。しかもきっちりと笑わせてくれるところはさすがベテラン。

●柳亭市馬さん【花筏】贔屓の落語家さんの登場でファンが掛ける掛け声は「いよっ!待ってました!たっぷり!」と言うのだそうです。
「たっぷり!」というのはもちろん「私達が満足するほどたっぷり噺を聞かせてくださいね」という意味があるのでしょう。

今日のトリを務めるのはもちろん我らが市馬さん!
実際に声を掛けることなど死んでもできませんが、心の中で思わず「たっぷり!」と掛け声を掛けました。

マクラは相撲甚句や行司のモノマネでいつものごとく自慢の美声を披露して下さいました。

今日の市馬さんの演目は「花筏」。初めて聴く落語です。
前に市馬さんで聴いた感動の「阿武松」も相撲の噺でしたが、この「花筏」も相撲を扱った珍しい演目です。

【花筏】急病で地方巡業に行けなくなった人気大関の花筏。親方は、せめて顔だけは見せなければ、と花筏にそっくりな近所の提灯屋さんに代役を頼むことに。相撲を取らなくてもいいし、手間賃もはずむからと言われて巡業に参加した提灯屋さんでしたが、地元の素人力士の千鳥ヶ浜が全勝で勝ち進んでいたため、千秋楽に花筏と対戦させなくては巡業先のお客さんが納得しないという非常事態になってしまいます。お互い再起不能の手痛い目にあわされるのではと脅える千鳥ヶ浜と提灯屋さん。親方に立ち合いで自分から倒れれば良いと策を授けられる提灯屋さんでしたが…。
軍配がかえると精神的重圧に耐えられなくなっていた千鳥ヶ浜。コワゴワ手を出した提灯屋さんの指先が千鳥ヶ浜の目に入ってしまい千鳥ヶ浜は思わず土俵に尻餅をついてしまいます。
軍配は「花筏~!」客席からは大歓声!花筏の張り手が決まったように見えたのか「さすが大関、張るのがうまいねぇ」
 張るのがうまいのもそのはず、提灯屋ですから!

現在東西合わせて落語家さんの数は700人とも800人とも言われています。
800人いれば800通りの落語があります。同じ演目でも落語家さんの個性や技量でまったく違った落語に聞こえたりします。つまり落語家さんによって、同じ噺でも面白かったり面白くなかったり・・・
しかし市馬さんはとにかく何をやっても外れがありません。古典落語の面白さをこれほどストレートに伝えてくれる落語家さんは市馬さんを置いて他にはいないような気がします。
個性豊かな創作落語も楽しいものですが、やはり私は市馬さんが演じる古典落語が大好きです。
「花筏」もっともっと市馬さんの落語を聴いてみたいと思わせてくれる一席でした。

by Ricophoo | 2015-06-15 22:58 | 落語 | Comments(0)

甲州高尾山

懸賞 2015年 06月 11日 懸賞

f0036354_22593010.jpg6月7日甲州高尾山に登ってきました。
高尾山と言ってもあのミシュラン・三ツ星にも認定されている東京の高尾山ではなく、甲州高尾山です。
甲州高尾山は甲府盆地の東端の甲州市に位置し、甲府盆地の西側に連なる南アルプスの山並を一望できる標高1,100mほどの山です。どちらかと言うと山としては控えめで地味な印象の山ですが、実は甲州高尾山は何度かの山火事で多くの樹林が焼失してしまい、その結果 稜線からの富士山や南アルプスへの眺望が優れた山となった皮肉な運命を辿った山とも言えます。
J R中央線の勝沼ぶどう郷駅からタクシーで大滝不動尊へ。
大滝不動から甲州高尾山、柏尾山に登り大善寺に下るコースです。
大滝不動からのコースだったので急登はなく木立の中を少し歩くとすぐに、明るい尾根歩きとなります。木々の間より南アルプスの山並みを眺めながらアップダウンを繰り返すと、甲州高尾山の山頂にたどり着きました。当日はお天気は悪くはありませんでしたが、靄がかかった感じで富士山は見ることができませんでした。しかし日差しが柔らかだったため気持ちいいトレッキングを楽しむことができました。初めに登山口まで標高差400mもの距離をタクシーで連れて行ってもらったため、下りは登りの倍の距離を歩きました。ザレ道が続く急な下り坂は緊張の連続。登山らしい登山を楽しむのであれば大善寺から登るコースが良いかもしれません。
大善寺から再びタクシーでぶどうの丘にある「天空の湯」まで。
湯量豊富な温泉はアルカリ単純泉、ゆっくりお湯に浸かり露天風呂から眺める甲府盆地や南アルプスの大パノラマは、登山の疲れも吹き飛びます。(ぶどうの丘にはワインレストラン、ワインカーヴもあるそうです。)
先週の弘法山に続き、「登山」「温泉」「富士山(眺望)」の三種の神器。その上 駅近という私にとって鉄板ともいえる要素を全て兼ね備えた山。都会の喧騒を離れて木漏れ日の中、静かな風とたおやかな時間が流れている近くてちょっと遠い山。甲州高尾山-。
またひとつ素敵な山との出会いがありました。

by Ricophoo | 2015-06-11 22:49 | 登山 | Comments(0)

ほのぼの森歩き 弘法山

懸賞 2015年 06月 08日 懸賞

f0036354_2314428.jpg5月30日、神奈川県秦野の弘法山(235m)に登ってきました。これまで弘法山へは2、3回登ってきましたが、一人での登山は今回が初めてです。弘法山は登山口までのアクセスが良いことと下山後の温泉完備で私的には最高の癒しスポットとなっています。
弘法山は弘法大師が千座の護摩を修めたという信仰の山で「神奈川の景勝10選」にも指定されています。
登山口までは、秦野駅北口から水無川沿いを歩いて県道へぶつかったら左折。トイザらスを左に見た場所に「弘法山入り口」の道標があります。急登は最初の10分弱だけですぐに道は平坦になって権現山の尾根に出ます。権現山には展望台もあり富士山がよく見えました。

f0036354_23152472.jpg木立を抜けると馬場道に出ます。昔草競馬が行われていたとか。途中「めんようの里」という羊の牧場がありました。その後二つ目の弘法山へ。
弘法大師の鎮座するお堂もある明るい山頂です。お堂の裏から吾妻山へ向かいます。登山というより森の中を歩く感じです。私と同じように女性の一人登山の方も多く、終始ほのぼの。吾妻山では年配の女性ハイカーとしばし歓談。お菓子まで頂いてしまいました。約2時間弱のトレッキング。お天気がよく少し暑いくらいでしたが時折、木立の中を吹いてくる風がとても心地よく感じました。
下山後は弦巻温泉の「陣屋」で日帰り入浴〈ソフトドリンク付き)でのんびり。
今シーズン初の山歩きでしたが、いい足慣らしとなりました。

by Ricophoo | 2015-06-08 23:07 | 登山 | Comments(0)